4215 Movies

リクルート The Recruit (2003)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

CIAの教官に新人採用でスカウトされた青年が受ける厳しい訓練と、その内部で起きるスパイ戦を描く、監督ロジャー・ドナルドソン、主演アル・パチーノコリン・ファレルブリジット・モイナハンガブリエル・マクト他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

アル・パチーノ / Al Pacino / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ロジャー・ドナルドソン
製作総指揮:ジョナサン・グリックマン
製作
ロジャー・バーンバウム

ゲーリー・バーバー
脚本
ロジャー・タウン

カート・ウィマー
ミッチ・グレイザー
撮影:スチュアート・ドライバーグ
編集:デイヴィッド・ローゼンブルーム
音楽:クラウス・バデルト

出演
ウォルター・バーク:アル・パチーノ

ジェームズ・ダグラス・クレイトン:コリン・ファレル
レイラ・ムーア:ブリジット・モイナハン
ザック:ガブリエル・マクト
ハスキー・マン:ユージン・リピンスキ
アラン:ケネス・ミッチェル
ロニー・ギブソン:マイク・リアルバ
ビル・ラドルフ/デル・レップ:ロン・レア
デニス・スレイン:カール・プルーナー
アート・ウォリス:クリス・オーウェンズ

アメリカ 映画
配給
タッチストーン・ピクチャーズ

スパイグラス・エンターテインメント
2003年製作 114分
公開
北米:2003年1月31日
日本:2004年1月17日
北米興行収入 $52,784,700
世界 $101,191,880


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
MIT(マサチューセッツ工科大学)のエリート学生ジェイーズ・クレイトン(コリン・ファレル)は、就職説明会に遅れるものの、DELLコンピューターの担当者が舌を巻くプログラミングを披露する。

ある日、バーでアルバイトをしていたクレイトンの前に、CIAのスカウトで教官のウォルター・バーク(アル・パチーノ)が現れる。

クレイトンのことを全て調べ上げていたバークは、連絡先だけを彼に教えて立ち去る。

バークは、ペルーで墜落死した父親の死を、クレイトンが不審に思い続けていることも承知だった。

それがCIAと関わりがあるのではとも考えながら、クレイトンは採用試験を受ける。

試験会場で見かけた、レイラ・ムーア(ブリジット・モイナハン)を気にしながら、筆記から面接までを受けたクレイトンらは、特別訓練施設”ファーム”に移動する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
MITのエリート学生であるジェームズ・ダグラス・クレイトンは、CIAスカウト兼教官ウォルター・バークの目に留まり、採用試験をパスして訓練施設”ファーム”に送られる。
同僚のムーアを意識し、お互いに惹かれ合いながら、クレイトンは厳しい訓練を受けるが、拷問テストで不適正とみなされファームを追放される。
その後、その落第は嘘で、スパイだったムーアを監視する命令をクレイトンはバークから受ける。
そして、現場から外されたクレイトンは、CIA本部事務職に就きムーアの監視を始めるのだが・・・。
__________

敵対する側との戦いを描くスパイ映画は数あるが、CIAの内幕と本質を描いているため、何を信じていいのか分からなくなる、一般市民には理解できない世界の出来事に驚き、スパイ養成訓練やテストなどもリアルに描かれ興味深い。

それが、作りものではなく、現実にも起きていることを感じさせる雰囲気で展開する、ロジャー・ドナルドソンの演出や描写はなかなか楽しめる。

CIAを信じる振りをすることが疲れた”と言う主人公の言葉ではないが、国家に忠誠を誓い、薄給で働きながら精神的に徐々に追い詰められていく姿が痛々しい。

北米興行収入は約5300万ドル、全世界では1億ドルを超す、まずまずのヒットとなった。

その主人公を演ずるアル・パチーノは、いつもながらの重厚な演技で、真の主人公と言えるコリン・ファレルの熱演をサポートして、終盤では彼らしい迫力で、存在感を見せ付けている。

養成訓練生の同僚である、スパイと疑われるブリジット・モイナハン、同じく同僚ガブリエル・マクト、マイク・リアルバなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020