4292 Movies

艦隊を追って Follow the Fleet (1936)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1922年に上演された、ヒューバート・オズボーンの舞台劇”Shore Leave”を基に製作された作品。
元ダンサーである水兵とパートナーが巻き起こす恋の騒動を描く、フレッド・アステアジンジャー・ロジャースのコンビによるミュージカル・コメディ。
監督マーク・サンドリッチランドルフ・スコットハリエット・ヒリヤード他共演。


ミュージカル


スタッフ キャスト ■
監督:マーク・サンドリッチ
製作:パンドロ・S・バーマン
原作:ヒューバート・オズボーン”Shore Leave”
脚本
アラン・スコット

ドワイト・テイラー
撮影:デヴィッド・エイベル
編集:ヘンリー・バーマン
音楽
マックス・スタイナー

アーヴィング・バーリン

出演
ベイク・ベイカー:フレッド・アステア

シェリー・マーティン:ジンジャー・ロジャース
ビルジ・スミス:ランドルフ・スコット
コニー・マーティン:ハリエット・ヒリヤード
アイリス・マニング:アストリッド・オールウィン
ヒッキー船長:ハリー・ベレスフォード
ノーラン:ラッセル・ヒックス
キティ・コリンズ:ルシル・ボール
歌手:ベティ・グレイブル

アメリカ 映画
配給 RKO

1936年製作 110分
公開
北米:1936年2月20日
日本:1936年7月
製作費 $747,000
北米興行収入 $2,727,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
サンフランシスコ
アメリカ海軍の水兵ベイク・ベイカー(フレッド・アステア)は、同僚である友人ビルジ・スミス(ランドルフ・スコット)に、結婚まで考えたものの別れた元ダンス・パートナーだったシェリー・マーティン(ジンジャー・ロジャース)のことでからかわれる。

上陸許可が出たベイクは、シェリーがボールルーム”パラダイス”でダンス・ホステスとして働いているのを知っていたため、ビルジらと共にその場に向かう。

”パラダイス”。
ベイクは、その場からシェリーに電話をかけようとする。

遅れて来たビルジは、女性だけでは入れないと言われ困っていた地味な女性コニー・マーティン(ハリエット・ヒリヤード)にチケットを譲ってもらう。

この場で働いている妹に会いに来たと言うコニーは、ビルジに惹かれながら感謝する。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
サンフランシスコ
アメリカ海軍の水兵ベイク・ベイカーは、友人である同僚のビルジと共にボールホールに向かう。
元ダンサーだったベイクは、その場で働く喧嘩別れしたパートナーのシェリーと再会する。
シェリーの姉コニーもその場に現れ、ビルジに惹かれるものの冴えない彼女は相手にされない。
コニーはシェリーの同僚の協力で魅力的な女性に変貌し、ビルジは態度を一変させて彼女と付き合う。
航海士になり船に乗ることを考えるビルジの夢を知ったコニーは、亡き父が遺した船の修復を考えるが、結婚を迫られそうな彼は引いてしまう。
ホールのオーナーを侮辱してシェリーを失業させてしまったベイクは、ダンサーとして彼女を売り込もうととするのだが・・・。__________

RKOの名コンビ、フレッド・アステアジンジャー・ロジャースの5作目の共演作。(10作で共演)

その二人の作品5作を監督するマーク・サンドリッチの作品で、水兵を主人公にしたコミカルな内容に優雅さや豪華なセットも組み合わせた見栄えのする映像も見所の、軽快なタッチで描く楽しい作品。

主人公の二人がダンスの大スターとして描かれていないため、圧倒的な実力を見せつけるダンス・シーンが際立つ演出となっている。

マックス・スタイナーアーヴィング・バーリンの共同担当による各楽曲も印象に残る。

クライマックスでしか正装しないフレッド・アステアの水兵姿が実にユーモラスで、楽観的で陽気な彼の笑顔が実にいい。

ヒロイン演ずるジンジャー・ロジャースは、軽やかなステップに加え、主人公に惹かれながらも反発する魅力的なダンサーを好演している。

主人公の友人であり同僚で、ミュージカル映画の出演ということで貴重な作品として注目のランドルフ・スコット、彼に惹かれ、冴えない女性から変貌するヒロインの姉役で、得意の歌唱力も披露してくれるハリエット・ヒリヤード、ビルジ(ランドルフ・スコット)と関係を持つヒロインの友人である富豪夫人アストリッド・オールウィン、船の修復を任されるハリー・ベレスフォード、プロデューサーのラッセル・ヒックス、そして、ヒロインの同僚役ルシル・ボールと歌手役のベティ・グレイブルなどが脇役で出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020