4509 Movies

コンチネンタル The Gay Divorcee (1934)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1932年にブロードウェイ、1933年にウエス・トエンドで上演された、ドワイト・テイラーのミュージカル”Gay Divorce”を基に製作された作品。
アメリカ人ダンサーが離婚問題で悩む女性に惹かれてしまったことから巻き起こる騒動を描く、フレッド・アステアジンジャー・ロジャースのコンビによるミュージカル・コメディ。
監督マーク・サンドリッチアリス・ブラディエドワード・エヴェレット・ホートンエリック・ローデスエリック・ブロア他共演。


ミュージカル


スタッフ キャスト ■
監督:マーク・サンドリッチ
製作:パンドロ・S・バーマン
原作:ドワイト・テイラーGay Divorce
脚本
ジョージ・マリオンJr.

ドロシー・ヨースト
エドワード・カウフマン
撮影:デヴィッド・エイベル

編集:ウィリアム・ハミルトン
美術・装置
ヴァン・ネスト・ポルグラス

キャロル・クラーク
音楽
コン・コンラッド

マックス・スタイナー

出演
ガイ・ホールデン:フレッド・アステア

ミミ・グロッソップ:ジンジャー・ロジャース
ホーテンス:アリス・ブラディ
エグバート”ピンキー”フィッツジェラルド:エドワード・エヴェレット・ホートン
ロドルフォ・トネッティ:エリック・ローデス
ウエイター:エリック・ブロア
シリル・グロサップ:ウィリアム・オースティン
ゲスト:ベティ・グレイブル

アメリカ 映画
配給 RKO

1934年製作 107分
公開
北米:1934年10月12日
日本:1935年4月
製作費 $520,000
北米興行収入 $1,774,000


アカデミー賞 ■
第7回アカデミー賞
・受賞
歌曲賞
・ノミネート
美術・録音・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
パリ
クラブで夜を過ごし支払いをしようとしたアメリカ人ダンサーのガイ・ホールデン(フレッド・アステア)と友人の弁護士エグバート・フィッツジェラルド(エドワード・エヴェレット・ホートン)は、財布がないことに気づき戸惑う。

小切手の郵送を断られたガイは、エグバートが著名な弁護士の息子であることを伝える。

有名なダンサーだとエグバートに言われたガイだったが、支配人にそれを証明することができない。

踊って見せれば誰もが納得するとエグバートに言われたガイは、仕方なくステップを踏んで見せる。

支配人はステージで踊ることを勧め、ガイは嫌々ながらもそれに応ずる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
アメリカ人ダンサーのガイ・ホールデンは、友人の弁護士エグバートと共に滞在していたフランスからイギリスに到着する。
税関で出会った女性ミミに惹かれてしまったガイは、彼女の名前も聞かないまま別れる。
ロンドン市内でミミを捜していたガイは、偶然にも彼女と出くわし名前だけは聞く。
叔母ホーテンスと共にエグバートの事務所を訪ねたミミは、夫との関係で問題を抱えていることを伝える。
離婚も考えているミミに見せかけの不倫計画を提案したエグバートは、恋に悩むガイを連れて海辺のホテルに向かう。
ミミを迎えたエグバートは計画の内容を伝え、現れた不倫相手役のロドルフォに合言葉を教えて彼女を捜させる。
その後、ガイがホテルにいることに気づいたミミは、彼が不倫相手役だと思い込み混乱する。
そして、ガイが計画には関係ないことも知らずに、ミミは彼を部屋に誘ってしまい騒動が始まる・・・。
__________

RKOの名コンビ、フレッド・アステアジンジャー・ロジャースの2作目の共演作。(10作で共演)

トップ・ハット」(1935)、「踊らん哉」(1937)とほぼ同じスタッフと重複するキャストによる作品で、スクリューボール・コメディとミュージカルを組み合わせた、マーク・サンドリッチの軽快な演出も冴える非常に楽しい作品。

第7回アカデミー賞では、歌曲賞”The Continental”を受賞した。
ミネート
美術・録音・作曲賞

終盤のハイライト”The Continental”に合わせて踊るフレッド・アステアジンジャー・ロジャース、そしてダンサー達による約12分のダンス・パフォーマンスは圧巻だ。

また、スケール感を感じさせる豪華なセットや衣装も見もので、大恐慌による社会情勢などの困窮などを全く感じさせない演出や仕上がりも驚きだ。

いつものように、フレッド・アステアジンジャー・ロジャースに惹かれるものの相手にされず、めげずに口説き抜く天真爛漫な青年ダンサーを好演し、ジンジャー・ロジャースの心が少しずつ動いていく姿が実に微笑ましい。

ヒロインの叔母を愉快に演ずるアリス・ブラディ、主人公コンビ作品の脇役としていい味を出している、間抜けな弁護士役がはまっているエドワード・エヴェレット・ホートン、同じく「トップ・ハット」(1935)でも共演するヒロインの不倫相手役を依頼されるエリック・ローデス、更に主人公二人の作品の常連で、ホテルのウエイター役のエリック・ブロア、ヒロインの夫ウィリアム・オースティン、そしてベティ・グレイブルがダンサー役で出演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021