4907 Movies

ロバータ Roberta (1935)

パリの有名洋装店”ロバータ”を舞台にデザイナーとアメリカ人青年の恋を描く、監督ウィリアム・A・サイター、主演アイリーン・ダンフレッド・アステアジンジャー・ロジャースランドルフ・スコット他共演のミュージカル。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ミュージカル

ルシル・ボール / Lucille Ball / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ウィリアム・A・サイター
製作:パンドロ・S・バーマン
原作
アリス・デュアー・ミラー”Gowns by Roberta”
ジェローム・カーン
オットー・ハーバッハ
脚本
ジェーン・マーフィン
サム・ミンツ
アラン・スコット
撮影:エドワード・クロンジャガー
編集:ウィリアム・ハミルトン
音楽
ジェローム・カーン
マックス・スタイナー

出演
ステファニー:アイリーン・ダン
ハック・ヘインズ:フレッド・アステア
シャーヴェンカ伯爵夫人/リジー・ガッツ:ジンジャー・ロジャース
ジョン・ケント:ランドルフ・スコット
ロバータ/ミニー:ヘレン・ウェストリー
ソフィー・ティール:クレア・ドッド
ラディスラフ:ヴィクター・ヴァルコニ
アレクサンダー・ペトロヴィッチ・モスコヴィッチ・ボイダ:ルイス・アルバーニ
ヘンリー・デルベス卿:フェルディナンド・ミュニエ
アルベール:トーベン・マイヤー
ファッションモデル:ルシル・ボール

アメリカ 映画
配給 RKO
1935年製作 106分
公開
北米:1935年3月8日
日本:1935年8月
製作費 $610,000
北米興行収入 $1,467,000
世界 $2,335,000


アカデミー賞
第8回アカデミー賞

・ノミネート
歌曲賞Lovely to Look at””


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
フランスル・アーヴル
ハック・ヘインズ(フレッド・アステア)ダンスバンド”ワバッシュ・インディアニアンズ”は、ハックの友人でハーバード大学のフットボールのスター選手だったジョン・ケント(ランドルフ・スコット)と共に船で到着する。

本物の”インディアン”(先住民)と契約したカフェのオーナーでロシア人のアレクサンダー・ペトロヴィッチ・モスコヴィッチ・ボイダ(ルイス・アルバーニ)は、ハンクらがインディアナ州から来たバンドだったために憤慨する。

去ろうとするボイダを引き止めたジョンは、その場でハックらの芸を見せるものの納得してもらえなかった。

パリに向かったハックらは、ジョンの伯母で有名な洋装店”ロバータ”を経営するミニー(ヘレン・ウェストリー)に会いに行く。

ロバータに着いたジョンは、ドアマンのラディスラフ(ヴィクター・ヴァルコニ)に迎えられ、エレベーターに乗るものの途中で止まってしまい、叫び声をあげる。

現れたステファニー(アイリーン・ダン)の手を借りてエレベーターを動かしてもらったジョンは、彼女に感謝する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*フレッド・アステア/ジンジャー・ロジャース 共演作
・「空中レヴュー時代」(1933):RKO
・「コンチネンタル」(1934):RKO
・「ロバータ」(1935):RKO
・「トップ・ハット」(1935):RKO
・「艦隊を追って」(1936):RKO
・「有頂天時代」(1936):RKO
・「踊らん哉」(1937):RKO
・「気儘時代」(1938):RKO
・「カッスル夫妻」(1939):RKO
・「ブロードウェイのバークレー夫妻」(1949年):MGM

*(簡略ストーリー)
パリ
アメリカのダンスバンド”ワバッシュ・インディアニアンズ”のリーダー、ハックは、契約するはずのカフェに雇ってもらえなかった。
ハックは同行した友人のジョンから、有名な洋装店”ロバータ”を経営する伯母ミニーを紹介してもらうことになる。
ロバータに着いたジョンは、ミニーのアシスタントである美しいステファニーに惹かれてしまう。
ジョンはミニーに歓迎され、ハックは、クレーマーのシャーヴェンカ伯爵夫人が、ショーで組んでいた元恋人のリジーだと気づき驚く。
ハックは、正体をバラさないことを条件にリジーに仕事を紹介してまらう。
その後、体調を崩したミニーは亡くなり、ジョンが後継者となるのだが・・・。
__________

1933年に発表された、アリス・デュアー・ミラーの小説”Gowns by Roberta”を基に製作された、ジェローム・カーンオットー・ハーバッハによるミュージカルの映画化。

スタントや端役をこなし監督に転身し、サイレント時代から活躍していたウィリアム・A・サイターの監督作品。

パリのファッション業界を描いた内容であり、数々の衣裳が登場し、ファッションショーと歌とダンスの融合など、華やかな映像が印象的だ。

バンドリーダーを愉快に演ずるフレッド・アステアと、彼とショーで組んでいた元恋人のジンジャー・ロジャースにとっては、RKOでの3作目の共演作で、前作の「コンチネンタル」(1934)では主演だった2人は、本作では脇役を演じている。

主演はアイリーン・ダンであり、上品で美しいファッション・デザイナーを好演し、オペラ歌手を目指した才能を活かして、名曲”Smoke Gets in Your Eyes/煙が目にしみる”他、見事な歌声も披露してくれる。

アイリーン・ダンと紆余曲折の末に結ばれるアメリカ人青年を演ずるランドルフ・スコットが準主役であり、パリのファッション業界で働くという役柄が注目で、2人の恋愛が物語の中心として描かれている。

第8回アカデミー賞では、ジェローム・カーン作曲、ドロシーフィールズジミー・マクヒュー作詞による”Lovely to Look at”が歌曲賞にノミネートされた。

また、ルシル・ボールが、ファッションモデルとしてブロンドで登場しているのでお見逃しなく。

パリの有名洋装店”ロバータ”のオーナー役ヘレン・ウェストリー、ジョンのわがままな恋人クレア・ドッド、ロバータのドアマンで、ヒロインの従兄だったロシアの王子ヴィクター・ヴァルコニ、ロシア人のカフェのオーナー役ルイス・アルバーニ、ミニー(ヘレン・ウェストリー)の友人フェルディナンド・ミュニエ、ヒロインのアシスタント役トーベン・マイヤーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022