4256 Movies

ハッピー・デス・デイ Happy Death Day (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

殺人鬼に殺される1日を繰り返すタイムループにハマった女子大生の恐怖体験を描く、監督クリストファー・ランドン、主演ジェシカ・ローテイズラエル・ブルサードルビー・モディーンレイチェル・マシューズ他共演のコメディ・ホラー。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:クリストファー・ランドン

製作:ジェイソン・ブラム
製作総指揮
アンジェラ・マンキューソ
ジョン・バルデッチ
クーパー・サミュエルソン
ジャネット・ヴォルトゥルノ
セス・ウィリアム・マイヤー
脚本:スコット・ロブデル
撮影:トビー・オリヴァー
編集:グレゴリー・プロトキン
音楽:ベアー・マクレアリー

出演
テレサ”ツリー”ゲルブマン:ジェシカ・ローテ
カーター・デイヴィス:イズラエル・ブルサード
ロリ・シュペングラー:ルビー・モディーン
ダニエル・ボーズマン:レイチェル・マシューズ
グレゴリー・バトラー:チャールズ・エイトキン
ジョン・トゥームズ:ロブ・メロ
ライアン・ファン:フィー・ヴ
ティム・バウアー:ケイレブ・スピルヤード
デヴィッド・ゲルブマン:ジェイソン・ベイル
ステファニー・バトラー:ローラ・クリフトン
ベッキー・シェパード:カリエラ・スミス
エミリー:トラン・トラン
ニック・シムズ:ブレイン・カーン3世
サントーラ:デイン・ローズ
学生:テネア・イントリアゴ
ジュリー・ゲルブマン:ミッシー・イェーガー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2017年製作 96分
公開
北米:2017年10月13日
日本:2019年6月28日
製作費 $4,800,000
北米興行収入 $55,683,850
世界 $125,479,270


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
二日酔いで目覚めたベイフィールド大学の学生テレサ”ツリー”ゲルブマン(ジェシカ・ローテ)は、そこが男子学生カーター・デイヴィス(イズラエル・ブルサード)の部屋だということを知る。

父デヴィッド(ジェイソン・ベイル)からの電話を無視したツリーは、服を着て寮に戻ろうとする。

カーターを相手にしないツリーは、戻って来た彼のルームメイトのライアン・ファン(フィー・ヴ)が侮辱する言葉も気にせず、その場を去る。

構内でティム・バウアー(ケイレブ・スピルヤード)に話しかけられたツリーは、最低のデートに一回付き合っただけだと言って寮に向かう。

寮に戻ったツリーは、朝帰りしたことで、ダニエル・ボーズマン(レイチェル・マシューズ)から嫌味を言われるものの、それを気にしない。

ルームメイトのロリ・シュペングラー(ルビー・モディーン)に、覚えていない昨夜のパーティーのことを尋ねたツリーは、ダニエルの前で、彼女が惹かれているニック・シムズ(ブレイン・カーン3世)にキスしたことを知る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ハッピー・デス・デイ」(2017)
・「ハッピー・デス・デイ 2U」(2019)

*(簡略ストー リー)
傲慢で自己中心的な女子大生テレサ”ツリー”ゲルブマンは、パーティーに向かう途中、大学のマスコットのベビー・マスクを被った人物に殺される。
学生のカーターの部屋で目覚めたツリーは、殺されたのは夢だと思うものの、同じ日が繰り返されていることに気づく。
その夜もベビー・マスクに殺されたツリーは、再びカーターの部屋で目覚め、混乱して彼に助けを求める。
死を繰り返しながら犯人を捜すことをカーターに提案されたツリーは、戸惑いながらそれに従おうとするのだが・・・。
__________

マイケル・ランドンの息子であり脚本家としても活躍して、「パラノーマル・アクティビティ/呪いの印」(2014)などを監督したクリストファー・ランドンと、同シリーズ他の製作者ジェイソン・ブラムが組んだ作品。

殺人鬼に殺される1日を繰り返す、タイムループにハマった女子大生の恐怖体験を描くコメディ・ホラー。

クリストファー・ランドンは、多くの作品を参考にして本作を演出し、「スクリーム」(1996)の”ゴーストフェイス”をデザインしたトニー・ガードナーが”ベビー・マスク”をデザインした。

殺人鬼に襲われる女子大生の恐怖を描くホラーなのだが、同じ日が繰り返される中で、それに対処しながら解決方法を考える主人公の行動がユーモラスに描かれた、ブラック・コメディとして大いに楽しめる作品。

わずか4億8000万ドルの製作費で、北米興行収入は約5600万ドル、全世界では約1億2600万ドルのヒットとなった。

傲慢で自己中心的な女子大生として登場するが、毎日殺されるという刺激的な体験をしながら精神的に成長していく主人公を熱演するジェシカ・ローテ、そんな彼女と毎日、付き合うことになる男子学生のイズラエル・ブルサード、主人公のルームメイトでありベビー・マスクだったルビー・モディーンマシュー・モディーンの娘)、主人公と同じ寮の女子学生レイチェル・マシューズ、主人公と不倫関係の大学教授チャールズ・エイトキン、その妻ローラ・クリフトン、ベビー・マスクを被り主人公に襲い掛かる殺人犯のロブ・メロ、カーター(イズラエル・ブルサード)のルームメイト、フィー・ヴ、構内で主人公に話しかけるゲイの学生ケイレブ・スピルヤード、主人公の父親ジェイソン・ベイル、主人公と同じ寮の女子学生カリエラ・スミス、主人公に寮の前で無視される女子学生トラン・トラン、主人公がパーティーで迫る男子学生ブレイン・カーン3世、主人公を逮捕するパトロール警官デイン・ローズ、地球温暖化に抗議する女子学生のテネア・イントリアゴ、主人公の母親ミッシー・イェーガーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020