4310 Movies

ウルトラヴァイオレット Ultraviolet (2006)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

謎のウィルス感染者とそれを倒そうとする権力者との戦いを描く、監督、脚本カート・ウィマー、主演ミラ・ジョヴォヴィッチキャメロン・ブライトニック・チンランドウィリアム・フィクナー他共演のSFアクション。


SF


スタッフ キャスト
監督:カート・ウィマー

製作:ジョン・バルデッチ
製作総指揮
スー・ジェット
チャールズ・ワン
トニー・マーク
脚本:カート・ウィマー
撮影:アーサー・ウォン
編集:ウィリアム・イェー
音楽:クラウス・バデルト

出演
ヴァイオレット・ソン・ジャット・シャリフ:ミラ・ジョヴォヴィッチ
シックス:キャメロン・ブライト
フェルディナンド・ダクサス枢機卿:ニック・チンランド
ガース:ウィリアム・フィクナー
ナーヴァ:セバスチャン・アンドリュー

アメリカ 映画
配給 ソ ニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
2006年製作 87分
公開
北米:2006年3月3日
日本:2006年6月24日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $18,535,810
世界 $31,070,210


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
2078年。
アメリカ兵器研究所が謎のウィルスを確認する。

兵士の増強剤を作ろうとして、恐ろしい感染症ウィルス”HGV/ヘモファージ・ウィルス”を生み出してしまい、それは瞬く間に感染して世界を変えてしまった。

世の中は、テロではなく感染に怯える時代となった。

感染を防ごうとする医療機関は、感染者”ファージ”には腕章をつけるよう義務付けた。

施設に収容されたファージの連絡は、その後、途絶えた。

妊娠を知った日に夫を奪われ、未来も人生もなくした女性は、流産させられた。

その女性は、生き残ったファージ達と地下に潜み反撃を開始した。

世界を支配する医療機関のトップであるフェルディナンド・ダクサス枢機卿(ニック・チンランド)は、ファージの生き残りによるテロ活動が活発化している報告を受ける。

医療機関側は、ファージを一瞬にして倒せる兵器が開発していた。

その兵器を運ぶ使命を受けた者に扮したファージのヴァイオレット・ソン・ジャット・シャリフ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、厳重な警備体制の中、検査を受ける。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
2078年。
謎のウィルスの感染者”ファージ”は政府により収容され、その後、連絡が途絶えていた。
しかし、その生き残りによるテロ活動が活発化していた。
医療機関のトップであるダクサス枢機卿は、ファージを一瞬にして倒せる兵器を開発した。
それを奪ったファージの女戦士ヴァイオレット・ソン・ジャット・シャリフは、兵器の入ったケースの中身が少年だったために驚く。
ファージを殺せる抗体を持った少年シックスを救えば、彼がダクサスを倒すカギになると考えたヴァイオレットは、危険と知りながら敵に立ち向かおうとするのだが・・・。
__________

スフィア」(1998)、「トーマス・クラウン・アフェアー」(1999)「リクルート」(2003)などの脚本家として知られるカート・ウィマーが監督した作品。

「リベリオン」(2002)での”ガン=カタ”によるアクションが話題になったカート・ウィマーが、再びそれを多用して見せる迫力映像が見どころの作品。

しかし、そのアクションを活かすことができないカート・ウィマーの脚本は陳腐であり、無敵の(強すぎる)主人公を演ずるミラ・ジョヴォヴィッチは、「バイオハザード」のヒロインとダブルばかりで新鮮味がない。

カート・ウィマーは本作で自信を失ったのか、その後の作品では脚本と製作しか担当していない。

人類支配のカギを握る殺人兵器として開発されたクローン少年のキャメロン・ブライト、彼を利用して世界支配を企む枢機卿のニック・チンランド、ヒロインの協力者である友人のウィリアム・フィクナー、ファージであるヒロインの仲間から裏切り者となるセバスチャン・アンドリューなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020