4354 Movies

スクリーム Scream (1996)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ゴーストフェイスのマスクを被った殺人鬼に襲われる高校生達の恐怖を描く、監督ウェス・クレイヴン、出演デヴィッド・アークエットネーヴ・キャンベルコートニー・コックスマシュー・リラードジェイミー・ケネディリーヴ・シュレイバードリュー・バリモア他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ウェス・クレイヴン
製作
ケイリー・ウッズ
キャシー・コンラッド
製作総指揮
ハーヴェイ・ワインスタイン
ボブ・ワインスタイン
マリアンヌ・マッダレーナ
脚本:ケヴィン・ウィリアムソン
撮影:マーク・アーウィン
編集:パトリック・ルシア
音楽:マルコ・ベルトラミ

出演
ドュワイト”デューイ”ライリー:デヴィッド・アークエット
シドニー・プレスコット:ネーヴ・キャンベル
ゲイル・ウェザース:コートニー・コックス
スチュワート・マハー:マシュー・リラード
ビリー・ルーミス:スキート・ウールリッチ
テイタム・ライリー:ローズ・マッゴーワン
ランディ・ミークス:ジェイミー・ケネディ
コットン・ウェアリー:リーヴ・シュレイバー
ケイシー・ベッカー:ドリュー・バリモア
スティーヴ・ボース:ケヴィン・パトリック・ウォールズ
電話の声:ロジャー・L・ジャクソン
ニール・プレスコット:ローレンス・ヘクト
ケニー:W・アール・ブラウン
ケイシーの母:カーラ・ヘイトリー
テイタムの母:リー・マッケイン
バーク保安官:ジョセフ・ウィップ
アーサー・ヒンブリー校長:ヘンリー・ウィンクラー
フレッド:ウェス・クレイヴン
リポーター:リンダ・ブレア

アメリカ 映画
配給 ディメンション・フィルムズ
1996年製作 111分
公開
北米:1996年12月20日
日本:1997年8月23日
製作費 $14,000,000
北米興行収入 $103,001,290
世界 $173,046,660


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
カリフォルニア州、ウッズボロー。
ある夜、高校生のケイシー・ベッカー(ドリュー・バリモア)は、何度もかかって来る不審な電話の男(ロジャー・L・ジャクソン/声)に脅される。

怯えるケイシーは、庭の明かりを点けるよう指示され、ボーイフレンドのスティーヴ・ボース(ケヴィン・パトリック・ウォールズ)が拘束されていることに気づく。

クイズをしなければスティーヴを殺すと言われたケイシーは、それに従う。

しかし、スティーヴは殺されてしまい、椅子が部屋に投げ込まれ、キッチンのナイフを手にしたケイシーは侵入者を目撃する。

外に出て両親の車に気づいたケイシーは、ゴーストフェイスを被った者に襲われて、胸をナイフで刺される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「スクリーム」(1996)
・「スクリーム2」(1997)
・「スクリーム3」(2000)
・「スクリーム4」(2011)

*(簡略ストー リー)
カリフォルニア州、ウッズボロー。
不審な電話を受けた高校生のケイシーとボーイフレンドのスティーヴが、ゴーストフェイスのマスクを被った殺人鬼に惨殺される。
1年前に母親を殺された同じ高校に通うシドニーは、ケイシーとスティーヴが殺されたことを知り動揺する。
そんなシドニーにも怪しい電話があり、母と同じように殺すと脅される。
現れたゴーストフェイスに襲われながらもなんとか逃れたシドニーは、現れたボーイフレンドのビリーが携帯電話を持っていたため、彼を犯人だと思う。
駆けつけた保安官補のデューイはビリーを逮捕し、シドニーは警察署で話しを聞かれ、町は騒然となりマスコミの取材なども始まる・・・。
__________

スプラッター映画の巨匠ウェス・クレイヴン演出によるホラー・ムービーの快作。

田舎町で起きる殺人事件は、犯人として何人かが疑われながらも謎が謎を呼ぶ展開で進行し、驚きの真犯人登場と、それに対抗する者達との戦いで壮絶な幕切れとなる。

サスペンス・ホラーとしての緊迫感に加え、随所で挿入されるユーモラスなシーンなどで見事に観客の心を捉えるウェス・クレイヴンの演出手腕が見所の作品で、残虐な描写も多いものの、後味の良い楽しい内容に仕上がっている。

北米興行収入は1億ドルを超え、全世界では約1億7300万ドルのヒットとなりシリーズ化された。

本作のパロディ作品でもある「最終絶叫計画」(2000)を同時に観ると一層楽しむことができる。

やや頼りないが、市民を守る保安官補を熱演するデヴィッド・アークエット、物語の主人公と言っていい、母の殺害事件のトラウマを抱えながら殺人鬼に命を狙われるネーヴ・キャンベル、彼女の行動を追いながら、クライマックスでは共に戦うテレビ・リポーターのコートニー・コックス、犯人だった高校生のマシュー・リラードとシドニー(ネーヴ・キャンベル)のボーイフレンドのスキート・ウールリッチ、シドニーの友人ローズ・マッゴーワン、同じく、ビデオ・ショップでバイトするホラー映画マニアのジェイミー・ケネディ、シドニーの母親を殺した犯人として有罪となったリーヴ・シュレイバー、最初の犠牲者ドリュー・バリモアとボーイフレンドのケヴィン・パトリック・ウォールズ、犯人の電話の声ロジャー・L・ジャクソン、シドニーの父親ローレンス・ヘクト、テレビ局のカメラマン、W・アール・ブラウン、保安官のジョセフ・ウィップ、校長のヘンリー・ウィンクラー、そして、ウェス・クレイヴンが、「エルム街の悪夢」(1984)の”フレディ・クルーガー”風のコスチュームで学校の用務員を、セリフの中で「エクソシスト」(1973)も登場する、同作の出演者リンダ・ブレアがリポーター役でカメオ出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020