4907 Movies

空中レヴュー時代 Flying Down to Rio (1933)

ブラジル人の富豪令嬢と婚約者そしてバンドリーダーの三角関係と恋の行方を描く、製作総指揮メリアン・C・クーパー、監督ソーントン・フリーランド、主演ドロレス・デル・リオジーン・レイモンドラウル・ルーリエンジンジャー・ロジャースフレッド・アステア他共演のミュージカル。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ミュージカル


スタッフ キャスト
監督:ソーントン・フリーランド
製作総指揮:メリアン・C・クーパー
原作:ルー・ブロック
原案:アン・コールドウェル
脚本
シリル・ヒューム
H・W・ハネマン
アーウィン・S・ゲルシー
撮影:J・ロイ・ハント
編集:ジャック・キッチン
音楽
ヴィンセント・ユーマンス
マックス・スタイナー
作詞
エドワード・エリシュー
ガス・カーン

出演
ベリーニャ・デ・レゼンデ:ドロレス・デル・リオ
ロジャー・ボンド:ジーン・レイモンド
フリオ・リベイロ:ラウル・ルーリエン
ハニー・ヘイルズ:ジンジャー・ロジャース
フレッド・エアーズ:フレッド・アステア
ドナ・エレナ・デ・レゼンデ:ブランシュ・フリデリチ
カルロス・デ・レゼンデ:ウォルター・ウォーカー
歌手:エタ・モートン
ギリシャのギャンブル組織のメンバー:ロイ・ダルシー
ギリシャのギャンブル組織のメンバー:モーリス・ブラック
ギリシャのギャンブル組織のメンバー:アルマンド・カリス
市長:ポール・ポルカシ
アルフレド・ヴィアナ(銀行家):レジナルド・バーロウ
ホテル副支配人バターバス:エリック・ブロア
ホテル支配人ハマースタイン:フランクリン・パングボーン

アメリカ 映画
配給 RKO
1933年製作 89分
公開
北米:1933年12月29日
日本:1934年5月24日
製作費 $462,000
北米興行収入 $923,000
世界 $1,545,000


アカデミー賞
第7回アカデミー賞

・ノミネート
歌曲賞”Carioca


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
マイアミ
スイスから派遣されたホテルの支配人ハマースタイン(フランクリン・パングボーン)は、副支配人のバターバス(エリック・ブロア)と共にスタッフの服装チェックなどをする。

ハマースタインは、バンドリーダーである作曲家ロジャー・ボンド(ジーン・レイモンド)やボーカルのハニー・ヘイルズ(ジンジャー・ロジャース)らに、客と親しくなることを禁ずる。

ロジャーとアシスタントでアコーディオン奏者のフレッド・エアーズ(フレッド・アステア)は、ピアノを積んだ飛行機で到着してホテルに向かう。

ラジオ放送が始まる直前に間に合ったロジャーとフレッドは、バンドと共に演奏を始めてハニーが歌う。

ハマースタインから警告されたことをフレッドから知らされたロジャーだったが、客席にいたブラジル人の美女ベリーニャ・デ・レゼンデ(ドロレス・デル・リオ)に惹かれてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*フレッド・アステア/ジンジャー・ロジャース 共演作
・「空中レヴュー時代」(1933):RKO
・「コンチネンタル」(1934):RKO
・「ロバータ」(1935):RKO
・「トップ・ハット」(1935):RKO
・「艦隊を追って」(1936):RKO
・「有頂天時代」(1936):RKO
・「踊らん哉」(1937):RKO
・「気儘時代」(1938):RKO
・「カッスル夫妻」(1939):RKO
・「ブロードウェイのバークレー夫妻」(1949年):MGM

*(簡略ストーリー)
マイアミ
ブラジル人の富豪令嬢ベリーニャ・デ・レゼンデに惹かれたバンドリーダーのロジャーは、客と親しくなることをホテルに禁じらていたため、契約を切られる。
親友フリオの協力でリオデジャネイロの仕事を見つけてもらったロジャーは、ベリーニャもその場に行くことを知り、彼女を自家用機に乗せて飛び立つ。
エンジン不調である島に不時着したロジャーは、ベリーニャと惹かれ合うようになるものの、彼女に婚約者がいることを知る。
ロジャーは、フリオがベリーニャの婚約者と知らずにリオデジャネイロに向かうのだが・・・。
__________

本作後にイギリスに向かうソーントン・フリーランドの監督作品で、製作総指揮はメリアン・C・クーパーが担当している。

ブラジル人の富豪令嬢と婚約者、そしてバンドリーダーの三角関係と恋の行方を描くミュージカル。

主演ではないが、同年に映画デビューしたフレッド・アステアと、彼より12歳下ではあるが若干キャリアは長いジンジャー・ロジャースにとっては、RKOで9作共演した初コンビ作品である。

上記のように映画デビュー直後と言うこともあり、若さを前面に出し(と言っても30歳前半)溌溂とした演技を見せてくれる、バンドリーダーのアシスタントでアコーディオン奏者役のフレッド・アステアと、20代前半ということもありコケティッシュな魅力でバンドのボーカルを印象的に演ずるジンジャー・ロジャースの見事なパフォーマンスは十分に楽しめる。

友人同士が1人の女性を愛する複雑な恋愛関係と、バンドが巻き起こす騒動などがユーモラスに描かれている。

第7回アカデミー賞にノミネートされた”Carioca”他、楽曲の数々、そして豪華なレビューも楽しめる。

また、クライマックスで、複数の複葉機を使用した空中ショーなど、見どころ満載の娯楽作に仕上がっている。

妖艶な魅力で美しい富豪令嬢を演ずるドロレス・デル・リオ、彼女に惹かれるバンドリーダーである作曲家のジーン・レイモンド、彼の親友であるヒロインの婚約者ラウル・ルーリエン、ヒロインの伯母ブランシュ・フリデリチ、ヒロインの父親ウォルター・ウォーカー、歌手のエタ・モートンギリシャのギャンブル組織のメンバーの3人ロイ・ダルシーモーリス・ブラックアルマンド・カリスリオデジャネイロの市長ポール・ポルカシ、銀行家のレジナルド・バーロウマイアミのホテル副支配人エリック・ブロア、支配人のフランクリン・パングボーンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022