4298 Movies

地獄の黙示録 Apocalypse Now (1979)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1899年に発表された、ジョゼフ・コンラッドの中編小説”闇の奥”を基に、舞台をベトナム戦争に置き換えて製作された作品。
ベトナム戦争末期、カンボジアに潜み神と崇められながら軍を指揮する、アメリカ軍大佐殺害を命じられた将校の見た狂気の現実を描く、製作、監督、脚本、音楽フランシス・フォード・コッポラ、主演マーロン・ブランドロバート・デュヴァルマーティン・シーン他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)

マーロン・ブランド / Marlon Brando / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:フランシス・フォード・コッポラ
製作:フランシス・フォード・コッポラ
原作:ジョゼフ・コンラッド闇の奥
脚本
ジョン・ミリアス

フランシス・フォード・コッポラ
撮影:ヴィットリオ・ストラーロ
編集
リチャード・マークス

リサ・フラックマン
ジェラルド・B・グリーンバーグ

ウォルター・マーチ
美術・装置
ディーン・タヴォウラリス

アンジェロ・P・グラハム
ジョージ・R・ネルソン
音楽
カーマイン・コッポラ

フランシス・フォード・コッポラ

出演
ウォルター・E・カーツ大佐:マーロン・ブランド

ビル・キルゴア中佐:ロバート・デュヴァル
ベンジャミン・L・ウィラード大尉:マーティン・シーン
ジェイ“シェフ”ニックス:フレデリック・フォレスト
ランス・B・ジョンソン:サム・ボトムズ
タイロン“クリーン”ミラー:ローレンス・フィッシュバーン(ラリー・フィッシュバーン)
ジョージ“チーフ”フィリップス:アルバート・ホール

ルーカス大佐:ハリソン・フォード
コーマン中将:G・D・スプラドリン
アメリカ人カメラマン:デニス・ホッパー
ジェリー:ジェリー・ジースマー
リチャード・M・コルビー大尉:スコット・グレン
配給係の軍曹:トム・メイソン
キャリー・フォスター/プレイメイト・オブ・ザ・イヤー:シンシア・ウッド

プレイメイト/ミス・5月:コリーン・キャンプ
ヘリコプター・パイロット:R・リー・アーメイ
テレビ・クルー:フランシス・フォード・コッポラ
テレビ・カメラマン:ヴィットリオ・ストラーロ
エキストラ:チャーリー・シーン

ジョニー:ジェリー・ロス
ローチ:ハーブ・ライス
負傷兵:ロン・マックイーン

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1979年製作 153分
公開
北米:1979年8月15日
日本:1980年2月23日
製作費 $31,500,000
北米興行収入 $83,471,510


アカデミー賞 ■
第52回アカデミー賞
・受賞
撮影・録音賞
・ノミネート
作品・監督
助演男優(ロバート・デュヴァル
脚色・美術・編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ベトナム戦争下、サイゴン
アメリカ陸軍特殊作戦コマンドのベンジャミン・L・ウィラード大尉(マーティン・シーン)は、妻と離婚後に戦地に復帰し、ホテルで空虚な日々を送っていた。

情報司令部への出頭を命ぜられたウィラードは、司令官のコーマン中将(G・D・スプラドリン)と副官ルーカス大佐(ハリソン・フォード)の元に向かう。

ルーカスに、CIAの作戦に参加したことがあるかを聞かれたウィラードはそれを否定し、ジェリー(ジェリー・ジースマー)という男を交えて食事を始める。

ウィラードは、特殊部隊の作戦将校ウォルター・E・カーツ大佐(マーロン・ブランド)についての説明と傍受した彼のテープの声を聴く。

カーツは、カンボジアに潜入して現地の軍隊を指揮し、神と崇められているということであり、それを軍側は不健全だと判断した。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ベトナム戦争下、サイゴン
アメリカ陸軍特殊作戦コマンドのウィラード大尉は、カンボジアに潜入して現地の軍隊を指揮し、神と崇められているという特殊部隊の作戦将校ウォルター・E・カーツ大佐の殺害を命ぜられる。
ウィラードは、数名の兵士と共に河川哨戒艇で川を上るため、合流した空挺部隊キルゴア中佐に護衛を要請する。
川を上り始めたウィラードは、超エリートであるカーツが、なぜベトナムで考えを変えてしまったのか、それが理解できないまま目的地に向かうのだが・・・。
__________

1970年代に若くして大きな成功を収めたフランシス・フォード・コッポラが、私財を投じて製作した作品で、先の見えない戦争の狂気の実態、アメリカ人が思う戦争から受けた影響などを描いた問題作。

撮影は1976年の3月から始まり、約3年半後の公開まで製作には困難を極めた。

公開当時から賛否両論ある作品で、戦争に対する政府への批判的メッセージが多く見られる中で、残虐性など排除しない映像にも拘らず、”美しさ”さえ感じさせる描写などが印象的だ。
撮影を担当したヴィットリオ・ストラーロの功績が大きい。

製作に苦労した作品は製作費の3150万ドルを大きく上回る、北米興行収入約8400万ドルのヒットとなった。

第52回アカデミー賞では、撮影、録音賞を受賞した。
・ノミネート
作品・監督
助演男優(ロバート・デュヴァル
脚色・美術・編集賞

また、ゴールデングローブ賞で監督賞フランシス・フォード・コッポラ、助演男優賞ロバート・デュヴァル、作曲賞カーマイン・コッポラが受賞、第32回カンヌ国際映画祭パルム・ドール、国際映画批評家連盟賞をフランシス・フォード・コッポラが受賞した。

2000年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

写真以外では、上映開始後、約115分のところでようやく登場する、圧倒的な存在感で画面を支配する雰囲気のあるカーツ大佐役のマーロン・ブランドは、異様な人物を強調するため、殆ど顔の全体が映らない工夫がされている。

アメリカの戦争に対するいい加減さを強調するような人物を、出番は少ないが熱演する空挺部隊指揮官ロバート・デュヴァル、主人公と言える、苦悩しながらカーツ大佐殺害の任務を実行する将校を好演するマーティン・シーン、彼を護衛する兵士フレデリック・フォレストサム・ボトムズローレンス・フィッシュバーン(撮影当時15~16歳というのが信じられない)、アルバート・ホール、主人公に命令を下す司令官(G・D・スプラドリン)の副官ハリソン・フォード、カーツの王国に滞在するカメラマン、デニス・ホッパー、主人公に命令を下す工作員と思える謎の男ジェリー・ジースマー、カーツ大佐と行動を共にする将校スコット・グレン、プレイメイトのシンシア・ウッドコリーン・キャンプ、ヘリコプター・パイロットのR・リー・アーメイ、テレビのクルーでフランシス・フォード・コッポラヴィットリオ・ストラーロ、そしてチャーリー・シーンがエキストラ出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020