4594 Movies

ブロードウェイのバークレー夫妻 The Barkleys of Broadway (1949)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ブロードウェイの人気スターである夫妻の危機を描く、製作アーサー・フリード、監督チャールズ・ウォルターズ、主演フレッド・アステアジンジャー・ロジャースオスカー・レヴァントビリー・バーク他共演のミュージカル。


ミュージカル


スタッフ キャスト
監督:チャールズ・ウォルターズ

製作:アーサー・フリード
脚本
ベティ・コムデン
アドルフ・グリーン
シドニィ・シェルダン(クレジットなし)
撮影:ハリー・ストラドリング
編集:アルバート・アクスト
音楽
レニー・ヘイトン
アイラ・ガーシュウィン
ハリー・ウォーレン

出演
ジョシュ・バークレー:フレッド・アステア
ダイナ・バークレー:ジンジャー・ロジャース
エズラ・ミラー:オスカー・レヴァント
ミリー・ベルニー:ビリー・バーク
シャーリーン・メイ:ゲイル・ロビンス
ジャック・ピエール・バルドゥ:ジャック・フランソワ
バート・フェルシャー:クリントン・サンドバーグ
パメラ・ドリスコル:イネス・クーパー
審査員長役:ジョージ・ザッコ
ラディスラウス・ラディ:ハンス・コンリード

アメリカ 映画
配給 MGM
1949年製作 109分
公開
北米:1949年5月4日
日本:未公開
製作費 $2,325,420
北米興行収入 $2,987,000
世界 $4,421,000


アカデミー賞
第22回アカデミー賞

・ノミネート
撮影賞(カラー)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
ブロードウェイの人気スターであるジョシュ・バークレー(フレッド・アステア)と妻ダイナ(ジンジャー・ロジャース)は、ショーを終えたステージ上で、親友で作曲家のエズラ・ミラー(オスカー・レヴァント)を紹介する。

バークレー夫妻は互いを褒め合い、ステージを下りて、ファンの声援に応えながら車に乗り劇場を去る。

ステージ上で褒めてくれたことを本心か確認したダイナは、ジョシュにショーのことで意見されて苛立つ。

その後、ジョシュとダイナは、富豪夫人ミリー・ベルニー(ビリー・バーク)のパーティーに出席する。

その場にはエズラもいて、ジョシュとダイナは車でのことを謝罪し合う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*フレッド・アステア/ジンジャー・ロジャース 共演作
・「空中レヴュー時代」(1933):RKO
・「コンチネンタル」(1934):RKO
・「ロバータ」(1935):RKO
・「トップ・ハット」(1935):RKO
・「艦隊を追って」(1936):RKO
・「有頂天時代」(1936):RKO
・「踊らん哉」(1937):RKO
・「気儘時代」(1938):RKO
・「カッスル夫妻」(1939):RKO
・「ブロードウェイのバークレー夫妻」(1949年):MGM

*(簡略ストーリー)
ニューヨーク
ブロードウェイの人気スターであるジョシュ・バークレーと妻ダイナは、ステージを降りるといつも意見が食い違い喧嘩ばかりしていた。
そんなダイナは、フランス人劇作家ジャックに、役者として舞台に誘われる。
それに興味を示したダイナと、よく思わないジョシュは口論になり、別居することになるのだが・・・。
__________

製作アーサー・フリード、監督チャールズ・ウォルターズによる作品。

何と言っても、RKOで9作共演したフレッド・アステアジンジャー・ロジャースが、「カッスル夫妻」(1939)以来10年ぶりに共演したMGMミュージカルとして注目された。
また、本作は2人のコンビとしては最後の共演作であり、唯一のテクニカラー作品。
フレッド・アステアとジンジャー・ロジャース共演作

ちなみに当初の共演者はジュディ・ガーランドだったが、リハーサルに入り、彼女の肉体及び精神的な問題で続行不可能となり、フレッド・アステアとの不仲説はあったものの、それを双方が否定して、ジンジャー・ロジャースが出演を承諾したという経緯がある。

第22回アカデミー賞では撮影賞(カラー)にノミネートされた。
同年フレッド・アステアは、”ユニークな芸術性とミュージカル映画の技術への貢献”により名誉賞を受賞し、ジンジャー・ロジャースオスカーを彼に手渡した。

主演のフレッド・アステアは、持ち味を活かしユーモアをまじえた演技でブロードウェイのスターを好演し、見事なダンスと歌声を披露してくれる。
特に、靴と踊る”Shoes with Wings On”の特撮を使ったパフォーマンスは印象に残る。

ジンジャー・ロジャースは、役者として舞台に挑戦しようとするヒロインを熱演し、ダンスの他、確かな演技力も見せてくれる。

作曲ハリー・ウォーレン、作詞アイラ・ガーシュウィンの数々の楽曲、兄ジョージ・ガーシュウィンアイラの名曲”They Can’t Take That Away From Me”を、フレッド・アステアジンジャー・ロジャースがしっとりと歌い踊るシーンも素晴らしい。

主人公夫妻の友人である女好きの音楽家を愉快に演じ、もちろん見事なピアノ演奏も披露してくれるオスカー・レヴァント、主人公夫妻の友人である富豪夫人ビリー・バーク、ヒロインの代役ゲイル・ロビンス、ヒロインに舞台出演を勧めるフランス人の劇作家ジャック・フランソワ、彼が舞台で使う女優イネス・クーパー、主人公夫妻のショーのプロデューサー役クリントン・サンドバーグ、舞台の審査員長役ジョージ・ザッコ、画廊の支配人ハンス・コンリードなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022