4513 Movies

フライング・タイガー Flying Tigers (1942)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

中国国民党軍を支援するアメリカの義勇軍”フライング・タイガース”の活躍を描く、主演ジョン・ウェイン、監督デヴィッド・ミラージョン・キャロルアンナ・リーポール・ケリー他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)

ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧
ジョン・ウェイン / John Wayne/Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:デヴィッド・ミラー
製作:エドマンド・グレンジャー
原案:ケネス・ガメット
脚本
ケネス・ガメット
バリー・トリヴァース
撮影:ジャック・A・マータ

編集:アーネスト・J・ナイムス
音楽
ヴィクター・ヤング

ウォルター・シャーフ

出演
ジム・ゴードン大尉:ジョン・ウェイン

ウッドロー”ウッディ”ジャイソン:ジョン・キャロル
ブルック・エリオット:アンナ・リー
ハップ・スミス:ポール・ケリー
”アラバマ”スミス:ゴードン・ジョーンズ
ヴァーナ・ベイルズ:メエ・クラーク
R・T・リンゼイ大佐:アディソン・リチャーズ
”ブラッキー”ベイルズ:エドマンド・マクドナルド
デイル:ビル・シャーリー
レプキン:チャールズ・レイン
ツィン医師:リチャード・ロー

アメリカ 映画
配給 リパブリック・ピクチャーズ

1942年製作 102分
公開
北米:1942年10月8日
日本:未公開


アカデミー賞 ■
第15回アカデミー賞
・ノミネート
録音・特殊効果・ドラマ音楽賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
中国国民党軍を支援するアメリカの義勇軍”フライング・タイガース”のリーダー、ジム・ゴードン大尉(ジョン・ウェイン)は、日本軍爆撃機による攻撃を知り、部下達と共に”カーチス P-40”で飛び立つ。

敵機を発見したジムらは攻撃を仕掛け、戦果を上げて帰還する。

傷を負いながら何とか帰還するものの息絶えた部下デイル(ビル・シャーリー)の死をジムは確認する。

恋人の看護師ブルック・エリオット(アンナ・リー)からデイルの遺品を受け取ったジムは、大学生だった彼を死なせたのは自分の責任だと言って嘆く。

ブルックに励まされたジムは、パイロットを補充するためラングーン(現ヤンゴン)に向うことを、部下のハップ・スミス(ポール・ケリー)に伝えて旅立つ。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
中国国民党軍を支援するアメリカの義勇軍”フライング・タイガース”のリーダー、ジム・ゴードン大尉は、パイロットを補充するためラングーンに向かう。
現地で、過去に事故を起こしたことのある旧知のブラッキーと妻に会ったジムは、パイロットを志願ずるブラッキーの申し出を断るものの、妻ヴァーナの説得でそれを許可する。
その後ジムは、民間パイロットのウッディとアラバマを伴い基地に戻る。
奔放な性格のウッディは、飛行を戦争と考えず、金を稼ぐための行為としか捉えないため、部隊員から批判される。
そんなウッディが優秀なパイロットであることは認めるジムは、出撃により部下を失っていく。
そして、1941年12月7日、大日本帝国海軍が真珠湾を攻撃した為、日本に対しアメリカは宣戦布告し、一気に戦況は激しくなる・・・。
__________

本作が撮影されていた期間が真珠湾攻撃の5か月後から、”ミッドウェー開戦”が始まった時期という、凄まじい戦況の中で製作された作品。

当時としては仕方のなかった描写かもしれないが、とにかく、アメリカ側から見る憎き日本軍が悪魔のように描かれ、真珠湾攻撃により、ルーズベルト大統領が日本に対し宣戦布告することを議会に要請する演説を、肉声で長々と聞かせる念の入れようだ。

民間人居住区への無差別爆撃、脱出した兵士を容赦なく銃撃する残忍な行為など、デヴィッド・ミラーの演出は”反日映画”そのもので、人気スター、ジョン・ウェインの主演作にも拘らず、戦後も日本では公開されなかったという理由が分かる。

本作はモノクロ作品なのだが、見事に着色処理されたカラー版もある。

第15回アカデミー賞では、録音、特殊効果、ドラマ音楽賞にノミネートされた。

オスカーにノミネートされた特殊効果も、当時を考えるとなかなか見事で、ミニチュアを駆使した映像と、実際の戦闘機”カーチス P-40”の戦闘シーンは見応えがある。

ジョン・ウェイン初の戦争映画であることも注目で、日本では「駅馬車」(1939)のことばかりが取り上げられる彼だが、それ以降、わずか3年で20作弱の作品に出演し、30代半ばにして既に貫録十分、いよいよ大スターの道を歩む頃の彼の勇士はファンには嬉しいばかりだ。

自由な考えの持ち主故に協調性に欠けるものの、最後には兵士としての役目を果たすパイロットのジョン・キャロルジョン・ウェインとは同じ”ジョン・フォード一家”として共演作多い、主人公の恋人役のアンナ・リージョン・フォード作品8作出演/ジョン・ウェインは24作)、編隊パイロットのポール・ケリーゴードン・ジョーンズエドマンド・マクドナルド、その妻メエ・クラーク、パイロットのビル・シャーリー、航空会社職員チャールズ・レイン、医師リチャード・ローなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021