4240 Movies

ゴーストバスターズ Ghostbusters (1984)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

超常現象の研究を続ける、落ちこぼれ科学者三人が、突如として現れたゴーストに立ち向かう姿を描いた、コメディ映画の快作にしてアイヴァン・ライトマン(製作、監督)の大出世作。
主演ビル・マーレイダン・エイクロイドハロルド・ライミスシガニー・ウィーバーリック・モラニス共演による爆笑コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:アイヴァン・ライトマン
製作:アイヴァン・ライトマン
製作総指揮:バーニー・ブリルスタイン
脚本:
ダン・エイクロイド

ハロルド・ライミス
編集
シェルドン・カーン

デイヴィッド・ブリューイット
撮影:ラズロ・コヴァックス
視覚効果監修:リチャード・エドランド
音楽:エルマー・バーンスタイン
主題歌:レイ・パーカーJr.

出演
ピーター・ヴェンクマン博士: ビル・マーレイ

レイモンド・スタンツ博士:ダン・エイクロイド
イゴン・スペングラー博士:ハロルド・ライミス
デイナ・バレット:シガニー・ウィーバー
ルイス・タリー:リック・モラニス
ジャニーン・メルニッツ:アニー・ポッツ
ウィンストン・ゼドモア:アーニー・ハドソン
ウォルター・ペック:ウィリアム・アザートン
レニー市長:デヴィッド・マーギュリーズ
ゴーザ:スラビトザ・ジャバン/パッディ・エドワーズ(声)
アリス/図書館職員:アリス・ドラモンド

ズール/スライマー:アイヴァン・ライトマン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1984年製作 105分
公開
北米:1984年6月8日
日本:1984年12月22日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $238,632,120
世界 $291,632,120


アカデミー賞 ■
第57回アカデミー賞
・ノミネート
歌曲・特殊効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
ニューヨーク公共図書館”の職員アリス(アリス・ドラモンド)の目の前で異常現象が起きる。

コロンビア大学
超常現象を研究する科学者で、女性に目のないピーター・ヴェンクマン(ビル・マーレイ)は、同僚のレイモンド・スタンツ(ダン・エイクロイド)から図書館の事件を聞く。

女学生を口説こうとしていたヴェンクマンだったが、仕方なく、スタンツと、同じく同僚のイゴン・スペングラー(ハロルド・レイミス)の待つ図書館に向かう。

卒倒して意識を取り戻したアリスから、事情を聞いていた三人は、現象の反応を追ってその現場を調べる。

確かにゴーストとは接触したものの、価値のない研究を続ける三人は、大学から追放されてしまう。

そこで三人は、銀行から融資を受け、廃墟となった消防署をオフィス兼本部として、”ゴーストバスターズ”(幽霊退治)を開業する。

その頃、チェリストのデイナ・バレット(シガニー・ウィーヴァー)の高級アパートで超常現象が起き、冷蔵庫の中で、”ズール”(アイヴァン・ライトマン)という叫び声が響き渡る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「ゴーストバスターズ」(1984)
・「ゴーストバスターズ2」(1989)
・「ゴーストバスターズ」(2016)

*(簡略ストー リー)
大都会ニューヨークに、ゴーストが出現する。
超常現象研究家の科学者ヴェンクマン、スタンツ、スペングラーの三人は、早速その調査に向かいゴーストと接触する。
しかし、彼らの研究は打ち切られ、大学から追放されてしまう。
そこで三人は、自分達の特技を生かし、”ゴーストバスターズ”(幽霊退治)を開業する。
しかし、全く仕事の依頼はなく、三人は途方に暮れてしまう。
そんな時、高級マンションに住むデイナの部屋で異常現象が起き、彼女は”ゴーストバスターズ”に調査を依頼するのだが・・・。
__________

”幽霊退治”という古風なテーマを、抜群のユーモアセンスとナンセンスなギャグで笑わせてくれる、見事なSFXも楽しめる娯楽作品の決定版。

全世界約3億ドル(80%が北米)に迫る興行収入を上げ、その年のNo.1ヒットとなるが、アメリカ以外ではほとんどウケなかった作品でもある。

製作費 $30,000,000
北米興行収入 $238,632,120
世界 $291,632,120

第57回アカデミー賞では、歌曲、特殊効果賞にノミネートされた。

当時ビルボードのヒットチャートNo.1を独走した、レイ・パーカーJr.の主題歌も最高!!

音楽は、大御所エルマー・バーンスタインが担当しているところも注目だ。

世間から、大きく外れた雰囲気のナンセンスな集団”ゴーストバスターズ”、しかし、あのシンプル且つインパクトのあるロゴマークやユニフォーム姿等が、ハイセンスなニューヨークにマッチしていて、とにかくお洒落だ。

やや子供っぽいが、特殊効果を駆使したゴースト達も愛嬌があり、巨大マシュマロマンがまた実に可愛い!!

笑いを誘うビル・マーレーのとぼけた演技、真面目なところがまた実に可笑しいダン・エイクロイドハロルド・ライミス、バランスのとれたデコボコ・トリオのやり取りは最高に笑える。

またシガニー・ウィーバーリック・モラニス、秘書アニー・ポッツらの芸達者ぶり、途中で加わるアーニー・ハドソンも、”科学者”達に臆することないサポート役でいい味を出している。

環境保護局の役人ウィリアム・アザートン、市長デヴィッド・マーギュリーズ、ゴーザのスラビトザ・ジャバン/パッディ・エドワーズ(声)、図書館職員アリス・ドラモンド、ズール/スライマーの声アイヴァン・ライトマン、そして、”ラリー・キング・ライブ”(1985~)がまだ始まっていないラリー・キングも端役出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020