4479 Movies

007/美しき獲物たち A View to a Kill (1985)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

007シリーズ第14作。
1960年に発表された、イアン・フレミングの短編”For Your Eyes Only”に付属した”From a View to Kill”を基に製作された作品。
シリコン・バレー壊滅を画策する大富豪に立ち向かうMI6諜報員ジェームズ・ボンドの活躍を描く、製作アルバート・R・ブロッコリ、監督ジョン・グレン、主演ロジャー・ムーアクリストファー・ウォーケンタニア・ロバーツ、グレース・ジョーンズ他共演のスパイ・アクション。


007
007 / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジョン・グレン
製作
アルバート・R・ブロッコリ

マイケル・G・ウィルソン
原作:イアン・フレミングFrom a View to Kill
脚本
クリストファー・ウッド

リチャード・メイボーム
撮影:アラン・ヒューム
編集:ピーター・デイヴィス
メインタイトル・デザイン:モーリス・ビンダー
音楽
ジョン・バリー

モンティ・ノーマン:ジェームズ・ボンドのテーマ
主題歌:デュラン・デュランA View to a Kill

出演
ジェームズ・ボンド:ロジャー・ムーア
マックス・ゾーリン:クリストファー・ウォーケン
ステイシー・サットン:タニア・ロバーツ
メイ・デイ:グレース・ジョーンズ
ゴッドフリー・ティベット卿:パトリック・マクニー
スカーピン:パトリック・ボーショー
チャック・リー:デビット・イップ
M:ロバート・ブラウン
Q:デスモンド・リュウェリン
マネーペニー:ロイス・マクスウェル
アナトール・ゴーゴル将軍:ウォルター・ゴテル
カール・モートナー博士:ウィロビー・グレイ

フレデリック・グレイ国防相:ジョフリー・キーン
ジェニー・フレックス:アリソン・ドゥーディ
ポーラ・イワノワ:フィオナ・フレートン
ヴェンツ:ドルフ・ラングレン

イギリス 映画
配給 MGM/ユナイテッド・アーティスツ

1985年製作 131分
公開
イギリス:1985年6月13日
北米:1985年5月24日
日本:1985年6月6日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $50,328,000
世界 $152,400,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
シベリア
イギリス諜報員ジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)は、消息を絶った003の遺体を発見し、彼が持ち出したICチップを回収する。

ロンドンMI6
M(ロバート・ブラウン)の秘書マネーペニー(ロイス・マクスウェル)と会話を交わしたボンドは、フレデリック・グレイ国防大臣(ジョフリー・キーン)、Q(デスモンド・リュウェリン)そしてMの話し合いに加わる。

ソ連国内にあったアメリカ製のICチップが、”ゾーリン産業”のものだと分かり、ボンドはその調査を命ぜられる。

事件には、東ドイツドレスデン生まれで、亡命してフランス国籍を持つ、富豪マックス・ゾーリン(クリストファー・ウォーケン)が関わっていることをボンドは知らされる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
イギリス諜報員ジェームズ・ボンドは、ソ連国内にあったアメリカ製のICチップが”ゾーリン産業”のもだったために、その調査をMに命ぜられる。
ボンドは、東ドイツ生まれで亡命してフランス国籍を持つ、富豪ゾーリンがその件に関わっていることを知る。
その頃、ゾーリン所有の競争馬がレースに連勝していたことが疑問視され、ボンドはその件も含めた調査を開始するのだが・・・。
__________

ユア・アイズ・オンリー」(1981)から3作目の監督ジョン・グレンが、エッフェル塔ゴールデンゲートブリッジなどを効果的に使った大胆な映像などが話題になった。
パリサンフランシスコ市街での派手なカーチェイス、格闘や飛行船まで登場する見所満載の娯楽アクションに仕上がっている。

本作は前作に続き、ボンドカー及び秘密兵器が殆ど登場しない。

シリーズ初のビルボードNo.1になった、デュラン・デュランの主題歌”A View to a Kill”は大ヒットした。

しかし、興行収入は、低調だった前作「オクトパシー」(1983)をさらに下回る結果に終わってしまった。

北米興行収入 $50,328,000
世界 $152,400,000

本作が最後となるロジャー・ムーアは60歳に近づき、ほとんどのアクション・シーンはスタントが代役を務め、何とか役をこなしたと言われているものの、結構、本人が過酷なシーンを演じているようにも見える・・・。

マネーペニーのロイス・マクスウェルも本作で自ら身を引く意向を示し、それに敬意を表して、アスコット競馬場で艶やかな姿を披露する場面が登場する。

クリストファー・ウォーケンは、アカデミー助演賞を受賞した「ディア・ハンター」(1978)で絶賛されたものの、その後、いまひとつという時期で臨んだ本作でも、ややミスキャスト気味だ。

ボンドに協力して危機に立ち向かう女性を魅力的に演じているタニア・ロバーツ、逞しく、スタイル、センス抜群で異彩を放つ殺し屋のグレース・ジョーンズ、レギュラーとしてMのロバート・ブラウン、Qのデスモンド・リュウェリン、お馴染みソ連KGBのゴーゴル将軍ウォルター・ゴテル、国防相のジョフリー・キーン、そしてボンドの協力者であり殺害されるパトリック・マクニー、ゾーリン(クリストファー・ウォーケン)の右腕パトリック・ボーショー、競走馬を手術する博士役のウィロビー・グレイCIAデビット・イップ、メイ・デイ(グレース・ジョーンズ)のアシスタント、アリソン・ドゥーディKGBフィオナ・フレートン、そして、本作がデビュー作となるKGBでゴーゴル将軍の部下として端役で登場するドルフ・ラングレンなどが出演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021