4311 Movies

猿の惑星: 新世紀 Dawn of the Planet of the Apes (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

2011年に公開された「猿の惑星:創世記」の続編。
知能と言葉を身につけた猿達と人間との戦いの始まりを描く、監督マット・リーヴス、主演アンディ・サーキスジェイソン・クラークゲイリー・オールドマンケリー・ラッセルトビー・ケベル他共演のSFアクション超大作。


SF

ゲイリー・オールドマン / Gary Oldman / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:マット・リーヴス
製作
ピーター・チャーニン
ディラン・クラーク
リック・ジャッファ
アマンダ・シルヴァー
製作総指揮
マーク・ボンバック
トーマス・M・ハメル
原作:ピエール・ブール猿の惑星
キャラクター創造
リック・ジャッファ
アマンダ・シルヴァー
脚本
リック・ジャッファ
アマンダ・シルヴァー
マーク・ボンバック
撮影:マイケル・セレシン
編集
ウィリアム・ホイ
スタン・サルファス
音楽:マイケル・ジアッキーノ

出演
猿(エイプ)
シーザー:アンディ・サーキス
コバ:トビー・ケベル
ブルーアイズ:ニック・サーストン
ロケット:テリー・ノタリー
モーリス:カリン・コノヴァル
コーネリア:ジュディ・グリア
アッシュ:ドック・ショウ
グレイ:リー・ロス

人間
マルコム:ジェイソン・クラーク
ドレイファス:ゲイリー・オールドマン
エリー:ケリー・ラッセル
アレキサンダー:コディ・スミット=マクフィー
カーヴァー:カーク・アセヴェド
フォスター:ジョン・アイズ
ケンプ:エンリケ・ムルシアーノ
フィニー:キーア・オドネル
マクベイ:ケヴィン・ランキン
ワーナー:ジョッコ・シムズ
テリー:ロンバルド・ボイアー
ウィル・ロッドマン:ジェームズ・フランコ

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
2014年製作 130分
公開
北米:2014年7月11日
日本:2014年9月19日
製作費 $170,000,000
北米興行収入 $208,545,590
世界 $708,835,590


アカデミー賞
第87回アカデミー賞

・ノミネート
視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
バイオテクノロジー企業”ジェネシス”が開発したウィルス”ALZ-113”に感染したチンパンジーは攻撃的になり、施設から逃亡して森に姿を隠した。

その後、猿インフルエンザが蔓延し、制圧に失敗したため、生存率は500分の1となる。

暴動が発生し、北米を含む28か国で戒厳令が発令され、ウィルスの蔓延により人類の90%が死滅する。

サンフランシスコ近郊、ミューア・ウッズ・ナショナル・モーメント
猿のコロニーを支配するリーダーである、チンパンジーのシーザー(アンディ・サーキス)は、息子ブルーアイズ(ニック・サーストン)と共に狩りをしていたが、巨大クマに襲われる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「猿の惑星」(1968)
・「続・猿の惑星」(1970)
・「新・猿の惑星」(1971)
・「猿の惑星・征服」(1972)
・「最後の猿の惑星」(1973)
————————-
・「PLANET OF THE APES/猿の惑星」(2001)
————————-
・「猿の惑星:創世記」(2011)
・「猿の惑星:新世紀」(2014)
・「War of the Planet of the Apes」(2017)

*(簡略ストー リー)
開発されたウィルスに感染した猿は攻撃的になり、森に姿を隠してから10年、蔓延したウィルスにより人類の90%は死滅した。
サンフランシスコ近郊、ミューア・ウッズ・ナショナル・モーメント
知能と言葉を身につけコロニーを作った猿のリーダー、シーザーは、電力を確保するため、ダムを稼働させようと考えて森に現れた人間のマルコムらを追い払う。
街に戻り、遭遇した猿が言葉を話し戦いを望まないと、生存者のリーダー、ドレイファスに伝えたマルコムだったが信じてもらえない。
電力を確保するため、3日でシーザーを説得することを約束したマルコムは、妻のエリーと息子のアレキサンダーを伴い再び森に向かう。
その頃、戦いを好まないシーザーに疑問を感じ始めたコバは、人間を脅威と考えて警戒する。
シーザーに会ったマルコムは、電力を回復したいだけだということを伝え、全てを失う可能性のある人間との戦争を、シーザーも回避しようとするのだが・・・。
__________

進化する猿に支配されていく人類の危機を描く新シリーズ「猿の惑星:創世記」(2011)の続編であり、前作の10年後の世界が舞台で、人類の殆どが死滅した設定であるため、人間の登場人物は一新している。

第一作の「猿の惑星」(1968)で驚異の特殊メイクと言われてから40年余り経過し、前作に続き本作でのコンピューター技術の進歩には驚くばかりで、そのリアルな映像は正に芸術的だ。

全て着ぐるみとメイクで猿を演じたスター達の苦労は、初期シリーズの公開当時、話題になったが、それをコンピューターで処理できる時代が来るとは想像していなかっただろう。

映像の素晴らしさは言うまでもなく、地球の運命をかけた物語が、無限に広がっていく内容と雰囲気などは引き込まれる。
その期待を十分に満足させてくれるマット・リーヴスの奥深い演出など、見応え十分の作品に仕上がっている。

製作費に1億7000万ドルをかけた超大作で、北米興行収入は2億ドルを超え、全世界では7億ドルを超える、前作を遥かに凌ぐメガヒットとなった。
*前作
北米興行収入 $176,740,650
世界 $468,969,479

第87回アカデミー賞では、視覚効果賞にノミネートされた。

カリスマ的指導者として猿の世界を支配するシーザーを演ずるアンディ・サーキス、彼の考えに従わないコバのトビー・ケベル、シーザーの息子ブルーアイズのニック・サーストン、シーザーに従う親友のロケット役テリー・ノタリー、教育者でもある平和主義者モーリスのカリン・コノヴァル、シーザーの妻ジュディ・グリア、ロケットの息子ドック・ショウ、コバを指示するリー・ロス、シーザーと親交を含める人間ジェイソン・クラーク、生存者のリーダー、ゲイリー・オールドマン、マルコム(ジェイソン・クラーク)の後妻であるCDC/疾病予防管理センターの元看護師ケリー・ラッセル、その義理の息子コディ・スミット=マクフィー、マルコムに同行する調査隊のカーク・アセヴェド、ジョン・アイズ、エンリケ・ムルシアーノキーア・オドネル、武器のチェックをしている際にコバに殺されるケヴィン・ランキンロンバルド・ボイアー、無線担当のジョッコ・シムズ、そして、前作でシーザーを育てた科学者ジェームズ・フランコが、映像と写真だけで登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020