4479 Movies

007/リビング・デイライツ The Living Daylights (1987)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

007シリーズ第15作。
1966年に発表された、イアン・フレミングの短編”Octopussy”に付随する”The Living Daylights”を基に製作された作品。
冷戦下での東西情報戦に挑むMI6諜報員ジェームズ・ボンドの活躍を描く、製作アルバート・R・ブロッコリ、監督ジョン・グレン、主演ティモシー・ダルトンマリアム・ダボジェローン・クラッベジョー・ドン・ベイカージョン・リス=デイヴィス他共演のスパイ・アクション。


007
007 / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジョン・グレン

製作
マイケル・G・ウィルソン

アルバート・R・ブロッコリ
原作:イアン・フレミングThe Living Daylights
脚本
リチャード・メイボーム

マイケル・G・ウィルソン
撮影:アレック・ミルズ
編集
ジョン・グローヴァー

ピーター・デイヴィス
メインタイトル・デザイン:モーリス・ビンダー
音楽:ジョン・バリー
主題歌:a-haThe Living Daylights
モンティ・ノーマン:ジェームズ・ボンドのテーマ

出演
ジェームズ・ボンド:ティモシー・ダルトン
カーラ・ミロヴィ:マリアム・ダボ
ブラッド・ウィティカー:ジョー・ドン・ベイカー
カムラン・シャー:アート・マリク
レオニード・プーシキン:ジョン・リス=デイヴィス
ゲオルギ・コスコフ:ジェローン・クラッベ
ネクロス:アンドレアス・ウィズニュースキー
M:ロバート・ブラウン

Q:デスモンド・リュウェリン
フレデリック・グレイ国防大臣:ジェフリー・キーン
マネーペニー:キャロライン・ブリス
アナトール・ゴーゴル将軍:ウォルター・ゴテル
サンダース:トーマス・ウィートリー
フェリックス・ライター:ジョン・テリー

イギリス/アメリカ 映画
配給 MGM/ユナイテッド・アーティスツ

1987年製作 130分
公開
北米:1987年7月31日
日本:1987年12月19日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $51,185,900
世界 $191,200,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロック・オブ・ジブラルタル”。
特殊訓練に参加したイギリス諜報員ジェームズ・ボンド(ティモシー・ダルトン)は、参加者の002が004を殺害したことに気づく。

逃亡した002を追ったボンドは、激しい攻防の末に相手を倒す。

その後、新しい任務に就いたボンドは、東西冷戦下での亡命を希望する、ソ連の将軍ゲオルギ・コスコフ(ジェローン・クラッペ)の元に向かう。

チェコスロバキアブラチスラヴァ
ボンドは、現地の諜報員サンダース(トーマス・ウィートリー)と共に、オーケストラ演奏鑑賞中のコスコフを監視する。

途中、トイレに向かったコスコフは建物から脱出し、亡命を阻止しようとしたチェリストのカーラ・ミロヴィ(マリアム・ダボ)に狙われる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
東西冷戦下イギリス諜報員ジェームズ・ボンドは、ソ連の将軍コスコフが亡命を望んでいることを知り、チェコスロバキアに向かう。
コスコフの亡命を阻止するために狙撃しようとしたチェリストのカーラは、ボンドにそれを妨害される。
コスコフの身柄を確保したボンドは、パイプラインのポッドにコスコフを入れて、彼を西側に移送して亡命を成功させる。
イギリス側に保護されたコスコフは、グレイ国防大臣やボンドの上司Mに、米英諜報員の暗殺計画の情報を提供するものの、彼は殺し屋ネクロスに拉致されてしまう。
KGBを指揮するプーシキン殺害をMに命ぜられたボンドは、カーラの情報を入手し、再びチェコスロバキアに向かうのだが・・・。
__________

4代目ボンドの起用は難航し、サム・ニールに決まりかけたのだが、プロデューサーのアルバート・R・ブロッコリが反対し、その後5代目となるピアース・ブロスナンもスケジュールが合わず、結局、ティモシー・ダルトンに決まったという経緯があり、その話題ばかりが先行した作品でもある。

彼は、第6作「女王陛下の007」(1969)の時に既に候補に上がっていたのだが、若過ぎるという理由で却下された。

新ボンドへの期待もあってか、興行収入は、前作「美しき獲物たち」(1989)を上回る約1億9100万ドルと健闘した。

制作費 $40,000,000
北米興行収入 $51,185,900

7作続いたロジャー・ムーアが万人受けし、一つのイメージを作り上げていた直後ということで、賛否両論あったものの、ティモシー・ダルトンは、ボンド役を無難にこなしたというところだろうか。
個人的には、洗練されたルックスを含め、物腰なども雰囲気があり、適役だったと思う。
完全無欠で、さらに野生味や傲慢さが一つの魅力でもあるボンドのを期待しているファンも満足したと思う。

派手なアクションや、「ロシアより愛をこめて」(1963)を意識したスパイ劇としても見応えある。

a-haの主題歌”The Living Daylights”も印象に残るが、北米では発売されなかった。

質素で控えめな美しさが際立つ、ヒロインのマリアム・ダボ、祖国を裏切るソ連の将軍ジェローン・クラッベ、アメリカ人武器商人のジョー・ドン・ベイカーKGBの高官ジョン・リス=デイヴィス、殺し屋のアンドレアス・ウィズニュースキー、ボンドに協力するムジャーヒディーンのリーダー役アート・マリク、Mのロバート・ブラウン、Qのデスモンド・リュウェリン、国防大臣ジェフリー・キーンCIAのフェリックス・ライター役ジョン・テリーなどが共演している。。

ジョン・リス=デイヴィスが演ずるソ連の高官は、シリーズの常連であるウォルター・ゴテルが演ずる予定だったが、彼の病気びより変更されてしまう。
しかしゴテルは、クライマックスでお馴染み”ゴーゴル将軍”役で顔を出す。
残念ながら、これが彼の最後のシリーズ登場となった。

残念と言えば、マネーペニー役がキャロライン・ブリスに代わってしまったしまったことだ。
やはりマネーペニーはロイス・マクスウェルの役だと再認識した。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021