4350 Movies

ジェーン・エア Jane Eyre (1943)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1847年に発表された、シャーロット・ブロンテの小説”ジェーン・エア”を基に製作された作品。
孤児である少女が成長し、苦難を背負う男性の愛を掴むまでを描く、監督ロバート・スティーヴンソン、主演オーソン・ウェルズジョーン・フォンテインマーガレット・オブライエンペギー・アン・ガーナー他共演の恋愛ドラマ。


ドラマ(ロマンス)

オーソン・ウェルズ / Orson Welles / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・スティーヴンソン
原作:シャーロット・ブロンテジェーン・エア
製作
ウィリアム・ゲッツ

ケネス・マクゴーワン
オーソン・ウェルズ
脚本
ロバート・スティーヴンソン

オルダス・ハクスリー
ジョン・ハウスマン
ケティ・フリングス
ヘンリー・コスター
撮影:ジョージ・バーンズ
音楽:バーナード・ハーマン

出演
エドワード・ロチェスター:オーソン・ウェルズ

ジェーン・エア:ジョーン・フォンテイン
アデール・ヴァレンス:マーガレット・オブライエン
ジェーン・エア(少女期):ペギー・アン・ガーナー
リヴァース医師:ジョン・サットン
ベッシー:サラ・オールグッド
ヘンリー・ブロックルハースト:ヘンリー・ダニエル
リード夫人:アグネス・ムーアヘッド
デント大佐:オーブリー・メイザー
アリス・フェアファックス:エディス・バーレット
イングラム夫人:バーバラ・エヴァーレスト
ブランシュ・イングラム:ヒラリー・ブルック
メイソン:ジョン・アボット
グレース・プール:エセル・グリフィス

リア:メエ・マーシュ
スカッチャー:エイリー・マリオン
ヘレン・バーンズ:エリザベス・テイラー

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1943年製作 96分
公開
北米:1944年2月3日
日本:1947年10月7日
製作費 $1,705,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1829年、イングランド
孤児のジェーン・エア(ペギー・アン・ガーナー)は、伯母リード夫人(アグネス・ムーアヘッド)に虐げられる日々をおくっていた。

寄宿学校”ローウッド学院”の院長ヘンリー・ブロックルハースト(ヘンリー・ダニエル)に預けられることになったジェーンは、伯母や意地悪ないとこと別れられることを喜ぶ。

ジェーンは、自分に優しくしてくれた使用人のベッシー(サラ・オールグッド)から記念にブローチをもらい、彼女に別れを告げる。

気の強いジェーンは、伯母リード夫人を罵倒してその場を去る。

ローウッド学院。
希望を抱きその場に着いたジェーンの夢は砕かれ、ブロックルハーストの冷酷な仕打ちを受ける。

そんなジェーンに優しく接してくれたのは、同じ生徒のヘレン・バーンズ(エリザベス・テイラー)と医師のリヴァース(ジョン・サットン)だけだった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1829年、イングランド
孤児のジェーン・エアは、伯母の家で虐げられた日々を送り、その後、寄宿学校”ローウッド学院”に預けられる。
冷酷な学院長ブロックルハーストの元でも苦しみながら10年を過ごしたジェーンは、教師の資格を与えられるものの、それを拒み家庭教師の道を歩む。
ソーンフィールド館の家政婦頭フェアファックスからの連絡を受けたジェーンは、フランス人少女アデールの家庭教師となる。
そんなジェーンは、屋敷の近くである男性を落馬させてしまい、彼がアデールの後見人で、主人のエドワード・ロチェスターであることを知る。
傲慢で高圧的なロチェスターに戸惑いながら、ジェーンは、ある秘密を持つ彼に惹かれていくのだが・・・。
__________

際立つ美しさの女性として登場しないヒロイン、反抗的な態度と意思の強さは男女平等を訴えているという、19世紀半ばのイングランドの社会構造を考えると画期的な内容と言われた原作であった。

小説の発表から約100年後に映画化された本作だが、当時の社会常識を考えても、それを逸脱するヒロイン像だと言える。

原作の内容がかなり削られているということで論議となったが、監督ロバート・スティーヴンソンは、その長編小説を約90分の内容にうまくまとめている。

バーナード・ハーマンの、時に力感溢れる楽曲も印象的だ。

本人そのものを連想させる、どう見ても20代には思えないオーソン・ウェルズの存在感、ハリウッド的な際立つ美から一歩引いているようなジョーン・フォンテインのヒロイン役も適役で、長身の主人公を常に見上げる表情だけで、相手に対しての気持ちを表現する演技なども注目したい。

主人公の娘役で可愛らしい少女というだけのマーガレット・オブライエンに対し、単なるヒロインの少女時代とは言えない、天才子役ペギー・アン・ガーナーの確かな演技は素晴らしい。
彼女は2年後の「ブルックリン横丁」(1945)の演技でも絶賛され、アカデミー特別賞/子役賞を受賞した。
ジェーン・エアの少女期だけを演ずる彼女を、もっと見てみたいと思われた方も多いはずだ。

ヒロインを見守り励ます医師ジョン・サットン、ヒロインの伯母(アグネス・ムーアヘッド)の使用人で、ジェーンに優しく接するサラ・オールグッド、冷酷な寄宿学校院長ヘンリー・ダニエル、主人公の招待客オーブリー・メイザー、ソーンフィールド館の家政婦頭エディス・バーレット、主人公と結婚が噂される令嬢ヒラリー・ブルック、その母親バーバラ・エヴァーレスト、主人公の義兄ジョン・アボット、妻を看護、監視するエセル・グリフィス、屋敷の使用人メエ・マーシュ、寄宿学校の教師エイリー・マリオン、そして、ヒロインの少女時代の親友役でエリザベス・テイラーが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020