4292 Movies

踊らん哉 Shall We Dance (1937)

  •  
  • 13
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

女性ダンサーを追ってパリからニューヨークに向かったバレエ・ダンサーが巻き起こす騒動とロマンスを描く、フレッド・アステアジンジャー・ロジャースのコンビによるミュージカル・コメディ。
監督マーク・サンドリッチエドワード・エヴェレット・ホートンエリック・ブロアジェローム・コーワン他共演。


ミュージカル


スタッフ キャスト ■
監督:マーク・サンドリッチ
製作:パンドロ・S・バーマン
脚本
アラン・スコット

アーネスト・パガノ
撮影
デヴィッド・エイベル

ジョセフ・F・ビロック
編集:ウィリアム・ハミルトン
音楽
ジョージ・ガーシュウィン

アイラ・ガーシュウィン
ナサニエル・シルクレット

出演
ピター・P”ペトロフ”ピーターズ:フレッド・アステア

リンダ・キーン:ジンジャー・ロジャース
ジェフリー・ベアード:エドワード・エヴェレット・ホートン
セシル・フリントリッジ:エリック・ブロア
アーサー・ミラー:ジェローム・コーワン
デニース・タリントン:ケティ・ガリアン
ジム・モンゴメリー:ウィリアム・ブリスベイン
本人:ハリエット・ホクター

アメリカ 映画
配給 RKO

1937年製作 108分
公開
北米:1937年5月7日
日本:1937年10月1日
製作費 $991,000
北米興行収入 $2,168,000


アカデミー賞 ■
第10回アカデミー賞
・ノミネート
歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
パリ
ロシアンバレエのダンサー”ペトロフ”として成功しているアメリカ人ピター・P・ピーターズ(フレッド・アステア)は、会ったこともないタップ・ダンサーのリンダ・キーン(ジンジャー・ロジャース)に憧れ結婚する気でいた。

ピーターは、それをバレエ団のオーナーでもあるマネージャーのジェフリー・ベアード(エドワード・エヴェレット・ホートン)に伝える。

マネージャーのアーサー・ミラー(ジェローム・コーワン)がニューヨークから来ていることを知らされたリンダは、ダンス・パートナーに不満を抱き、ステージを降りて帰国し結婚すると言い出す。

そこに訪ねて来た”ペトロフ”を追い帰そうとしたリンダだったが、強引に部屋に入りロシア人を演じたピーターは、彼女に自分を印象付けることには成功する。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
パリ
ロシアンバレエのダンサー”ペトロフ”として成功しているアメリカ人ピター・P・ピーターズは、会ったこともないタップ・ダンサーのリンダ・キーンに憧れ結婚することまで考える。
リンダに近づいたピーターは、ニューヨークに帰国して結婚する気の彼女を追うため、マネージャーのジェフリーや団員と共に客船に乗船する。
ところが、ピーターの元恋人でダンサーのデニースが、彼が既に結婚していて、夫人同伴で帰国するという情報を流してしまう。
その噂が船内で広がったため、ピーターとリンダは夫婦であり、子供までいると言われ騒動となる・・・。
__________

RKOの名コンビ、フレッド・アステアジンジャー・ロジャースの7作目の共演作。
(10作で共演)

物語の内容やマーク・サンドリッチの演出も平凡ではあるが、主人公の二人を取り巻く個性派スターの共演や、ジョージ・ガーシュウィンアイラ・ガーシュウィン兄弟の名曲が散りばめられた各ナンバーなど、ミュージカル・ファンにはたまらない作品。
二人の曲”They Can’t Take That Away from Me”は、第10回アカデミー賞で歌曲賞にノミネートされた。

客船内やニューヨークのホテルの豪華なセットや雰囲気など、不況時ではあるものの、当時のアメリカの国力を見せつけるような映像も注目だ。

天真爛漫で常に前向き、笑顔を見ているだけで幸せになれるフレッド・アステアと、美しさも際立つジンジャー・ロジャースの華麗なダンスは、大恐慌で疲弊しきった人々の励ましになったことが想像できる。

苦しい時代にあえてこのような作品を作る、いや作れるアメリカの底力が感じられるような作品でもある。

主人公二人のパフォーマンスは言うまでもなく、クライマックスで登場するハリエット・ホクターの優雅なダンスは圧巻だ。

少々間の抜けた主人公のマネージャーを愉快に演ずるエドワード・エヴェレット・ホートン、同じくホテルのフロア・マネージャー役で笑わせてくれるエリック・ブロア、ヒロインのマネージャーのジェローム・コーワン、主人公の元恋人でダンサーのケティ・ガリアン、ヒロインの婚約者ウィリアム・ブリスベインなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020