4511 Movies

テン 10 (1979)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ハリウッドで成功している作曲家が、自分が考える10点満点の美女に出会ったことから巻き起こる騒動を描く、製作、監督、脚本ブレイク・エドワーズ、主演ダドリー・ムーアボー・デレクジュリー・アンドリュースロバート・ウェッバー他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ブレイク・エドワーズ
製作
ブレイク・エドワーズ

トニー・アダムス
脚本:ブレイク・エドワーズ
撮影:フランク・スタンリー
編集:ラルフ・E・ウィンタース
音楽:ヘンリー・マンシーニ
主題歌 :Song from 10 (It’s Easy to Say)

出演
ジョージ・ウェバー:ダドリー・ムーア
ジェニファー・マイルズ・ハンリー:ボー・デレク
サマンサ・テイラー:ジュリー・アンドリュース
ヒュー:ロバート・ウェッバー
デヴィッド・ハンリー:サム・J・ジョーンズ
メアリー·ルイス:ディー・ウォレス
ドナルド:ブライアン・デネヒー
牧師:マックス・ショウォルター
隣人:ドン・カルファ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1979年製作 122分
公開
北米:1979年10月5日
日本:1980年3月1日
製作費 $7,000,000
北米興行収入 $74,865,520


アカデミー賞 ■
第52回アカデミー賞
・ノミネート
作曲・歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
アカデミー賞を4度も受賞している作曲家ジョージ・ウェバー(ダドリー・ムーア)は、恋人で舞台のミュージカル・スター、サマンサ・テイラー(ジュリー・アンドリュース)や作詞家のヒュー(ロバート・ウェッバー)ら友人達に42歳の誕生日を祝ってもらうものの、空しさを感じるだけだった。

パーティーを開いてくれたヒューの家に泊まったジョージは、翌日、暫く仕事をして家に向かう。

途中ジョージは、信号待ちしている際に横に止まった車に乗る、ウエディング・ドレスを着た女性(ボー・デレク)が気になり彼女を追う。

女性の車が教会で止まったことに気を取られていたジョージは、パトカーと衝突してしまう。

警官に免許証の期限切れを指摘され、車検証もなしで無謀運転だと言われ違反切符を切られる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
アカデミー賞を4度も受賞している作曲家ジョージ・ウェバーは、舞台のミュージカル・スター、サマンサと恋愛関係だったが、常に女性のことを考えながら日々を送っていた。
そんなジョージは、車で信号待ちしている際、横に止まった車に乗っていた、ウエディングドレスを着た女性ジェニファーに惹かれてしまう。
その後、サマンサとの関係もギクシャクするジョージは、ジェニファーが新婚旅行中のメキシコに向かうのだが・・・。
__________

大ヒット・コメディ”ピンクパンサー”シリーズが前年に終了したブレイク・エドワーズが、製作、監督、脚本を兼ねた爆笑コメディで、お色気もふんだんに盛り込んだ大人の恋物語。

出演者の個性を生かし笑いのツボを押さえた、軽快で無駄のないブレイク・エドワーズの演出を存分に楽しめる。

観客も大いに期待した”美女”が、魅力に欠ける女性だと分かるくだりがあっさりし過ぎで、それが余りに早く訪れてしまうのがやや残念。

ブレイク・エドワーズ作品ではお馴染みである、ヘンリー・マンシーニの軽やかな音楽も印象的だ。

第52回アカデミー賞では、そのヘンリー・マンシーニが作曲、歌曲賞にノミネートされた。

北米興行収入は約7500万ドルのヒットとなった。

お得意の、今一冴えない酔っ払いの役で今回も楽しませてくれるダドリー・ムーアは、得意のピアノ演奏なども存分に披露してくれる芸達者ぶりも見ものだ。

全てが完璧に思える美女ボー・デレク(意外にも小柄162cm)、ブレイク・エドワーズ夫人である、主人公の恋人でミュージカル・スター、そして主題歌も歌うジュリー・アンドリュース、主人公の友人でゲイの作詞家ロバート・ウェッバー、ヒロインの夫サム・J・ジョーンズメキシコで主人公と出会う女性ディー・ウォレス、主人公と話の合うバーテンダー、ブライアン・デネヒー、牧師マックス・ショウォルター、隣人ドン・カルファなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021