4295 Movies

トップ・ハット Top Hat (1935)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ちょっとした誤解が原因で巻き起こる男女の恋愛騒動を描く、フレッド・アステアジンジャー・ロジャースのコンビによるスクリューボール・コメディ・ミュージカルの名作。
監督マーク・サンドリッチエドワード・エヴェレット・ホートンヘレン・ブロデリックエリック・ローデスエリック・ブロア他共演。


ミュージカル

ルシル・ボール / Lucille Ball / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:マーク・サンドリッチ
製作:パンドロ・S・バーマン
原作:ドワイト・テイラー
脚本
ドワイト・テイラー

アラン・スコット
撮影:デヴィッド・エイベル
編集:ウィリアム・ハミルトン
美術・装置
キャロル・クラーク

ヴァン・ネスト・ポルグラス
音楽
アーヴィング・バーリン

マックス・スタイナー

出演
ジェリー・トラヴァース:フレッド・アステア

デイル・トレモント: ジンジャー・ロジャース
ホレス・ハードウィック:エドワード・エヴェレット・ホートン
マッジ・ハードウィック:ヘレン・ブロデリック
アルベルト・べディーニ:エリック・ローデス
ベイツ:エリック・ブロア
花屋の店員:ルシル・ボール
エレベーターの男性/ダンサー:デニス・オキーフ

アメリカ 映画
配給 RKO

1935年製作 101分
公開
北米:1935年9月6日
日本:1936年1月29日
製作費 $609,000
北米興行収入 $1,782,000
世界 $3,202,000


アカデミー賞 ■
第8回アカデミー賞
・ノミネート
作品・ダンス監督・美術・歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロンドン、”サッカリー・クラブ”。
アメリカ人ダンサーのジェリー・トラヴァース(フレッド・アステア)は、プロデューサーのホレス・ハードウィック(エドワード・エヴェレット・ホートン)のショーに出演予定だったため彼を待っていた。

現れたホレスは、ジェリーを呼んでホテルに向かおうとする。

ジェリーは、”静寂”が規則であるため気を遣っていたが、帰り際に思いきりステップを踏んでクラブのメンバーを驚かせる。

ホテルの部屋でジェリーは、ホレスの付き人である風変わりな男ベイツ(エリック・ブロア)を紹介される。

ジェリーは身を固めるようにとホレスに言われるが、自由な人生がいいと答えて躍り始める。

下の階の部屋で寝ていたデイル・トレモント(ジンジャー・ロジャース)は、その音で目が覚めてしまい、ホテルの支配人に苦情を言う。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■
*(簡略ストー リー)

ロンドン
アメリカ人ダンサーのジェリー・トラヴァースは、プロデューサーのホレスとホテルに向い、部屋でステップを踏み始める。
その音がうるさくて眠れない下の階のデイル・トレモントは、ジェリーに苦情を言う。
デイルに一目惚れしてしまったジェリーは、彼女の気を引こうとするものの相手にされない。
その後、ジェリーの気持ちに根負けしたデイルだったが、ジェリーが親友マッジの夫だと勘違いしてしまう。
ショックを受けたデイルは、ファッション・デザイナーのアルベルトと共に旅立つ。
その頃ジェリーは、マッジとデイルが親しい間柄だと知り、ホレスと共にデイルを追いヴェニスに向かうのだが・・・。
__________

RKOの名コンビ、フレッド・アステアジンジャー・ロジャースの4作目の共演作。
(10作で共演)

二人とは5作で組むマーク・サンドリッチの軽妙且つパンチの効いた演出により、このコンビの最高作との評価も得た。

その結果、北米興行収入で約1億7800万ドル、全世界では約3億2000万ドルの大ヒットとなった。

スクリューボール・コメディ・タッチの展開を一捻りさせ、観客をイライラさせながら画面に引き込むマーク・サンドリッチの演出は絶妙で、コメディとしての質も非常に高い仕上がりとなっている。

加えて言うまでもなく、フレッド・アステアジンジャー・ロジャース優雅なダンスと歌、素晴らしい衣装、そして夢の国の様なセットなども素晴らしい出来栄えで、大恐慌による不況が続く中、人々の心を癒したことが想像できる。

第8回アカデミー賞では、作品、ダンス監督、美術、歌曲賞にノミネートされた。

1990年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

アカデミー歌曲賞にノミネートされた”Cheek to Cheek“他のアーヴィング・バーリンの楽曲、マックス・スタイナーの優雅な曲の印象的だ。

また、ウディ・アレンの「カイロの紫のバラ」(1985)やフランク・ダラボンの「グリーンマイル」(1999)で本作がオマージュ的に使われるなど、国民に愛されている名作であることも確認しておきたい。

常に陽気で前向きなダンサー、無駄のない動作や軽快なステップで楽しませてくれるフレッド・アステア、華麗な衣装に身を包む、軽やかな身のこなしと美しさで画面を占領するジンジャー・ロジャース、間の抜けたプロデューサー役がはまっているエドワード・エヴェレット・ホートン、その妻で、夫を手玉に取るヘレン・ブロデリック、ファッション・デザイナーのエリック・ローデス、プロデューサーの付き人として笑わせてくれるエリック・ブロア、そして、花屋の店員でルシル・ボール、ダンサーなどでデニス・オキーフが端役出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020