4233 Movies

007/消されたライセンス Licence to Kill (1989)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

007シリーズ第16作。
007のライセンスをはく奪されたMI6諜報員ジェームズ・ボンドが友情のために麻薬王と戦う姿を描く、製作アルバート・R・ブロッコリ、監督ジョン・グレン、主演ティモシー・ダルトンキャリー・ローウェルロバート・ダヴィアンソニー・ザーブ他共演のスパイ・アクション。


007
007 / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジョン・グレン
製作
マイケル・G・ウィルソン

アルバート・R・ブロッコリ
原案:イアン・フレミング
脚本
マイケル・G・ウィルソン

リチャード・メイボーム
撮影:アレック・マイルズ
編集:ジョン・グローヴァー
メインタイトル・デザイン:モーリス・ビンダー
音楽:マイケル・ケイメン
モンティ・ノーマン:ジェームズ・ボンドのテーマ
主題歌 :グラディス・ナイトLicense To Kill

出演
ジェームズ・ボンド:ティモシー・ダルトン
パム・ブービエ:キャリー・ローウェル
フランツ・サンチェス:ロバート・ダヴィ
ミルトン・クレスト:アンソニー・ザーブ
ルペ・ラモーラ:タリサ・ソト
シャーキー:フランク・マクレー
エド・キリファー:エベレット・マクギル
ジョー・ブッチャー博士:ウェイン・ニュートン
トゥルーマン=ロッジ:アンソニー・スターク
ヘラー大佐:ドン・ストロード
ダリオ:ベニチオ・デル・トロ
クワン:ケリー・ヒロユキ・タガワ
ロティ:ダイアナ・リー・シュ
フィリックス・ライター:デヴィッド・ヘディソン
デラ・チャーチル:プリシラ・バーンズ
ホーキンス:グランド・L・ブッシュ
ヘクター・ロペス大統領:ペドロ・アルメンダリスJr.
M:ロバート・ブラウン
Q:デスモンド・リュウェリン
マネーペニー:キャロライン・ブリス

イギリス 映画
配給
MGM

ユナイテッド・アーティスツ
1989年製作 134分
公開
イギリス1989年8月4日
北米:1989年7月14日
日本:1989年9月9日
製作費 $32,000,000
北米興行収入 $33,197,510
世界 $156,200,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
DEA(麻薬取締局)は、南米の麻薬王フランツ・サンチェス(ロバート・ダヴィ)が、フロリダに現れたことを察知する。

イギリス諜報員ジェームズ・ボンド(ティモシー・ダルトン)は、CIAの情報員で、友人のフィリックス・ライター(デヴィッド・ヘディソン)の結婚式に出席しようとしていた。

ボンドはDEAの報告を受け、シャーキー(フランク・マクレー)の制止を振り切り、フィリックスと現場に向かう。

サンチェスを捕らえるために、ヘリで飛び立ったボンドらは彼のセスナを追跡する。

セスナにワイヤーをくくりつけ、サンチェスを捕らえることに成功したボンドとフィリックスは、パラシュートで結婚式会場に降下する。

DEAの捜査官エド・キリファー(エベレット・マクギル)の、厳しい尋問を受けたサンチェスだったが、移送中、買収されていた彼の手助けで逃亡する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
南米の麻薬王サンチェスが、フロリダに現れたことを、DEA(麻薬取締局)は察知する。
イギリス諜報員ジェームズ・ボンドは、CIAの情報員で友人のフィリックス・ライターの結婚式に出席しようとしていた。
結婚式を前に、ボンドはフィリックスと現場に向かい、サンチェスを捕らえ、無事に結婚式も済ませる。
その後、サンチェスは移送中に逃亡してしまい、フィリックスを襲い重傷を負わせ、妻を殺害する。
それを知ったボンドは復讐を誓うが、上司Mはそれを禁じて彼を帰国させようとする。
しかしボンドは、”殺しのライセンス”を捨ててでも、友人フィリックスの復讐を果たそうと、その場から姿を消す・・・。
__________

ティモシー・ダルトンがボンドを演じた2作目であり、彼はこの作品で降板することになる。
ユア・アイズ・オンリー」(1981)から、連続で5作目となる、監督のジョン・グレンにとっても最後のシリーズ作品となった。

シリーズの人気に陰りが見え始め、興行成績も、前作の「リビング・デイライツ」(1987)で回復したのを大きく下回ってしまい、次回作となる「ゴールデンアイ」(1995)が登場するまで6年を費やすことになる。

製作費 $32,000,000
北米興行収入 $33,197,510
世界 $156,200,000

南米の麻薬王に友人を傷つけられ、その妻を殺されたボンドが、任務ではなく個人的な復讐に執念を燃やすという珍しい展開で、友情のために任務を無視し”殺しのライセンス”を捨ててしまうことになるというストーリー自体は面白味がある。

故に、劇中でボンドが”元諜報員”というのも偽りではなく、またQのデスモンド・リュウェリンが休暇という設定で登場して、いつもならボンドに嫌味ばかり言っている彼が、ボランティア的に献身的な協力者として、シリーズ中、最も活躍するところなどが興味深い。

ゴージャスな雰囲気のグラディス・ナイトの主題曲”License To Kill”も聴き応えある。

逆に、鮫を使った拷問や殺戮など、アンソニー・ザーブが破裂させられ、ベニチオ・デル・トロが粉砕機に落ちてしまうシーン他、残虐さの目立つ作品でもあった。

ロジャー・ムーアのような、悪く言えば”不真面目”な雰囲気のない、ティモシー・ダルトンのボンド役を、もう何作か見てみたかったような気もする。

美しいだけでなく行動力があり勝気で逞しいキャリー・ローウェル、不幸な身の上の麻薬王の情婦タリサ・ソト、共にボンドの協力者として、なかなかの好演を見せ、歴代ボンド・ガールの中でもかなり評価は高い。

30代半ばとは思えない威圧感と貫禄がある、コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルを髣髴させる極悪非道の男ロバート・ダヴィ、その片腕アンソニー・ザーブ、ボンド及びフィリックス・ライターの協力者フランク・マクレー、金のために裏切るDEA捜査官のエベレット・マクギル、麻薬シンジケートの広告塔ウェイン・ニュートン、麻薬王のボディガード、ドン・ストロード、21歳ながら非常に印象に残る殺し屋ベニチオ・デル・トロ、麻薬組織に潜入する捜査官ケリー・ヒロユキ・タガワ、16年前に「死ぬのは奴らだ」(1973)でも、CIA情報員フィリックス・ライターを演じたデヴィッド・ヘディソン、殺されるその妻プリシラ・バーンズ、ロペス大統領のペドロ・アルメンダリスJr.、Mのロバート・ブラウン、マネーペニーのキャロライン・ブリスなどが共演している。

参考:
ペドロ・アルメンダリスJr.は、シリーズ第2作「ロシアより愛をこめて」(1963)でケリム・ベイを演じ、往年のジョン・フォード作品などで活躍したペドロ・アルメンダリスの息子である。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020