4350 Movies

桑港 San Francisco (1936)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

20世紀初頭のサンフランシスコを舞台に、クラブ経営者である街の顔役と歌手の恋愛を描きながら、歴史的な大地震に遭遇する二人の運命を描く、製作、監督W・S・ヴァン・ダイク、主演クラーク・ゲーブルジャネット・マクドナルドスペンサー・トレイシージャック・ホルト他共演のドラマ。


ドラマ

クラーク・ゲーブル / Clark Gable / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:W・S・ヴァン・ダイク
製作
W・S・ヴァン・ダイク

ジョン・エマーソン
バーナード・H・ハイマン
脚本
ロバート・E・ホプキンス

アニタ・ルース
撮影:オリヴァー・T・マーシュ
編集:トム・ヘルド
音楽
ハーバート・ストサート

エドワード・ウォード
ブロニスラウ・ケイパー
ワルター・ユルマン

出演
ブラッキー・ノートン:クラーク・ゲーブル

メアリー・ブレイク:ジャネット・マクドナルド
ティム・マリン神父:スペンサー・トレイシー
ジャック・バーリー:ジャック・ホルト
メイジー・バーリー:ジェシー・ラルフ
マット:テッド・ヒーリー
トリクシー:シャーリー・ロス
ベイブ:ハロルド・ヒューバー
デラ・ベイリー:マーガレット・アーヴィング
保安官:エドガー・ケネディ
レッド・ケリー:ラッセル・シンプソン

アメリカ 映画
配給 MGM

1936年製作 115分
公開
北米:1936年6月26日
日本:1936年12月16日
製作費 $1,300,000
北米興行収入 $2,868,000


アカデミー賞 ■
第9回アカデミー賞
・受賞
録音賞
・ノミネート
作品・監督・助監督
主演男優(スペンサー・トレイシー
原案賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1905年大晦日、サンフランシスコ
クラブのオーナーでギャンブラーでもあるブラッキー・ノートン(クラーク・ゲーブル)は火事が起きたことを知る。

それが自分の店でないことを確認したブラッキーは、新年に沸く人混みをかき分けて、バーバリー・コーストのクラブ”パラダイス”に向かう。

職を求めて来た歌手のメアリー・ブレイク(ジャネット・マクドナルド)に会ったブラッキーは、彼女の声が気に入り集75ドルで雇う。

気絶してしまったメアリーは食事を与えられ、ブラッキーは、彼女の素性などを聞く。

ブラッキーに迫られそうになったメアリーは去ろうとするが、彼に引き留められる。

行き先もないメアリーは、ブラッキーからその場に泊まるように言われてそれに従う。

翌日、幼馴染のティム・マリン神父(スペンサー・トレイシー)と共にボクシング・ジムでひと汗流したブラッキーは、現れた街の名士達から、建物改革委員に立候補してほしいと頼まれる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1905年大晦日、サンフランシスコ
クラブのオーナーでギャンブラーでもあるブラッキー・ノートンは、街が火事で混乱する中、新年を迎える。
そんなブラッキーは、歌手の職を求めるメアリーの歌声が気に入り彼女を雇う。
ブラッキーはメアリーに惹かれるが、彼女は、ブラッキーの威圧的で粗暴な態度を受け入れられない。
富豪である街の実力者バーリーは、建物改革委員に立候補したブラッキーをよく思わない。
メアリーが気に入ったバーリーは、所有する”ティヴォリ劇場”で彼女を歌わせようとするが、契約があると言うブラッキーはそれを許さない。
ブラッキーの幼馴染で神父のマリンは、悪党と言われるブラッキーを善の心の持ち主と考えていた。
マリンはメアリーの幸せを願い、彼女に対するブラッキーの強引な態度を正そうとするのだが・・・。
__________

サンフランシスコ地震”が起きるまでの数か月間を描くドラマは、MGMの製作ということもあり、ミュージカルの要素も含めた娯楽大作となっている。

誰もかなわない圧倒的な雰囲気を持つクラーク・ゲーブルの個性と、正に、歌姫として当時絶頂期であったジャネット・マクドナルドの歌唱力を生かした、W・S・ヴァン・ダイクの力強い演出と脚本は見事だ。

大地震から30年経った時期に製作された作品であるため、もちろんサンフランシスコの街は再建、復興している。
その様子は、ラストで高層ビルも建つ街並みとして登場する。
大災害の苦しみや悲しみを乗り越えた人々を称える内容であり、大恐慌で疲弊しきっている当時の国民を、どれだけ励ましたことか想像できる。

クライマックスの地震のシーンは、当時を考えると驚異の映像とも言える素晴らしい出来栄えだ。

130万ドルという巨費が投じられた本作は、北米興行収入だけで約287万ドルの大ヒットとなった。

第9回アカデミー賞では、録音賞を受賞し、作品、監督、助監督、主演男優(スペンサー・トレイシー)、原案賞にノミネートされた。

主人公クラーク・ゲーブルの幼馴染であり、悪人と言われる友の善の心を信じる神父を好演するスペンサー・トレイシーは、アカデミー賞で主演と考えるのはやや疑問を感じるが、彼が演ずる人物の考えが、物語の行方を左右しているところなどが興味深い。

主人公と敵対する富豪ジャック・ホルト、その母親ジェシー・ラルフ、主人公の部下テッド・ヒーリーハロルド・ヒューバー、クラブのダンサー、シャーリー・ロス、主人公の支持者マーガレット・アーヴィング、保安官エドガー・ケネディ、街の名士ラッセル・シンプソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020