4233 Movies

007/ダイヤモンドは永遠に Diamonds Are Forever (1971)

  •  
  •  
  • 10
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

007シリーズ第7作。
1956年に発表された、イアン・フレミング原作のシリーズ第4作”Diamonds Are Forever”を基に製作された作品。
国際的犯罪組織スペクターによるダイヤモンドを使った人工衛星からの攻撃を阻止しようとするMI6諜報員ジェームズ・ボンドの活躍を描く、製作ハリー・サルツマンアルバート・R・ブロッコリ、監督ガイ・ハミルトン、主演ショーン・コネリージル・セント・ジョンチャールズ・グレイ他共演のスパイ・アクション。


007
007 / Pinterest

ショーン・コネリー / Sean Connery 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ガイ・ハミルトン
製作
アルバート・ R・ブロッコリ

ハリー・サルツマン
原作:イアン・フレミング
脚本:トム・マンキーウィッツ
撮影:テッド・ムーア
編集
バート・ベイツ

ジョン・W・ホームズ
メインタイトル・デザイン:モーリス・ビンダー
音楽
ジョン・バリー

モンティ・ノーマン:ジェームズ・ボンドのテーマ
主題歌::シャーリー・バッシーDiamonds Are Forever

出演
ジェームズ・ボンド:ショーン・コネリー
ティファニー・ケイス:ジル・セント・ジョン
エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド:チャールズ・グレイ
フェリクス・ライター:ノーマン・バートン
プレンティ・オトゥール:ラナ・ウッド
ウィラード・ホワイト:ジミー・ディーン
ミスター・ウィント:ブルース・グローヴァー
ミスター・キッド:パター・スミス
葬儀社の者:マーク・ローレンス
M:バーナード・リー
Q:デスモンド・リュウェリン
マネーペニー:ロイス・マクスウェル
サクスビー:ブルース・キャボット
シェイディ・トリー:レナード・バー

イギリス 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1971年製作 119分
公開
イギリス:1971年12月30日
北米:1971年12月17日
日本:1971年12月25日
製作費 $7,200,000
北米興行収入 $43,819,550
世界 $116,000,000


アカデミー賞
第44回アカデミー賞

・ノミネート
録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
イギリス諜報員ジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)は、”スペクター”のリーダー、宿敵のエルンスト・スタヴロ・ブロフェルド(チャールズ・グレイ)の抹殺に成功する。

その頃、大量のダイヤモンドが、正規ルートを通らず何者かの手に渡り、それに関る謎の二人組ミスター・ウィント(ブルース・グローヴァー)とミスター・キッド(パター・スミス)が各地で行動していた。

上司M(バーナード・リー)に呼び出された休暇中のボンドは、そのダイヤが運ばれるルートを探るべく、オランダに向かうことになる。

入国管理官に扮したMの秘書マネーペニー(ロイス・マクスウェル)から、パスポートを渡されたボンドは、オランダ入りしてアムステルダムに到着する。

ボンドはダイヤの運び屋に扮し、仲介者のティファニー・ケイス(ジル・セント・ジョン)に接触する。

ティファニーは、ボンドの指紋で身元を確認するが、彼は、Q(デスモンド・リュウェリン)から支給されていた指紋を指に貼っていたため正体がばれずに済む。

しかし、ボンドが扮していた男が、ティファニーを訪ねようとしたため、ボンドはその男を殺害する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
イギリス諜報員ジェームズ・ボンドは、”スペクター”のリーダーである宿敵ブロフェルド抹殺に成功する。
その頃、大量のダイヤモンドが正規のルートを通らず何者かの手に渡っていたため、上司Mに呼び出されたボンドは、ダイヤが運ばれるルートを探るべくオランダに向かう。
アムステルダム入りしたボンドはダイヤの運び屋に扮して、仲介者のティファニーに接触する。
ボンドが扮していた男がティファニーを訪ねようとしたため、ボンドはその男を殺害し、遺体を利用してダイヤをアメリカに運ぶ。
ロサンゼルスに到着したボンドは、CIAのフェリクス・ライターと接触し、遺体を火葬してダイヤを手に入れる。
その後ボンドは、謎の二人組のミスター・ウィントとミスター・キッドに襲われてしまい、棺に入れられて焼却されそうになる。
ダイヤが偽物とわかり、焼却を免れたボンドは、取引のためラスベガスに向かうのだが・・・。
__________

ボンド役ジョージ・レーゼンビー主演の前作「女王陛下の007」(1969)が不評だったために、ショーン・コネリーが復帰した6作目の作品で、彼は、これで役を降りることになる。

しかし、「サンダーボール作戦」(1965)のリメイクで、シリーズ番外版の「ネバーセイ・ネバーアゲイン」(1983)で、彼はもう一度だけボンドを演じることになる。

ゴールドフィンガー」(1964)を大ヒットさせたガイ・ハミルトンの、アメリカを舞台にしたダイナミックな演出が見ものだ。

同じく「ゴールドフィンガー」に続き、主題歌をシャーリー・バッシーが歌い、ダイヤモンドの怪しげな魅力を感じさせる名曲に仕上がっている。

第44回アカデミー賞では、録音賞にノミネートされた。

前二作でがた落ちになった興行成績は、この年の世界No.1となるヒットを記録し、見事にシリーズの人気を復活させることになる。

北米興行収入 $43,819,550
世界 $116,000,000

アポロ計画で、人類が月に到達した後だったために、それを意識した宇宙兵器なども斬新で、ラスベガスのカーチェイスなど見所も十分ある。

まだ40歳になったばかりのショーン・コネリーだが、一気に老け込んでしまった感じが気になる。
よく言えば、渋さが増して貫禄もでてきているとも言えるのだが・・・。

黄金銃を持つ男」(1974)のブリット・エクランド演じた”グッドナイト”を思い起こさせる、少々ドジな役柄のジル・セント・ジョンなのだが、愛嬌もあり、憎めないキャラクターを好演している。

珍しく露出度の多い、宿敵ブロフェルド役チャールズ・グレイは、「007は二度死ぬ」(1967)では、ボンドの協力者を演じていた。

ブロフェルドに捕らえられていた、若き実業家ジミー・ディーンハワード・ヒューズがモデル)、その部下でブロフェルドに加担するカジノ支配人、これが遺作となるベテランのブルース・キャボットCIAのフェリクス・ライター、ノーマン・バートン、ボンドに近寄ったために殺されてしまう、ナタリー・ ウッドの妹ラナ・ウッド、そして、異様な雰囲気の二人組みの殺し屋ブルース・グローヴァーパター・スミス、Mのバーナード・リー、Qのデスモンド・リュウェリン、入国管理官に扮しているマネーペニーのロイス・マクスウェルなどのレギュラーも顔を揃える。
ドラマの中で、ボンドがホテルのパンフレットを見ている時に、サミー・デイヴィスJr.の写真が出てくるのだが、実は彼が出演しているラスベガスのショーの場面があり、後にカットされてしまった。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020