4354 Movies

猿の惑星・征服 Conquest of the Planet of the Apes (1972)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1963年に発表された、ピエール・ブールのSF小説”猿の惑星”を基に製作されたSF映画の傑作「猿の惑星」シリーズの第4作。
猿が人間の奴隷となった社会で、話せる猿として成長したコーネリアスとジーラの息子シーザーが、猿の支配する世界を作ろうとする戦いを描く、監督J・リー・トンプソン、主演ロディ・マクドウォールドン・マレーリカルド・モンタルバン他共演のSF映画。


SF


スタッフ キャスト
監督:J・リー・トンプソン

製作:アーサー・P・ジェイコブス
原作:ピエール・ブール(キャラクター創造)
脚本:ポール・デーン
撮影:ブルース・サーティース
編集
マージョリー・ファウラー
アラン・L・ジャッグス
音楽:トム・スコット

出演
シーザー:ロディ・マクドウォール
ブレック:ドン・マレー
アルマンド:リカルド・モンタルバン
リサ:ナタリー・トランディ
マクドナルド:ハリー・ローズ
コルプ:セヴァーン・ダーデン
ウエイター:ルー・ワグナー
委員長:ジョン・ランドルフ
ライリー夫人:エイサ・メイナー
ホスキンズ:H・M・ワイナント
アルドー:デイヴィッド・チャウ
フランク:バック・カータリアン
警官:ジョン・デニス

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1972年製作 88分
公開
北米:1972年6月30日
日本:1972年7月22日
製作費 $1,700,000
北米興行収入 $9,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1991年、北アメリカ。
人間が猿を奴隷化して管理している社会。
サーカスの団長アルマンド(リカルド・モンタルバン)は、約20年前に、コーネリアスとジーラから息子シーザー(ロディ・マクドウォール)を預かり可愛がっていた。

殺された両親と同じように口をきけるシーザーは、アルマンドの指示で、原始的な猿の振りをするよう言われていた。

ペットであったはずの猿が虐げられながら生活する姿を街で初めて見たシーザーは、8年前に、犬と猫が宇宙飛行士が持ち帰ったウィルスにより絶滅したことをアルマンドから知らされる。

人間と猿には免疫があり、ペットとなった猿は知能が高くそれに適していたため、エスカレートして現在のようになったことで、アルマンドはシーザーを匿っていたのだった。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

参考:
・「猿の惑星」(1968)
・「続・猿の惑星」(1970)
・「新・猿の惑星」(1971)
・「猿の惑星・征服」(1972)
・「最後の猿の惑星」(1973)
————————-
・「PLANET OF THE APES/猿の惑星」(2001)
————————-
・「猿の惑星:創世記」(2011)
・「猿の惑星:新世紀」(2014)
・「War of the Planet of the Apes」(2017)

*(簡略ストー リー)
1991年、北アメリカ。
人間が猿を奴隷化して管理している社会。
約20年前に殺されたコーネリアスとジーラの息子シーザーは、サーカスの団長アルマンドに育てられ、両親と同じく口がきける猿として成長した。
アルマンドと共に初めて街に向かったシーザーは、奴隷として虐待を受けている猿達の現状に怒りを感じ、人間を侮辱する言葉を発してしまう。
罪を被ろうとしたアルマンドは出頭することを考え、シーザーに猿の世界に紛れ込むようにと指示する。
統治者ブレックの尋問を受けたアルマンドは、シーザーの件を隠し通した末に死亡する。
管理センターで優秀さを認められ、競売でブレックに買い取られたシーザーはアルマンドの死を知る。
悲しみと共に怒りが込み上げたシーザーは、遂に革命を起こすことを考えるのだが・・・。
__________

前作で語られた、人間の猿の奴隷化が現実になった社会の変革期と、指導者の出現で革命を起こそうとする、猿達の支配が始まる日までが描かれている作品。

ナバロンの要塞」(1961)や「マッケンナの黄金」(1969)など、スケール感のあるアクション大作も手掛けるJ・リー・トンプソンの演出なのだが、ある都市の狭い空間で起きた事件であるため、壮大なテーマである”猿の惑星誕生”が宣言されるラストも、やや拍子抜けしてしまう。

奇抜なアイデアで楽しめる前作は別として、シリーズの基本とも言える、野性味を感じさせる描写を生かせないところも問題で、近代都市が猿で溢れている光景などは違和感しか感じない。

興行収入も落ち込み、人気シーリーズも遂に終焉を迎えるのかと思わせながら最終作に続く。

知性と統率力で猿の支配者となるするロディ・マクドウォール、猿の奴隷化を管理する統治者ドン・マレー、主人公を預かり育てたサーカスの団長リカルド・モンタルバン、第二作目以降、全作に出演する主人公が思いを寄せるチンパンジー役のナタリー・トランディ、猿を擁護する統治者の補佐ハリー・ローズ、主任監察官セヴァーン・ダーデン、チンパンジーのウエイター役で、第一作でジーラの甥を演ずるルー・ワグナー、大統領査問委員会委員長ジョン・ランドルフなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020