4478 Movies

最後の猿の惑星 Battle for the Planet of the Apes (1973)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1963年に発表された、ピエール・ブールのSF小説”猿の惑星”を基に製作されたSF映画の傑作「猿の惑星」シリーズの第5作である最終作。
猿と人間の共存社会と核戦争後の生存者であるミュータントとの戦いを描く、監督J・リー・トンプソン、主演ロディ・マクドウォールクロード・エイキンスリュー・エアーズポール・ウィリアムズジョン・ヒューストン他共演のSF映画。


SF


スタッフ キャスト
監督:J・リー・トンプソン

製作:アーサー・P・ジェイコブス
原作:ピエール・ブール(キャラクター創造)
脚本
ジョン・ウィリアム・コリントン
ジョイス・フーパー・コリントン
ポール・デーン
撮影:リチャード・H・クライン
編集
アラン・L・ジャッグス
ジョン・C・ホージャー
音楽:レナード・ローゼンマン

出演
シーザー:ロディ・マクドウォール
アルドー:クロード・エイキンス
リサ:ナタリー・トランディ
コルプ:セヴァーン・ダーデン
マンデマス:リュー・エアーズ
ヴァージル:ポール・ウィリアムズ
立法者:ジョン・ヒューストン
ブルース・マクドナルド:オースティン・ストーカー
エイブ:ノア・キーン
ミュータントの指揮官:リチャード・イーストハム
アルマ:フランス・ニュイエン
メンデス:ポール・スティーヴンズ
ターニャ医師:ヘザー・ロウ
コーネリアス:ボビー・ポーター
ジェイク:マイケル・スターンズ
兵士:カル・ウィルソン
リサの使用人:コリーン・キャンプ
ジーラ:キム・ハンター(影像)
オットー・ハスライン博士:エリック・ブリーデン(影像)
ウエイター:ルー・ワグナー(影像)
チンパンジーの少年:パット・カーディ
ジェイクの友人:ジョン・ランディス

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1973年製作 93分
公開
北米:1973年6月15日
日本:1973年7月21日
製作費 $1,800,000
北米興行収入 $8,844,600


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
2670年、北アメリカ。
立法者(ジョン・ヒューストン)は語る。
人間は神の教えに背き戦争を始め、猿にも敵意を抱き奴隷にした。
怒った神は、救世主として口のきける猿コーネリアスとジーラを過去に送り込むものの、人間は彼らを恐れて殺した。
しかし、彼らの子供は無事に成長し、奴隷化されていた猿を人間から解放した。
地球は史上初めての戦いで荒廃し、大都市は壊滅する。
神の意思に従う猿の救世主シーザー(ロディ・マクドウォール)は生存者を集め、山林地帯で人間との共存を図った。
__________

シーザーが”猿の惑星”の誕生を宣言してから約10年後。
核戦争後、争いを止めた猿と人間の生き残りは共同生活をしていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「猿の惑星」(1968)
・「続・猿の惑星」(1970)
・「新・猿の惑星」(1971)
・「猿の惑星・征服」(1972)
・「最後の猿の惑星」(1973)
————————-
・「PLANET OF THE APES/猿の惑星」(2001)
————————-
・「猿の惑星:創世記」(2011)
・「猿の惑星:新世紀」(2014)
・「War of the Planet of the Apes」(2017)

*(簡略ストー リー)
2000年代初頭。
シーザーが”猿の惑星”の誕生を宣言してから約10年後。
核戦争後、争いを止めた猿と人間の生き残りは共同生活をしていた。
人間の補佐マクドナルドから、両親コーネリアスとジーラの映像が残っていることを知らされたシーザーは、禁断地帯である廃墟となった都市に向かう。
その場で両親の映像を確認し、消滅する地球の未来を知ったシーザーは、放射能の影響を受けたミュータント化した人間に襲われる。
人間の統治者コルプは、かつて対面していたシーザーが地球の未来の脅威になると考え、彼らの町への攻撃を決意する。
禁断地帯から逃れたシーザーは、交戦的なゴリラのリーダー、アルドーの扱いに梃子摺りながら、ミュータントとの戦いに備える・・・。
__________

人類滅亡と地球の消滅が描かれる、壮大なシリーズの最終作。

内容はともかく、最終章を飾る物語して、それを語るオランウータンの長老に扮するジョン・ヒューストン、また、指導者に忠誠を誓い武器保管庫を管理するリュー・エアーズなどが登場し、重厚な雰囲気をだそうとしている努力は窺える。

前作でスケール感がなくなり、それをカバーしようとする激しい戦いなどで見せ場はあるものの、共存、平和、そして戦い、復讐が入り混じる、焦点が定まらない内容が気になる。

前作に続くJ・リー・トンプソンの演出も平凡で、1970年代初頭の作品ということを考慮しても、戦いのシーンを含めてB級作品的であり、心なしか、猿のメイクも以前の作品よりも質が落ちたようにも思える。

猿と人間が共存する社会の指導者ロディ・マクドウォール、彼に反抗する好戦的なゴリラのリーダー、クロード・エイキンス、主人公の妻ナタリー・トランディ、ミュータントの統治者で前作にも出演したセヴァーン・ダーデン、武器庫を守るオランウータンのリュー・エアーズ、オランウータンの有識者ポール・ウィリアムズ、物語を語るオランウータンの立法者ジョン・ヒューストン、主人公の補佐である人間のオースティン・ストーカー、教師ノア・キーン、ミュータントの統治者の補佐ポール・スティーヴンズフランス・ニュイエン、指揮官リチャード・イーストハム、主人公の召使いコリーン・キャンプ、映像としてキム・ハンターエリック・ブリーデンルー・ワグナー、そして、ジョン・ランディスが端役出演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021