4256 Movies

クリスタル殺人事件 The Mirror Crack’d (1980)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1962年に発表された、アガサ・クリスティの推理小説”鏡は横にひび割れて”を基に製作された作品。
ハリウッド映画の撮影が行われるイギリスの田舎町で起きる殺人事件を描く、監督ガイ・ハミルトン、主演アンジェラ・ランズベリーエリザベス・テイラーロック・ハドソンキム・ノヴァクトニー・カーティスエドワード・フォックスジェラルディン・チャップリン他共演にミステリー。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

エリザベス・テイラー / Elizabeth Taylor / Pinterest
キム・ノヴァク / Kim Novak / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ガイ・ハミルトン

製作
ジョン・ブラボーン
リチャード・グッドウィン
原作:アガサ・クリスティ鏡は横にひび割れて
脚本
ジョナサン・ヘイルズ
バリー・サンドラー
撮影:クリストファー・G・・チャリス
編集:リチャード・マーデン
音楽:ジョン・キャメロン

出演
ジェーン・マープル:アンジェラ・ランズベリー
マリーナ・グレッグ=ラッド:エリザベス・テイラー
ジェイソン・ラッド:ロック・ハドソン
ローラ・ブルースター:キム・ノヴァク
マーティン”マーティ”N・フェン:トニー・カーティス
ダーモット・クラドック:エドワード・フォックス
エラ・ジリンスキー:ジェラルディン・チャップリン
ベイツ:チャールズ・グレイ
ヘイドック医師:リチャード・ピアソン
チェリー・ベイカー:ウェンディ・モーガン
ドリー・バントリー:マーガレット・コートネイ
マーゴット・ベンス:マレラ・オッペンハイム
ヘザー・バブコック:モーリン・ベネット
ジャイルズ:キャロリン・ピクルス
牧師:チャールズ・ロイド=パック
町長:パット・ナイ
検死官:ノーマン・ウーランド
撮影監督:リチャード・リーチ
映画技術者:サム・キッド
ミステリー映画の中の探偵:ナイジェル・ストック
ジェイミー役の役者:ピアース・ブロスナン

イギリス 映画
配給 Columbia-Warner Distributors
1980年製作 105分
公開
イギリス:年1981月2日6
北米:1980年12月19日
日本:1981年7月4日
製作費 $5,500,000
北米興行収入 $11,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1953年、イギリス、セント・メアリ・ミード。
教会で上映されていたミステリー映画”Murder at Midnight”がクライマックスを迎える。

ところが、映写機の故障で上映は中断され、物語の結末が分からないために人々は残念に思う。

これ以上、観なくても犯人は明らかだと言う、推理好きで知られるジェーン・マープル(アンジェラ・ランズベリー)は、誰が犯人か意見する皆の考えをことごとく否定する。

犯人が誰であるかを皆に伝えたマープルは、映写してくれた牧師(チャールズ・ロイド=パック)に声をかけて、その場を去る。

ある老人はマープルの推理は間違っているかもしれないと考えるが、以前、この映画を観たことがある男性は、彼女が正しいと伝える。

ゴシントン・ホール。
大女優マリーナ・グレッグ=ラッド(エリザベス・テイラー)主演、夫のジェイソン・ラッド(ロック・ハドソン)が監督するハリウッド映画”スコットランドの女王メアリー”の撮影が始まり、屋敷は宿舎となっていた。

ジェイソンのアシスタント、エラ・ジリンスキー(ジェラルディン・チャップリン)は、屋敷の持ち主ドリー・バントリー(マーガレット・コートネイ)に歓迎され、彼女にジェイソンを紹介する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1953年、イギリス、セント・メアリ・ミード。
大女優マリーナ・グレッグ=ラッド主演、夫のジェイソンが監督するハリウッド映画”スコットランドの女王メアリー”の撮影が始まる。
宿舎となった屋敷ではレセプションが開かれ、マリーナのファンであるヘザーは彼女と話し、戦時中の慰問公演の際に会ったことがあると伝える。
ところが、ヘザーの話を聞いていたマリーナは、一瞬、放心状態になる。
その後、ヘザーが急死する事件が起き、捜査を始めた”スコットランドヤード”の主任警部ダーモットは、町の住人で推理好きで有名な叔母ジェーン・マープルに協力を求めるのだが・・・。
__________

アガサ・クリスティの原作”鏡は横にひび割れて”を基に、”007シリーズ”などのガイ・ハミルトンが監督し、豪華スター競演で製作された作品。

”エルキュール・ポアロ”と共に、アガサ・クリスティ作品に登場する主人公として知られる”ミス・ジェーン・マープル”が活躍するミステリー。

ポアロとは違い、私立探偵ではない平凡な田舎町の住人である推理好きの婦人ミス・マープルが、独自の発想で事件解決に協力する姿を描く作品。

事件捜査のプロである”スコットランドヤード”の主任刑事が、叔母の才能を頼りにして協力を求め、地道な聞き込みをする形で物語が進行し、クライマックスで主人公がすべての謎を解くという、観る者にとっては非常に解り易い内容に仕上がっている。

同じユーモアの持ち主ではあるが、理屈っぽく個性が強いポアロとは一味違う、冷静なミス・マープルの愛すべきキャラクターが見どころの作品でもある。

主人公のミス・マープルをユーモアをまじえて見事に演じたアンジェラ・ランズベリー、子供に関する悩みが事件に関係することになる、ハリウッドの大女優を貫禄で演ずるエリザベス・テイラー、その夫である映画監督のロック・ハドソン、マリーナ(エリザベス・テイラー)と過去にトラブルもあり、ライバル視していがみ合う女優のキム・ノヴァク、その夫であるプロデューサーのトニー・カーティス、事件を捜査する主人公の甥で”スコットランドヤード”の主任警部エドワード・フォックス、ジェイソン(ロック・ハドソン)のアシスタントであり関係を持つジェラルディン・チャップリン、屋敷の執事チャールズ・グレイ、町医者のリチャード・ピアソン、主人公の家政婦ウェンディ・モーガン、屋敷の持ち主マーガレット・コートネイ、カメラマンのマレラ・オッペンハイム、マリーナに”風疹”をうつしたことで殺害される女性モーリン・ベネット、住民の女性キャロリン・ピクルス、牧師のチャールズ・ロイド=パック、町長のパット・ナイ、検死官のノーマン・ウーランド、撮影監督のリチャード・リーチ、映画技術者のサム・キッド、冒頭のミステリー映画の中の探偵ナイジェル・ストック、そして、マリーナの相手役としてピアース・ブロスナンが端役出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020