4310 Movies

スクリーム2 Scream 2 (1997)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ホラー映画のヒット作「スクリーム」(1996)の続編。
再び現れた殺人鬼ゴーストフェイスに命を狙われる大学生らの恐怖を描く、監督ウェス・クレイヴン、出演デヴィッド・アークエットネーヴ・キャンベルコートニー・コックスジェリー・オコンネルジェイミー・ケネディリーヴ・シュレイバーサラ・ミシェル・ゲラー他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ウェス・クレイヴン

製作
マリアンヌ・マッダレーナ
キャシー・コンラッド
製作総指揮
ハーヴェイ・ワインスタイン
ボブ・ワインスタイン
ケヴィン・ウィリアムソン
脚本:ケヴィン・ウィリアムソン
撮影:ピーター・デミング
編集:パトリック・ルシア
音楽:マルコ・ベルトラミ

出演
ドュワイト”デューイ”ライリー:デヴィッド・アークエット
シドニー・プレスコット:ネーブ・キャンベル
ゲイル・ウェザーズ:コートニー・コックス
シーシー・クーパー:サラ・ミシェル・ゲラー
ランディ・ミークス:ジェイミー・ケネディ
コットン・ウェアリー:リーヴ・シュレイバー
デレク:ジェリー・オコンネル
ハリー:エリゼ・ニール
デビー・ソルト/ルーミス:ローリー・メトカーフ
ミッキー:ティモシー・オリファント
ジョエル:デュアン・マーティン
ハートリー署長:ルイス・アークエット
ガス・ゴールド教授:デビッド・ワーナー
マーフィ:ポーシャ・デ・ロッシ
ロイス:レベッカ・ゲイハート
ドウニー:マリソル・ニコルズ
フィル・スティーヴンス:オマー・エップス
モーリーン・エバンス:ジェイダ・ピンケット
”スタブ”のケイシー・ベッカー:ヘザー・グレアム
”スタブ”のシドニー・プレスコット:トリ・スペリング
”スタブ”のビリー・ルーミス:ルーク・ウィルソン
トークショーのホスト:ケヴィン・ウィリアムソン
電話の声:ロジャー・L・ジャクソン
パーティーの客:マシュー・リラード
医師:ウェス・クレイヴン

アメリカ 映画
配給 ディメンション・フィルムズ
1997年製作 120分
公開
北米:1997年12月12日
日本:1998年8月15日
製作費 $24,000,000
北米興行収入 $101,334,370
世界 $172,363,300


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
カリフォルニア州、ウッズボローで起きた殺人事件を基にした、テレビ・リポーターのゲイル・ウェザーズ(コートニー・コックス)の著書が映画化される。

ホラー映画”スタブ”は公開され、フィル・スティーヴンス(オマー・エップス)とガールフレンドのモーリーン・エバンス(ジェイダ・ピンケット)は、興奮する観客の中で上映を待つ。

配布されたゴーストフェイスのマスクを被る客達と共に映画を観始めたモーリーンは、最初の犠牲者ケイシー・ベッカー(ヘザー・グレアム)が殺されるシーンでばかばかしくなり、ポップコーンとドリンクを買いに行く。

客席に戻ろうとしたモーリーンは、ゴーストフェイスのマスクを被ったフィルに脅かされる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

参考:
・「スクリーム」(1996)
・「スクリーム2」(1997)
・「スクリーム3」(2000)
・「スクリーム4」(2011)

*(簡略ストー リー)
ウッズボローで起きた殺人事件のことが忘れられないまま大学生になったシドニーは、テレビ・リポーターのゲイルの事件を基にした著書が映画化され、その上映現場で学生が殺されたことを知る。
かつての事件で負傷し後遺症が残る保安官補のデューイは、シドニーが心配になり大学に向かい、犯人を捜そうとする。
キャンパスは混乱し、ゲイルや報道陣、そして殺人の容疑者だった釈放されたコットンも姿を現す中、その後も女子寮で学生が殺される事件が起きる・・・。
__________

謎の殺人鬼”ゴーストフェイス”に襲われる高校生らの恐怖を描く、期待以上にヒットしたホラー映画「スクリーム」の続編。

大学生になっても標的となる女子学生が、再び襲いかかる殺人鬼の恐怖に怯えながらも、友人達の協力を得ながらそれに立ち向かう姿を描くホラー。

犯人捜しの謎をミステリー・タッチで描きながら、前作同様、随所にユーモアを交えて進行する内容、ウェス・クレイヴンの軽快な演出も冴える快作に仕上がっている。

前作を上回る一捻り工夫が凝らされている犯人捜しの謎、かつての怪事件の犯人だった殺された息子の復讐のために、母親が学生と組んだ犯行だったという驚きの結末となっている。

北米興行収入は1億ドル超え、全世界では約1億7200万ドルのヒットとなり、前作とほぼ同じ記録を残した。

前作の事件で負傷して後遺症を抱えながらも、友人のために犯人を捜す保安官補のデヴィッド・アークエット、再び襲いかかる恐怖に怯えながらも立ち向かう女子大生のネーブ・キャンベル、事件を基にした著書も映画化され、更に活動を広げるテレビ・リポーターのコートニー・コックス、女子寮で殺人鬼に襲われるサラ・ミシェル・ゲラー、前作の生存者であったが、本作で惨殺される大学生のジェイミー・ケネディ、殺人の容疑が晴れて、有名人になることを考え事件に関係するリーヴ・シュレイバー、シドニー(ネーブ・キャンベル)のボーイフレンドのジェリー・オコンネル、シドニーのルームメイトのエリゼ・ニール、記者を装う犯人のローリー・メトカーフ、彼女と共謀する学生ティモシー・オリファント、テレビ局カメラマンのデュアン・マーティン、警察署長のルイス・アークエットデヴィッド・アークエットの実夫)、演劇学部教授のデビッド・ワーナー、”タラムダー友愛会”のメンバーである女子学生ポーシャ・デ・ロッシレベッカ・ゲイハート、女子学生マリソル・ニコルズ、最初の犠牲者である学生オマー・エップスとガールフレンドのジェイダ・ピンケット、ホラー映画”スタブ”のケイシー・ベッカー役ヘザー・グレアム、シドニー・プレスコット役のトリ・スペリング、ビリー・ルーミス役のルーク・ウィルソン
トークショーのホスト、ケヴィン・ウィリアムソン、犯人の電話の声ロジャー・L・ジャクソン、そして、前作の犯人だったマシュー・リラードがパーティーの学生で、ウェス・クレイヴンが医師役でカメオ出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020