4509 Movies

ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス The Hunger Games: Mockingjay – Part 1 (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2008年に発表された、スーザン・コリンズのベストセラー3部作シリーズ小説”ハンガー・ゲーム”の最終章”Mockingjay”を基に製作された、2部作構成の1作目で映画シリーズ第3作。
救出されて反乱軍のシンボルとなったカットニス・エバディーンの新たな戦いを描く、監督フランシス・ローレンス、主演ジェニファー・ローレンスジョシュ・ハッチャーソンリアム・ヘムズワースウディ・ハレルソンドナルド・サザーランドフィリップ・シーモア・ホフマンジュリアン・ムーアスタンリー・トゥッチエリザベス・バンクスジェフリー・ライト他共演のSFアクション。


アクション/アドベンチャー

ジュリアン・ムーア / Julianne Moore / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:フランシス・ローレンス
製作
ニーナ・ジェイコブソン
ジョン・キリク
製作総指揮
スーザン・コリンズ
ジャン・フォスター
アリソン・シェアマー
原作:スーザン・コリンズMockingjay
脚本
ダニー・ストロング
ピーター・クレイグ
撮影:ジョー・ウィレムズ
編集
アラン・エドワード・ベル
マーク・ヨシカワ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

出演
カットニス・エバディーン:ジェニファー・ローレンス
ピータ・メラーク:ジョシュ・ハッチャーソン
ゲイル・ホーソーン:リアム・ヘムズワース
ヘイミッチ・アバナシー:ウディ・ハレルソン
エフィー・トリンケット:エリザベス・バンクス
プルターク・ヘブンズビー:フィリップ・シーモア・ホフマン
アルマ・コイン首相:ジュリアン・ムーア
コリオラヌス・スノー大統領:ドナルド・サザーランド
シーザー・フリッカーマン:スタンリー・トゥッチ
ビーティー・ラティア:ジェフリー・ライト
フィニック・オデイル:サム・クラフリン
クレシダ:ナタリー・ドーマー
ボッグス:マハーシャラ・アリ
プリムローズ・エバディーン:ウィロウ・シールズ
エバディーン夫人:ポーラ・マルコムソン
ジョアンナ・メイソン:ジェナ・マローン
アニー・クレスタ:ステフ・ドーソン
ペイラー司令官:パティーナ・ミラー
メッサッラ:エヴァン・ロス
キャスター:ウェス・チャサム
ポラックス:エルデン・ヘンソン
アントニウス:ロバート・ネッパー
エジェリア:サリタ・チョウドリー

アメリカ 映画
配給 Lionsgate Films
2014年製作 125分
公開
北米:2014年11月21日
日本:2015年6月5日
製作費 $125,000,000
北米興行収入 $337,135,890
世界 $752,100,230


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
第75回ハンガー・ゲーム記念大会の闘技場から救出されたカットニス・エバディーン(ジェニファー・ローレンス)は、その場にいたフィニック・オデイル(サム・クラフリン)から、ピータ・メラーク(ジョシュ・ハッチャーソン)とジョアンナ・メイソン(ジェナ・マローン)を助けたかったと言われる。

フィニックは、捕虜になった婚約者のアニー・クレスタ(ステフ・ドーソン)もキャピトルに連れて行かれたとカットニスに伝える。

現れた第13地区のボッグス大佐(マハーシャラ・アリ)から、アルマ・コイン首相(ジュリアン・ムーア)が面会を気の石ていると言われたカットニスは、その場を離れる。

第13地区が全滅したと思っていたカットニスは、地上は壊滅状態だが、軍を組織して臨戦態勢を取り地下で生き延びたとボッグスから知らされる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ハンガー・ゲーム」(2012)
・「ハンガー・ゲーム2」(2013)
・「ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス」(2014)
・「ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション」(2015)

*(簡略ストー リー)
第75回ハンガー・ゲーム記念大会の闘技場から救出されたカットニス・エバディーンは、反乱軍のコイン首相から、リーダーとしてイメージ・シンボルとなることを要請される。
キャピトルで捕虜となったピータのことを想いながら、彼らの救出を条件にしたカットニスは、反乱のシンボル”Mockingjay/マネシカケス”になることを決意する。
ヘブンズビーの指示で付き人を任されたエフィーに再会したカットニスは、イメージ映像を制作するためのクルーと共に、独裁者スノーを憎む国民を団結させるためカメラの前に立つのだが・・・。
__________

いよいよ最終章となる2部作で構成される1作目で、組織化される反乱軍のシンボルとして立ち上がる、主人公カットニス・エバディーンの新たなる戦いを描く作品。

政府の捕虜となっている幼馴染ピータの身を案じながら、反乱軍のリーダーとなるカットニスの苦悩を描く内容で、最終的な戦いに備える序章的な作品でもある。

当然、ハンガー・ゲームの開催シーンなどもない、派手なアクションも華やかさも殆どない控えめな内容となっているため、消化不良気味に終わり、次回の完結作の公開まで1年空けてしまうのは失敗ではなかったかと思う。

前作には及ばないものの、北米興行収入は約3億3700万ドル、全世界では約7億5200万ドルのだいひっととなった。

本作は、公開前に急死したフィリップ・シーモア・ホフマンに捧げられた作品でもあり(エンドロールで明記される)、遺作となる次回作の出演場面の撮影は終了していると発表された。

前二作より更に苦悩する表情が多い、ピータの身を案じながら反乱軍のリーダー、そしてシンボルとなる主人公を演ずるジェニファー・ローレンス、キャピトルで捕虜となり政府により洗脳され反乱阻止に利用されるジョシュ・ハッチャーソン、主人公に惹かれながら共に戦うことを決意する幼馴染のリアム・ヘムズワース、主人公に協力する教育係のウディ・ハレルソン、主人公の付き人となるエリザベス・バンクス、ゲーム・メイカーのチーフから反乱軍の協力者となったフィリップ・シーモア・ホフマン、反乱軍を指揮する首相のジュリアン・ムーア、パネムの独裁者ドナルド・サザーランド、テレビ番組ホストのスタンリー・トゥッチ、ゲーム・プレーヤーから反乱軍の武器開発者となるジェフリー・ライト、主人公と共に救出されたサム・クラフリン、その婚約者で、捕虜奪還作戦で救出されるステフ・ドーソン、反乱軍の大佐マハーシャラ・アリ、主人公の妹ウィロウ・シールズ、母親ポーラ・マルコムソン、捕虜奪還で救出されるジェナ・マローン、反乱軍のプロパガンダ映像制作を任される映像ディレクターのナタリー・ドーマー、そのスタッフ、エヴァン・ロスウェス・チャサムエルデン・ヘンソン、第8地区司令官のパティーナ・ミラー、スノー大統領の側近ロバート・ネッパーサリタ・チョウドリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021