4234 Movies

トーマス・クラウン・アフェアー The Thomas Crown Affair (1999)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

スティーブ・マックイーン主演作「華麗なる賭け」(1968)のリメイク作品。
大富豪である絵画の収集家の名画強奪を、捜査する調査員との関係と共に描く、監督ジョン・マクティアナン、主演ピアース・ブロスナンレネ・ルッソデニス・リアリーベン・ギャザラフェイ・ダナウェイ他共演のラブ・ロマンス・タッチのサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・マクティアナン
製作総指揮:マイケル・タドロス

製作
ピアース・ブロスナン
ボー・セント・クレア
脚本
アラン・トラストマン(オリジナル脚本)
レスリー・ディクソン
カート・ウィマー
撮影:トム・プリーストリーJr.
編集:ジョン・ライト
音楽:ビル・コンティ
主題歌:スティングWindmills of Your Mind

出演
トーマス・クラウン:ピアース・ブロスナン
キャサリン・バニング:レネ・ルッソ
マイケル・マッキャン:デニス・リアリー
ハインリッヒ:マーク・マーゴリス
アンナ:エスター・カニャーダス
アンドリュー・ウォレス:ベン・ギャザラ
精神分析医:フェイ・ダナウェイ

アメリカ 映画
配給 MGM
1999年製作 113分
公開
北米:1999年8月6日
日本:1999年11月13日
製作費 $48,000,000
北米興行収入 $69,304,260
世界 $124,305,180


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
投資会社を経営する大富豪のトーマス・クラウン(ピアース・ブロスナン)は、一日の仕事を済ませ、趣味の絵画鑑賞へとメトロポリタン美術館に向かう。

同じ頃、あるグループが美術館に侵入し、警備員を装い”印象派ギャラリー”を閉鎖しようとしていた。

しかし、主任警備員が異状に気づき警報を鳴らし、ギャラリーは閉鎖される。

その時クラウンは、ギャラリーの非常扉に隙間が開くよう、事前にアタッシュケースを置き、そこからギャラリーに侵入し、モネの作品(San Giorgio Maggiore at dusk)を手際よく盗み出す。

帰宅したクラウンは、時価1億ドルの絵を書斎に飾り、満足気に眺める。

ニューヨーク市警のマイケル・マッキャン刑事(デニス・リアリー)は、早速、捜査に乗り出し美術館を調べ始める。

マッキャンは、保険会社から派遣された調査員キャサリン・バニング(レネ・ルッソ)に、絵画の盗難方法の疑問を指摘される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
投資会社を経営する大富豪で、絵画の収集家でもあるのトーマス・クラウンは、メトロポリタン美術館から、手際よくモネの名画を盗み出す。
ニューヨーク市警のマッキャン刑事は捜査を始め、保険会社調査員キャサリン・バニングは、絵画の盗難方法に疑問を感じる。
キャサリンは、犯人が金目的ではないと考え、モネのコレクターの線で調査を進め、クラウンの名前が浮かび上がる。
そんなクラウンは、代わりになる絵画を美術館に貸し出し、捜査への協力も約束する。
その後、キャサリンはクラウンに接触し、大胆にも、彼がモネを盗んだ犯人であると確信していることをに伝える。
二人は親交を深め、キャサリンは探りを入れながら、クラウンの屋敷から盗まれた絵を発見するが、それは贋作だった。
全ての物事を、思い通りに運ぶ自信のあるキャサリンは、クラウンが自分に挑戦していることに気づき、そんな彼に、次第に惹かれていくのだが・・・。
__________

旧作公開当時、スーパースターへの道を邁進して、野生児的キャラクターで通っていたマックイーンが、あえてダンディーな大富豪、超エリートを演じたことで話題になり、同じく、前年の「俺たちに明日はない」(1967)で人気がブレイクしたフェイ・ダナウェイとの、熱いラブシーンなども印象に残る。

どちらかというと、今回の主人公役のピアース・ブロスナンの方が、その洗練されたニュー・リッチが似合っている気はするのだが、やはり、サスペンスのドラマ構成や、知性と野性味を兼ね備えた役柄を演じた、主演者の格が、前作のマックイーンには遠く及ばない感じがする。
アクション派ジョン・マクティアナンの演出も、やや地味にならざるを得なかったのは、致し方ないところか・・・。

北米興行収入は約7000万ドル、全世界では約1億2400万ドルの、まずまずのヒットとなった。

今回も使われていた主題曲”Windmills of Your Mind”も、前作でアカデミー賞を受賞し、映画史に残る名曲として作品を盛り上げた、ミシェル・ルグランの楽曲の素晴らしさばかりが懐かしく思える。

007のボンド役が定着し、それが好評だったピアース・ブロスナンは、このような役だと、余計ボンドのイメージが重なり新鮮味がない。

レネ・ルッソも、どうしてもオリジナルのフェイ・ダナウェイと比較してしまい、さすがの彼女も見劣りしてしまう感じは否めないが、男勝りの強引な調査員が、次第に弱さも浮き彫りにしていく女性を好演している。

彼女と対立もするが、最後には友情を示す、人間味のある刑事デニス・リアリー、オリジナルキャストで、ゲスト出演の、精神分析医役フェイ・ダナウェイ、主人公の弁護士ベン・ギャザラが出演するが、端役のような扱いが残念だ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020