4509 Movies

恋はデジャ・ブ Groundhog Day (1993)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

人間不信の気象予報官が、訪れた町で繰り返される日々を過ごしながら心を入れ替え愛を手に入れるまでを描く、製作、監督、脚本ハロルド・ライミス、主演ビル・マーレイアンディ・マクダウェルクリス・エリオット他共演のファンタジー・コメディの秀作。


ファンタジー


スタッフ キャスト ■
監督:ハロルド・ライミス
製作
ハロルド・ライミス

トレーバー・アルバート
製作総指揮:C.O.エリクソン
原案:ダニー・ルビン

脚本
ハロルド・ライミス

ダニー・ルビン
撮影:ジョン・ベイリー
編集:ペンブローク・J・ヘリング
音楽:ジョージ・フェントン

出演
フィル・コナーズ:ビル・マーレイ

リタ・ハンソン:アンディ・マクダウェル
ラリー:クリス・エリオット
ネッド・ライアソン:スティーヴン・トボロウスキー
バスター・グリーン:ブライアン・ドイル=マーレイ
ナンシー・テイラー:マリタ・ジェラティ
ランカスター夫人:アンジェラ・ペイトン
ガス:リック・ダコマン
ラルフ:リック・オヴァートン
ドリス:ロビン・デューク
老人:ル・ボドウェル
ピアノ教師:ペギー・ローダー
神経科医:ハロルド・ライミス

デビー:ヒンデン・ウォルチ
フレッド:マイケル・シャノン
セラピスト:デヴィッド・パスクエジ

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1993年製作 101分
公開
北米:1993年2月12日
日本:1993年10月23日
製作費 $14,600,000
北米興行収入 $70,906,970


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2月1日、ピッツバーグ
テレビ局の人気気象予報官士フィル・コナーズ(ビル・マーレイ)は、プロデューサーのリタ・ハンソン(アンディ・マクダウェル)とカメラマンのラリー(クリス・エリオット)と共に、翌日パンクサトーニーで開催される、ウッドチャックを使った春の訪れを予想する行事”グラウンドホッグデー”の取材に向かう。

人間不信でもあるフィルは気乗りしないまま現地に向い、ホテルに泊まることを拒み、リタが用意してあったペンションに向かう。

翌朝、6時。
ソニー&シェール”の”I Got You Babe”の曲が流れて始まるラジオ番組で目覚めたフィルは、食堂に向い、ペンションのオーナー、ランカスター夫人(アンジェラ・ペイトン)と簡単な会話を交わして町に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ピッツバーグ
テレビ局の人気気象予報官フィル・コナーズは、ウッドチャックを使い春の訪れを予想する行事”グラウンドホッグデー”の取材のため、プロデューサーのリタとカメラマンのラリーと共に田舎町パンクサトーニーに向かう。
人間不信で協調性もないフィルは、リタとラリーと別れてペンションに泊まり、2月2日の朝を迎える。
行事の会場に向かったフィルは、リポートを済ませてピッツバーグに戻ろうとするのだが、吹雪が近づき町に引き返す。
翌朝、6時、昨日と全く同じ内容を伝えるラジオ放送を疑問に思うフィルは、その日も”グラウンドホッグデー”だと気づく。
昨日と同じことを体験しながら行事の会場に向かうフィルは、戸惑いながら、リタに気分が悪いことを伝えてリポートを終える。
その後もフィルは、2月2日から抜け出せなくなり同じことを繰り返し、それをリタに伝えても信じてもらえない・・・。
__________

アメリカ本国で非常に人気があり評価も抜群の、ハロルド・ライミス作品の中でも最高作と言っていい、ファンタジー・コメディの秀作。

田舎町の人々の人情味や素朴な生活がほのぼのとした雰囲気で描かれる、それが伝わる、ウッドチャックを使い春の訪れを予想する行事”グラウンドホッグデー”を舞台にした内容がいい。

その中で一人浮いている、”変人”に近い人間不信の主人公が、同じ日を繰り返しながら次第に変化し、心を入れ替えて愛を手に入れるという、どこか古風な雰囲気は、アメリカ人が最も好む物語とも言える。

主人公が繰り返される日を悪用するシーンなどもあり、きれいごとだけでなく、自分の弱点や汚点を修正していく展開がまた実に愉快に描かれている。

上記の様に、批評家、観客から群を抜いて高い評価を得た本作は、2006年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

チャールズ・ディケンズの”クリスマスキャロル”の現代版コメディの快作「3人のゴースト」(1988)の傲慢なテレビ局の社長役をやや思い起こさせる役柄の主演のビル・マーレイは、彼の個性を生かしたはまり役を楽しく演じている。

主人公と共に取材に同行し、変化していく彼に次第に惹かれていくプロデューサーのアンディ・マクダウェル、カメラマンのクリス・エリオット、主人公の同級生だという保険のセールスマン、スティーヴン・トボロウスキー、”グラウンドホッグデー”の委員長ブライアン・ドイル=マーレイビル・マーレイの実兄)、主人公に同級生と言われて声をかけられる女性マリタ・ジェラティ、ペンションのオーナー、アンジェラ・ペイトン、住人の青年リック・ダコマンリック・オヴァートン、ウエイトレスのロビン・デュー、物乞いの老人ル・ボドウェル、ピアノ教師のペギー・ローダー、神経科医のハロルド・ライミス、若いカップル役で、まだ10代だったマイケル・シャノンヒンデン・ウォルチ、セラピストのデヴィッド・パスクエジなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021