4312 Movies

バイオハザードII アポカリプス Resident Evil: Apocalypse (2004)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

日本のゲームメーカー”カプコン”のゲームソフト”バイオハザード”を原案にして製作された映画「バイオハザード」(2002)の続編。
ウィルス実験により進化させられた元特殊部隊員の壮絶な戦いを描く、製作、脚本ポール・W・S・アンダーソン、監督アレクサンダー・ウィット、主演ミラ・ジョヴォヴィッチシエンナ・ギロリージャレッド・ハリスオデッド・フェールトーマス・クレッチマン他共演のSFホラー・アクション。


SF


スタッフ キャスト
監督:アレクサンダー・ウィット

製作
ポール・W・S・アンダーソン
ジェレミー・ボルト
ドン・カーモディ
製作総指揮
ベルント・アイヒンガー
サミュエル・ハディダ
ヴィクター・ハディダ
ロバート・クルツァー
原案:カプコンバイオハザード
脚本:ポール・W・S・アンダーソン
撮影
クリスチャン・セバルト
デレク・ロジャース
編集:エディ・ハミルトン
音楽:ジェフ・ダナ

出演
アリス・アバーナシー:ミラ・ジョヴォヴィッチ
ジル・バレンタイン:シエンナ・ギロリー
チャールズ・アシュフォード:ジャレッド・ハリス
カルロス・オリヴェイラ:オデッド・フェール
アンジェラ”アンジー”アシュフォード:ソフィー・ヴァヴァサー
ティモシー・ケイン:トーマス・クレッチマン
中尉:ジム・コドリントン
ロイド・ジェファーソン”L.J.”ウェイン :マイク・エップス
テリ・モラレス:サンドリーヌ・ホルト
ニコライ・ジノフェフ:ザック・ウォード
ペイトン・ウェルズ:ラズ・アドティ
サミュエル”サム”アイザックス:イアン・グレン
ネメシス:マシュー・G・テイラー
マット・アディソン:エリック・メビウス

イギリス/ドイツ/ 映画
配給 スクリーン・ジェムズ
2004年製作 94分
公開
イギリス:2004年10月8日
北米:2004年9月10日
日本:2004年9月11日
製作費 $45,000,000
北米興行収入 $51,201,450
世界 $129,394,840


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ラクーンシティ。
”アンブレラ・コーポレーション”の極秘地下研究施設”ハイブ”の”T-ウィルス”感染事故から生還した、同社の特殊部隊員アリス・アバーナシー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、”ネメシス・プログラム”の実験台になるマット・アディソン(エリック・メビウス)と引き離され、病院に送られた。

平穏な街の地下で、再びハイブを再開しようとした者達は、入り口で襲われてT-ウィルスに感染する。

専門家達は招集され、T-ウィルスを開発した科学者チャールズ・アシュフォード博士(ジャレッド・ハリス)は、学校にいる娘のアンジェラ(ソフィー・ヴァヴァサー)のことを心配して、迎えの者達に抵抗しようとする。

車椅子生活のアシュフォードは強引に連れ去られ、同じ頃、アンジェラも小学校から連れ出される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「バイオハザード」(2002)
・「バイオハザードII アポカリプス」(2004)
・「バイオハザードIII」(2007)
・「バイオハザードIV アフターライフ」(2010)
・「バイオハザードV リトリビューション」(2012)
・「バイオハザード: ザ・ファイナル」(2016)

*(簡略ストー リー)
ラクーンシティ。
”アンブレラ・コーポレーション”の極秘地下研究施設”ハイブ”の”T-ウィルス”感染事件で、生還した同社の特殊部隊員アリス・アバーナシーは、捕えられてあるプログラムの実験台になる。
街は汚染されて感染者による殺戮が始り、アンブレラの隔離部隊指揮官ケイン少佐は、街を封鎖して”アリス・プログラム”を始動する。
避難するよう指示されたT-ウィルスを開発した科学者アシュフォードは、娘アンジェラの安否を気遣う。
街をさ迷い、特殊部隊”S.T.A.R.S.”隊員とペイトン、TVキャスターのテリらを助けたアリスは、生存者を捜していたアシュフォードからの連絡を受ける。
アンジェラを捜す条件で、街からの脱出方法を教えるとアシュフォードから言われたアリスは、ジルらと共に小学校に向かう。
その頃、ケインは、殺人生物兵器”ネメシス”を始動させる・・・。
__________

ゲームソフト”バイオハザード”の映画化である、ヒット作「バイオハザード」(2002)の続編。

巨大企業が極秘で開発したウィルス感染による恐怖と、それを利用してある計画の実験台にされた元特殊部隊員の新たなる戦いを描いた作品。

ウィルスを投与され、異変ではなく進化した肉体を持つ主人公が、汚染された街の破壊目的を知り、生存者と共に脱出を試みる内容だ。

前作の事件を継承しながら、全く違う筋立てと登場人物で新たな展開へと進み、ラストでは次回作にも期待が膨らむエンディングとなっている。

地下の密室が舞台だった前作から今回は地上戦となり、更に激しいバトルが展開されるド派手なアクションも楽しめる。

本作では序盤から、女戦士として驚異的な身体能力を発揮する主人公と、殺人兵器モンスター”ネメシス”の、共に実験台にされた両者の衝突も見所の作品。

北米興行収入は前作とさほど変わらなかったが、全世界では約30%アップの約1億2900万ドルのヒットとなった。

前作では平凡な人物と思える描写が多いため、美しさも強調されていた主演のミラ・ジョヴォヴィッチだったが、本作では序盤から、眼光鋭い隙のない戦士として暴れ回る。

主人公と同じく勇ましく戦う特殊部隊員シエンナ・ギロリー、T-ウィルスの開発者である科学者のジャレッド・ハリス、その娘ソフィー・ヴァヴァサー、主人公と行動を共にする特殊部隊のリーダー、オデッド・フェール、アンブレラの隔離部隊指揮官トーマス・クレッチマン、その補佐ジム・コドリントン、悪党ではあるが生き残り、主人公らとの脱出計画に手を貸すマイク・エップス、同じくテレビ・キャスターのサンドリーヌ・ホルト、特殊部隊員のザック・ウォード、ジル(シエンナ・ギロリー)の同僚ラズ・アドティ、”アリス・プログラム”を実行する科学者のイアン・グレン、殺人兵器”ネメシス”のマシュー・G・テイラー、その正体であり、前作で主人公と共に”ハイブ”から生還したエリック・メビウスが記憶映像だけで登場している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020