4354 Movies

猿の惑星:創世記(ジェネシス) Rise of the Planet of the Apes (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

SF映画の傑作「猿の惑星」(1968)をベースに製作された、「Planet of the Apes」(2001)から10年、関連性は感じさせる新たなシリーズとして製作された作品。
ジェームズ・フランコアンディ・サーキスフリーダ・ピントージョン・リスゴーブライアン・コックス共演。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:ルパート・ワイアット
製作総指揮:トーマス・H・ハンメル
製作
アマンダ・シルヴァー
リック・ジャッファ
ピーター・チャーニン
ディラン・クラーク
脚本
アマンダ・シルヴァー
リック・ジャッファ
撮影:アンドリュー・レスニー
編集
コンラッド・バフ
マーク・ゴールドブラット
音楽:パトリック・ドイル

出演
ウィル・ロッドマン:ジェームズ・フランコ
シーザー:アンディ・サーキス
キャロライン・アランハ:フリーダ・ピントー
チャールズ・ロッドマン:ジョン・リスゴー
ジョン・ランドン:ブライアン・コックス
ドッジ・ランドン:トム・フェルトン
スティーヴン・ジェイコブス:デヴィッド・オイェロウォ
ロバート・フランクリン:タイラー・ラビーン
ロドニー:ジェイミー・ハリス
ダグラス・ハンシカー:デヴィッド・ヒューレット
ジョン・ハミル:タイ・オルソン
アリス・ハンシカー:マディソン・ベル
トッド・ハンシカー:ジョーイ・ロッチェ
モーリス:カリン・コノヴァル
ロケット:テリー・ノタリー
バック:リチャード・ライディングス
コバ:クリストファー・ゴードン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
2011年製作 105分
公開
北米:2011年8月5日
日本:2011年10月7日
製作費 $93,000,000
北米興行収入 $176,740,700
世界 $468,969,480


アカデミー賞 ■
第84回アカデミー賞
・ノミネート
視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
サンフランシスコ
バイオテクノロジー企業”ジェネシス”の研究員である科学者ウィル・ロッドマン(ジェームズ・フランコ)は、実験用のチンパンジーにアルツハイマー病の新薬を投与してその開発を進めていた。

同僚のロバート・フランクリン(タイラー・ラビーン)は、9番、通称”ブライト・アイズ”の、驚くべき知能の発達に気づき、それを知ったウィルは、上司のスティーヴン・ジェイコブス(デヴィッド・オイェロウォ)に報告する。

興奮するウィルは、ジェイコブスに臨床試験の許可を求めるが、莫大な開発費がかかっている研究に失敗は許されず、ことは慎重に進められる。

データを提出したウィルは、理事会でそれを発表して、アルツハイマーの特効薬が完成する日が近いことを伝える。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

参考:
・「猿の惑星」(1968)
・「続・猿の惑星」(1970)
・「新・猿の惑星」(1971)
・「猿の惑星・征服」(1972)
・「最後の猿の惑星」(1973)
————————-
・「PLANET OF THE APES/猿の惑星」(2001)
————————-
・「猿の惑星:創世記」(2011)
・「猿の惑星:新世紀」(2014)
・「War of the Planet of the Apes」(2017)

*(簡略ストー リー)
サンフランシスコ
バイオテクノロジー企業”ジェネシス”の科学者ウィル・ロッドマンは、チンパンジーを使う実験で、アルツハイマー病の新薬を開発していた。
薬を投与されたチンパンジーの、驚くべき知能の発達に気づいたウィルは、上司ジェイコブスにそれを伝え、臨床試験の許可を得ようとする。
理事会にかけられたこの件だったが、薬を投与されたチンパンジーが突如として凶暴になり、研究室を脱出して暴れ回り、ウィルらの目の前で射殺される。
研究は中止命令が出てしまい、ウィルは、そのチンパンジーに産まれたばかりの子供がいることを知り、自宅に連れて行き観察を続ける。
3年後、シーザーと名づけられたチンパンジーの、驚くべき知能の発達を確認したウィルは、アルツハイマーを患う父チャールズに、新薬を投与し、その成果を確認する。
ウィルは、自分がペットではないことを自覚するシーザーと、恋人の霊長類学者のキャロラインの前で、彼の出生と高い知能の秘密である研究の全てを伝える。
それが危険なことだと指摘するキャロラインの予想通り、シーザーは隣人を傷つけてしまう。
そして、シーザーは保護施設に収容され、自分に危害を加える人間に敵意を抱き始める・・・。
__________

最新のVFXを駆使した斬新な映像は迫力満点であり、先端技術と自然界の見事なマッチング、その視覚的な素晴らしさは目を見張る。

動物が、短時間で人間の知能を上回ってしまうという設定だけに、そのリーダーとなるシーザーが、凶暴になるだけでなく、思慮深さや指揮官としての統率力を、少しずつ発揮していく描写など、大抜擢された、ルパート・ワイアットの丁寧な演出も注目だ。

着ぐるみとメイクではない、オールCGのチンパンジー達はよく出来てはいるが、やはり、作り物に見えてしまうのは致し方ないところだろうか。

しかし、あれだけのスピード感とスリルを表現する映像を見れば、それも納得できる。

第84回アカデミー賞では、視覚効果賞にノミネートされた。

北米興行収入は約1億7700万ドル、全世界では約4億6900万ドルの大ヒットとなった。

製作費 $93,000,000

ラストで、ウィルスが世界中に蔓延していくことが暗示れる。
10年前も続編の製作を確信していたが、本作の続編は早くも待ち遠しい、それほど大いに期待できる終わり方だ。

終盤の主役シーザー達の活躍を邪魔することなく、それを見守る若き科学者ジェームズ・フランコと、その恋人で霊長類学者のフリーダ・ピントーは、抑え気味な演技ながら好演している。

この手の作品の第一人者とも言える、シーザーを演ずるアンディ・サーキス、主人公の父親ジョン・リスゴー、霊長類保護センターの責任者ブライアン・コックス、その息子でチンパンジーを虐待するトム・フェルトン、主人公の上司デヴィッド・オイェロウォ、同僚タイラー・ラビーン、センターの飼育員ジェイミー・ハリス、主人公の隣人デヴィッド・ヒューレット、警官タイ・オルソン、オランウータンのカリン・コノヴァル、センターの前支配者テリー・ノタリー、ゴリラのリチャード・ライディングス、新薬を投与されるクリストファー・ゴードンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020