4451 Movies

続・猿の惑星 Beneath the Planet of the Apes (1970)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1963年に発表された、ピエール・ブールのSF小説”猿の惑星”を基に製作されたSF映画の傑作「猿の惑星」(1968)の続編。
支配者である猿と進化して地底で生息していた人間との戦いを描く、監督テッド・ポスト、主演ジェームズ・フランシスカスキム・ハンターモーリス・エヴァンスリンダ・ハリソンチャールトン・ヘストン他共演のSF映画。


SF


スタッフ キャスト
監督:テッド・ポスト

製作:アーサー・P・ジェイコブス
原作
ピエール・ブール(キャラクター創造)
ポール・デーン
モート・エイブラハムズ
脚本
ポール・デーン
モート・エイブラハムズ
撮影:ミルトン・R・クラスナー
編集:マリオン・ロスマン
音楽:レナード・ローゼンマン

出演
ジョン・クリストファー・ブレント少佐:ジェームズ・フランシスカス
ジーラ:キム・ハンター
ザイアス博士:モーリス・エヴァンス
ノーヴァ:リンダ・ハリソン
メンデス:ポール・リチャーズ
アディポソ:ビクター・ブオノ
ウルサス将軍:ジェームズ・グレゴリー
ジョージ・テイラー大佐:チャールトン・ヘストン
キャスペイ:ジェフ・コーリー
アルビナ:ナタリー・トランディー
聖職者:トーマス・ゴメス
コーネリアス:デイヴィッド・ワトソン
オンガロ:ドン・ペドロ・コリー
ドノヴァン・マドックス大佐:トッド・アンドリューズ
ヴェルジェ:グレゴリー・シエラ
コーネリアス(冒頭の映像):ロディ・マクドウォール
ナレーター:ポール・フリーズ

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1970年製作 95分
公開
北米:1970年5月26日
日本:1970年8月1日
製作費 $4,675,000
北米興行収入 $18,999,720


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
猿が支配する惑星。
禁断地帯を調べたアメリカの宇宙飛行士ジョージ・テイラー(チャールトン・ヘストン)は、人質に取っていたザイアス博士(モーリス・エヴァンス)から、人間が猿に支配された理由を追及するべきではないと言われる。

それを無視したテイラーは、ジーラ(キム・ハンター)とコーネリアス(ロディ・マクドウォール)に別れを告げ、ノーヴァ(リンダ・ハリソン)と共に馬に乗り旅立つ。

ザイアスを解放したジーラは、テイラーが何を見つけるのかを尋ねる。

ザイアスは答える、”彼の運命だ”と。

海岸線を進んだテイラーは、やがてザイアスの予言通り、驚くべき真実を知ることになる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「猿の惑星」(1968)
・「続・猿の惑星」(1970)
・「新・猿の惑星」(1971)
・「猿の惑星・征服」(1972)
・「最後の猿の惑星」(1973)
————————-
・「PLANET OF THE APES/猿の惑星」(2001)
————————-
・「猿の惑星:創世記」(2011)
・「猿の惑星:新世紀」(2014)
・「War of the Planet of the Apes」(2017)

*(簡略ストー リー)
猿が支配する惑星。
アメリカ人宇宙飛行士ジョージ・テイラー大佐は、人類が核戦争により滅んだことを知り、この惑星が地球であったために愕然とする。
ノーヴァと共に旅を続けたテイラーは、ある異常現象に遭遇して姿を消してしまう。
同じ頃、テイラーのルートをたどって不時着した宇宙飛行士ジョン・クリストファー・ブレント少佐は、テイラーと別れたノーヴァに出会い、彼女の案内である都市に向かう。
そこを猿が支配していたために驚いたブレントは、チンパンジーの科学者ジーラとコーネリアスの元に案内される。
ノーヴァと共に現れたブレントが言葉を話したことで、彼に興味を持ったジーラとコーネリアスは脱出の手助けをする。
その頃、軍を指揮するゴリラのウルサス将軍は、禁断地帯の占領を考えていた。
ノーヴァと共に都市から逃れたブレントは、テイラーを捜すために禁断地帯に向い、岩山の洞窟で、その場がニューヨークであることを知りショックを受ける。
その後ウルサスは、禁断地帯の占領に意見する科学庁長官ザイアス博士と共に進軍するのだが・・・。
__________

映画史上に残るSF映画として世界中に衝撃を与えた、「猿の惑星」(1968)の続編ということで大いに話題になった作品。

前作の余韻が冷めやらぬ中、そのイメージを壊さないように努力している、テッド・ポストの無難な演出がまずまず楽しめる作品。

本作にはなくてはならない登場人物テイラー役のチャールトン・ヘストンは脇役に回り、消息を絶った彼を捜す宇宙飛行士が主人公という設定。
チンパンジーの科学者夫婦ジーラとコーネリアス、オランウータンの科学庁長官ザイアス博士、そして、テイラーと行動を共にしていた人間の女性ノーヴァが、前作に続いて登場する。

続編の製作に意見したチャールトン・ヘストンは、主演を依頼されるものの出演すら断った。
しかし製作者側の強い要望があり、できる限り出番を減らし、地球が滅亡する前に死ぬ役を条件に出演したという経緯がある。

一作目ほどのインパクトはないが、当時の最先端技術を使った猿の特殊メイクは見事であり、新しいキャラクターとして、進化した人類の地底人も注目だ。

前作には及ばないものの、北米興行収入は約1900万ドルのヒットとなった。

消息を絶ったテイラー(チャールトン・ヘストン)と同じルートをたどり不時着した惑星で、彼と運命を共にするアメリカ人宇宙飛行士ジェームズ・フランシスカス、彼に協力するチンパンジーの学者キム・ハンター、その夫デイヴィッド・ワトソン、科学庁長官モーリス・エヴァンス、テイラーと別れ主人公と旅を続ける人間の女性リンダ・ハリソン、ゴリラ軍団を率いる将軍ジェームズ・グレゴリー、進化した地底人のリーダー、ポール・リチャーズ、地底人ビクター・ブオノジェフ・コーリーナタリー・トランディードン・ペドロ・コリーグレゴリー・シエラ、宇宙船船長トッド・アンドリューズ、ナレーターのポール・フリーズ、そして、本作のみコーネリアスを演じていないロディ・マクドウォールが、冒頭に、前作のクライマックス映像で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021