4373 Movies

バイオハザード Resident Evil (2002)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

日本のゲームメーカー”カプコン”のゲームソフト”バイオハザード”を原案にして製作された作品で、シリーズ第一作。
大企業が秘密で行っている地下施設で起きる細菌汚染の恐怖を描く、製作、監督、脚本ポール・W・S・アンダーソン、主演ミラ・ジョヴォヴィッチミシェル・ロドリゲスエリック・メビウスジェームズ・ピュアフォイ他共演のSFホラー・アクション。


SF


スタッフ キャスト
監督:ポール・W・S・アンダーソン
製作
ポール・W・S・アンダーソン
ジェレミー・ボルト
ベルント・アイヒンガー
サミュエル・ハディダ
製作総指揮
ヴィクター・ハディダ
ダニエル・クレツキー
ロバート・クルツァー
岡本吉起
原案:カプコンバイオハザード
脚本:ポール・W・S・アンダーソン
撮影:デヴィッド・ジョンソン
編集:アレクサンダー・バーナー
音楽
マリリン・マンソン
マルコ・ベルトラミ

出演
アリス・アバーナシー:ミラ・ジョヴォヴィッチ
レイン・オカンポ:ミシェル・ロドリゲス
マシュー”マット”アディソン:エリック・メビウス
スペンサー・パークス:ジェームズ・ピュアフォイ
ジェームス”ワン”シェイド:コリン・サーモン
チャド・カプラン:マーティン・クルーズ
J.D.サリナス:パスクエール・アリアルディ
リサ・アディソン:ハイケ・マカッシュ
レッド・クイーン:ミカエラ・ディッカー
ウィリアム・バーキン博士 / ナレーター:ジェイソン・アイザックス

イギリス/ドイツ/アメリカ 映画
配給
Constantin Film
スクリーン・ジェムズ
2002年製作 100分
公開
イギリス:2002年7月12日
北米:2002年3月15日
日本:2002年8月31日 未公開
製作費 $33,000,000
北米興行収入 $40,119,710
世界 $102,441,080


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
21世紀初頭、ラクーンシティ。
全米最大の企業”アンブレラ・コーポレーション”は、表向きの事業はコンピュータ・テクノロジー、医薬、健康関連だったが、社員にも秘密で、軍事技術開発、遺伝子実験、細菌兵器の研究を行っていた。

しかし、何者かの手により開発中の細菌が地下の秘密施設”ハイブ”内に散布されてしまい、”バイオハザード”(生物学的災害)警告が発せられる。

ハイブは、”A.I.”のレッド・クイーン(ミカエラ・ディッカー)により閉鎖され、職員はパニックになり、消火剤のハロン・ガスが散布されて全員が死亡する。

意識を失っていたアリス・アバーナシー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は浴室で目覚め、体の傷に気づくものの記憶がない。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「バイオハザード」(2002)
・「バイオハザードII アポカリプス」(2004)
・「バイオハザードIII」(2007)
・「バイオハザードIV アフターライフ」(2010)
・「バイオハザードV リトリビューション」(2012)
・「バイオハザード: ザ・ファイナル」(2016)

*(簡略ストー リー)
21世紀初頭、ラクーンシティ。
全米最大の企業”アンブレラ・コーポレーション”は、表向きの事業とは別に、地下施設”ハイブ”で、極秘に軍事技術開発、遺伝子実験、細菌兵器の研究を行っていた。
ある日、何者かによってハイブは細菌に汚染され、その場の研究員は全員死亡する。
屋敷で意識が戻ったアリス・アバーナシーは、記憶を失いながら、現れたアンブレラ特殊部隊のワンに、その場にいた警官だというマットと共に捕えられる。
ハイブの入り口だった屋敷から貨車に乗り地下の施設に向かったアリスは、その場で意識を失っていたスペンサーと共にハイブを守る、特殊部隊員だということを知らされるのだが・・・。
__________

同名の人気アクション・ゲームを映画化したSFホラー・アクションで、ミラ・ジョヴォヴィッチの代表作となった。
彼女は、製作、監督、脚本を兼ねるポール・W・S・アンダーソンと2009年に結婚する。

妖艶な美しさで周囲とは異なる雰囲気を漂わせる、セクシーなミラ・ジョヴォヴィッチの魅力が生かされた作品。

美しいだけで、ビッグになりきれないという感じだったミラ・ジョヴォヴィッチは、本シリーズのヒットにより、スーパースターとまではいかないまでも世界的人気女優となった。

序盤、記憶を失っている主人公は迷いながら行動しているために控えめな存在として描かれているのだが、記憶を取り戻しつつ、特殊部隊員としてのスキルを生かしながら敵と戦い、ラストは女戦士となり次回作に続く形で締めくくられる。

ゾンビ的な感染者の襲撃やサバイバル・ムービーとして新鮮味がある訳ではないが、CGを駆使した映像やセットなどなかなか凝っている。

北米興行収入は約4000万ドルに留まるものの、全世界では1億ドルを超すヒットとなった。

特殊部隊員として勇敢に戦うミシェル・ロドリゲス、研究員であった妹(ハイケ・マカッシュ)と共に、巨悪を暴こうとするエリック・メビウス、極秘研究施設”ハイブ”を主人公と共に守る役目から、巨万の富を得られるウィルスを奪おうとするジェームズ・ピュアフォイ、特殊部隊のリーダー、コリン・サーモン、部隊員マーティン・クルーズパスクエール・アリアルディ、人工知能の声ミカエラ・ディッカー、研究の責任者とナレーターを兼ねるジェイソン・アイザックスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021