4237 Movies

ゴーストバスターズ2 Ghostbusters II (1989)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大ヒット、ホラー・コメディの「ゴーストバスターズ」(1984)の続編。
業務停止処分となっていたゴーストバスターズが、魔王ヴィーゴの復活を阻止しようとする姿を描く、製作、監督アイヴァン・ライトマンビル・マーレイダン・エイクロイドハロルド・ライミスシガニー・ウィーバーリック・モラニス共演による爆笑コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:アイヴァン・ライトマン
製作:アイヴァン・ライトマン
製作総指揮:バーニー・ブリルスタイン
脚本:
ダン・エイクロイド

ハロルド・ライミス
編集:
シェルドン・カーン

ドン・キャンバーン
撮影:マイケル・チャップマン
音楽:ランディー・エデルマン
主題歌:レイ・パーカーJr.

出演
ピーター・ヴェンクマン博士:ビル・マーレイ

レイモンド・スタンツ博士:ダン・エイクロイド
イゴン・スペングラー博士:ハロルド・ライミス
デイナ・バレット:シガニー・ウィーバー
ルイス・タリー:リック・モラニス
ジャニーン・メルニッツ:アニー・ポッツ
ウィンストン・ゼドモア:アーニー・ハドソン
レニー市長:デヴィッド・マーギュリーズ
ヤノシュ・ポーハ博士:ピーター・マクニコル
スティーブン”ザ・ハマー”ウェクスラー判事:ハリス・ユーリン
ジャック・ハダマイヤー:カート・フラー
警視総監:フィリップ・ベイカー・ホール
ヴィーゴ:ウィルヘルム・フォン・ホンブルグ
ヴィーゴ(声):マックス・フォン・シドー
市職員:ベン・スタイン
ミルトン・アングラント:ケヴィン・ダン
市長公邸のドアマン:ボビー・ブラウン
スライマー(声):アイヴァン・ライトマン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1989年製作 108分
公開
北米:1989年6月16日
日本:1989年11月25日
製作費 $37,000,000
北米興行収入 $112,494,740
世界 $215,394,740


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク、あれから5年・・・
路上の割れ目からにじみ出たスライムを踏んだ、デイナ・バレット(シガニー・ウィーバー)の子供の乗るベビーカーが暴走を始める。

間一髪のところで、デイナがベビーカーの子供を救い出す。

一時は英雄となった”ゴーストバスターズ”だったが、その後はペテン師呼ばわりされ、ニューヨーク市から業務停止処分を受けていた。

レイモンド・スタンツ(ダン・エイクロイド)らは、仕方なく、ゴーストバスターズのコスチュームで、パーティーの余興のアルバイトなどをしていた。

研究所のイゴン・スペングラー(ハロルド・ライミス)に相談に行ったデイナだったが、元恋人ピーター・ヴェンクマン(ビル・マーレイ)との接触は避けようとする。

オカルト書店を経営していたスタンツを、スペングラーと、超常現象のテレビ番組を持つヴェンクマンが訪ねる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「ゴーストバスターズ」(1984)
・「ゴーストバスターズ2」(1989)
・「ゴーストバスターズ」(2016)

*(簡略ストー リー)
ニューヨークのゴーストを退治し、一躍ヒーローになったヴェンクマンらゴーストバスターズだったが、その後はペテン師呼ばわりされ、業務停止に追い込まれる。
ヴェンクマンの元恋人、デイナの子供に異変が起き、彼女はスペングラーに相談する。
スペングラーは、ゴーストバスターズのスタンツと、デイナが敬遠するヴェンクマンとで彼女の身辺を調べる。
その後、地下のスライムを発見した三人は、街を停電させてしまい逮捕されるが、法廷でゴーストを退治して活動を許される。
その頃、“ウクライナのヴィーゴ”の肖像画に宿る魔王ヴィーゴが、美術館に勤める、デイナの幼い息子を利用して復活しようと企んでいた・・・。
__________

公開3日間の興収$29,472,894は、当時の新記録を樹立したが、翌週公開された「バットマン」(1989)に、あっさり破られてしまった。
($40,505,884)

しかし、話題性は高く、前作は上回れなかったものの、北米興行収入は約1億1300万ドル、全世界で約2億1500万ドルのヒットとなった。
*前作
北米興行収入 $238,632,120
世界 $291,632,120

トレードマークのデザインや、音楽の斬新さに圧倒された前作に比べると、やや物足りない感じはする。

シガニー・ウィーバーに子供が生まれたことと、魔王ヴィーゴの登場意外は、メンバーの力を合わせた魔王退治に終始して、目新しさはあまりない。

しかし、人気者がお決まりのパターンで笑わせてくれるということを期待していると、その通りになった時には満足感が得られるという心理を、うまくついている。

前作の”マシュマロマン”と同じような設定で登場する歩く”自由の女神”は、さすがにニューヨークの象徴だけあって、なかなか興味深いシーンだ。

ゴーストバスターズの4人は、相変わらず、とぼけた理屈をこねて大奮闘、頼りにならないリック・モラニスの弁護士や、市長のデヴィッド・マーギュリーズ、判事のハリス・ユーリンが苛立ちカッカする場面なども面白い。

恋人となったデイナ(S・ウィーバー)にふられて、超常現象番組のホストとなっている主演のビル・マーレイ、オカルト書店を営むダン・エイクロイド、研究を続けるハロルド・ライミス、同僚アーニー・ハドソン美術館で絵画の修復をするシガニー・ウィーバー、弁護士リック・モラニス、彼と恋仲になるゴーストバスターズの秘書役アニー・ポッツ、市長デヴィッド・マーギュリーズ、その補佐カート・フラー、ヴィーゴの僕となるピーター・マクニコル、判事ハリス・ユーリン、警視総監のフィリップ・ベイカー・ホール、ヴィーゴのウィルヘルム・フォン・ホンブルグ、その声のマックス・フォン・シドー、他、市職員でベン・スタイン、超常現象作家ケヴィン・ダン、市長公邸のドアマン役のボビー・ブラウン、そして、スライマーの声他でアイヴァン・ライトマンが登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020