4480 Movies

007/死ぬのは奴らだ Live and Let Die (1973)

  •  
  •  
  • 12
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

007シリーズ第8作。
1954年に発表された、イアン・フレミング原作のシリーズ第2作”Live and Let Die”を基に製作された作品で、ボンド役としてロジャー・ムーアが登場した。
麻薬で社会を壊滅させようとする犯罪組織に立ち向かうMI6諜報員ジェームズ・ボンドの活躍を描く、製作ハリー・サルツマンアルバート・R・ブロッコリ、監督ガイ・ハミルトン、主演ロジャー・ムーアヤフェット・コットージェーン・シーモアジュリアス・W・ハリスジェフリー・ホールダー他共演のスパイ・アクション。


007
007 / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ガイ・ハミルトン
製作
アルバート・R・ブロッコリ

ハリー・サルツマン
原作:イアン・フレミング
脚本:トム・マンキーウィッツ
撮影:テッド・ムーア
編集
バート・ベイツ

レイモンド・ポウルトン
ジョン・シャーリー
メインタイトル・デザイン:モーリス・ビンダー
音楽
ジョージ・マーティン

モンティ・ノーマン:ジェームズ・ボンドのテーマ
主題歌:ポール・マッカートニー&ウィングスLive and Let Die

出演
ジェームズ・ボンド:ロジャー・ムーア
Dr.カナンガ/Mr.ビッグ:ヤフェット・コットー
ソリティア:ジェーン・シーモア
G.W.ペッパー保安官:クリフトン・ジェームズ
ティー・ヒー・ジョンソン:ジュリアス・W・ハリス
サメディ男爵:ジェフリー・ホールダー
フェリクス・ライター:デヴィッド・ヘディソン

ロージー・カヴァー:グロリア・ヘンドリー
M:バーナード・リー
マネーペニー:ロイス・マクスウェル
クォレルJr.:ロイ・スチュワート
ハロルド・ストラッター:ロン・サットン
カルーゾー:マデリン・スミス

イギリス 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1973年製作 121分
公開
イギリス:1973年7月6日
北米:1973年6月27日
日本:1973年7月28日
製作費 $7,000,000
北米興行収入 $35,377,840
世界 $161,800,000


アカデミー賞
第46回アカデミー賞

・ノミネート
歌曲賞”Live and Let Die


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク国連本部ニューオリンズ、そしてカリブ海の島”サン・モニク”で、イギリス情報部MI6の諜報員3人が相次いで殺される。

本部長M(バーナード・リー)は、ジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)の自宅を訪ね、3人の諜報員が殺されたことを伝える。

Mは、ニューヨークに滞在中のサン・モニクの首相Dr.カナンガ(ヤフェット・コットー)の調査を、ボンドに命ずる。

イタリア人の情報員カルーゾー(マデリン・スミス)が姿を消したことをボンドに尋ねたMは、彼女がベッドにいるとは知らなかった。

ボンドはカルーゾーのことが気になり、そこにMの秘書マネーペニー(ロイス・マクスウェル)が現れる。

マネーペニーはボンドに旅券などを渡し、寝室から出てきたカルーゾーに気づ、ボンドに恥をかかせないようにする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
各地で3人のイギリス諜報員が殺される。
諜報員ジェームズ・ボンドを呼んだMI6の本部長Mは、ニューヨークに滞在中であるサン・モニクの首相Dr.カナンガの調査を命ずる。
現地に着いたボンドは何者かに襲われるものの難を逃れ、CIAのライターからの情報で犯人の元に向かう。
あるバーでボンドは、タロット占い師ソリティアに出会う。
そこに現れた謎の男Mr.ビッグの手下で鋼鉄の義手を持つティー・ヒーらに襲われるものの、彼らを撃退する。
その後ボンドは、カナンガがニューヨークを旅立ったという連絡を受けて、サン・モニクに向かうのだが・・・。
__________

3代目ボンドのロジャー・ムーア初登場作品であり、若くは見えるが、既に40代半ばだった彼の出演に注目が集まり、ショーン・コネリーのイメージと比較されて不安の声も上がった。

しかし、飄々としたとぼけた雰囲気のロジャー・ムーアのボンドは好評となり、世界中で受け入れられた。

前作「ダイヤモンドは永遠に」(1971)で復活した人気をさらに上回り、興行収入は全世界で約1億6200万ドルの大ヒットとなった。

製作費 $7,000,000
北米興行収入 $35,377,840

ポール・マッカートニー&ウィングスの主題歌”Live andLet Die”も大ヒットし、第46回アカデミー賞で歌曲賞にノミネートされた。

ボンドがMから指令を受ける自宅場面以外は、前作「ダイヤモンドは永遠に」(1971)同様、国外のアメリカとカリブ海の架空の国が舞台となっている。

タロット占いブードゥー教など、神秘的な雰囲気が漂う内容は興味深く、スピード感溢れるモーターボートの追跡シーンなど、前作同様に、ガイ・ハミルトンのテンポの良い演出と派手なアクションは見応えある。

今回はボンドカーは登場しないものの、強力磁石が作動し、ベゼルが回転ノコギリになるロレックスの腕時計”サブマリナー”が活躍し、義手のティー・ヒーにはワルサーPPKを壊され、クライマックスでボンドは、S&W/M29(44マグナム)の8インチを使う。
これは紛れもなく2年前に公開されたヒット作の「ダーティーハリー」(1971)を意識している。

ダイアナ・ロスカトリーヌ・ドヌーヴが候補に上がった、華奢でひ弱に見える占い師ソリティア役のジェーン・シーモアは、ボンドの魅力に翻弄され、心乱れる美しい女性を好演している。

圧縮ガスが体内で膨張して爆発する殺され方が話題になった悪党のドン、ヤフェット・コットー、怪力の義手を持つ殺し屋ジュリアス・W・ハリスブードゥー教の魔術師ジェフリー・ホールダーらの怪演が印象に残る。

あまりの好評に、次回作の「黄金銃を持つ男」(1974)でも同じ保安官役を演じ、旅行中という設定で再び登場するクリフトン・ジェームズ、ボンドの協力者であるCIAのフェリクス・ライターを「消されたライセンス」(1989)でも演じるデヴィッド・ヘディソン、そして、ボンドの能力は評価するものの人間性を疑うMのバーナード・リー、ボンドに惹かれながらも、彼の女好きを許してしまうマネーペニーのロイス・マクスウェルなどレギュラーたちも健在なのだが、Qのデスモンド・リュウェリンが登場しないのは少々寂しい。
また、第1作の「ドクター・ノオ」(1962)に登場した、ジャマイカの協力者、漁師クォレルの息子という設定でクオレルJr.(ロイ・スチュワート)が登場するのも面白い。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021