4233 Movies

007/オクトパシー Octopussy (1983)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

007シリーズ第13作。
1966年に発表された、イアン・フレミング原作の”Octopussy and The Living Daylights”の映画化。

NATO軍事施設爆破を企む犯罪組織に立ち向かうMI6諜報員ジェームズ・ボンドの活躍を描く、製作アルバート・R・ブロッコリ、監督ジョン・グレン、主演ロジャー・ムーアモード・アダムスルイ・ジュールダンスティーブン・バーコフ他共演のスパイ・アクション。


007
007 / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジョン・グレン
製作:アルバート・R・ブロッコリ
制作総指揮:マイケル・G・ウィルソン
原作:イアン・フレミング
脚本
ジョージ・マクドナルド・フレーザー

リチャード・メイボーム
マイケル・G・ウィルソン
撮影:アラン・ヒューム
編集
ピーター・デイヴィス
ヘンリー・リチャードソン

メインタイトル・デザイン:モーリス・ビンダー
音楽:ジョン・バリー
モンティ・ノーマン:ジェームズ・ボンドのテーマ
主題歌:”All Time High
唄:リタ・クーリッジ


出演
ジェームズ・ボンド:ロジャー・ムーア

オクトパシー:モード・アダムス
カマル・カーン:ルイ・ジュールダン
オルロフ将軍:スティーブン・バーコフ
マグダ:クリスティナ・ウェイボーン
ミシュカ:デビッド・マイヤー
グリシュカ:アンソニー・マイヤー
ゴビンダ:カビール・ベディ
M:ロバート・ブラウン
Q:デスモンド・リュウェリン
マネーペニー:ロイス・マクスウェル
ヴィジャイ:ヴィジャイ・アムリトラジ
フレデリック・グレイ国防相:ジェフリー・キーン
アナトール・ゴゴール将軍:ウォルター・ゴテル

イギリス映画
配給 MGM/ユナイテッド・アーティスツ

1983年製作 131分
公開
北米:1983年6月10日
日本:1983年7月2日
製作費 $27,500,000
北米興行収入 $57,403,140
世界 $187,500,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
中南米の某国。
軍事基地の破壊工作の任務に就いていたイギリス諜報員ジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)は、捕らえられてしまう。

しかし、ボンドは現地の女性諜報員の協力で救出され、小型ジェット”Bede BD-5J”で敵から逃れる。
__________

ベルリン
イギリス諜報員009が、サーカス団の一員のミシュカとグリシュカ(デビッド/アンソニー・マイヤー)兄弟に襲われてナイフで刺され、イギリス大使館にたどり着くが息を引き取る。

009は、かつてのロシア皇帝献上品”ファベルジュ・エッグ”を持っていた。

ロンドンMI6本部。
ボンドは、M(ロバート・ブラウン)の秘書マネーペニー(ロイス・マクスウェル)と助手に顔を会わせる。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ベルリンイギリスの諜報員009が、サーカス団の一員ミシュカとグリシュカ兄弟に襲われ、イギリス大使館にたどり着くものの、かつてのロシア皇帝献上品”ファベルジュ・エッグ”を手にしたまま息を引き取る。
ロンドンのMI6本部に戻った諜報員ジェームズ・ボンドは、Mとグレイ国防相から”エッグ”を見せられるのだがそれは偽物で、本物は、その日のうちに”サザビーズ”の競売にかけられようとしていた。
ボンドは009の後任を命ぜられて”サザビーズ”に向かうが、”エッグ”を競り落としたのはロシア人ではなく、インド在住アフガニスタン亡命貴族カーンだった。
その頃モスクワでは、偽物の”エッグ”に関与していたオーロフ将軍が、本物を取り戻すことを考える。
ボンドは、”サザビーズ”で”エッグ”を本物と摩り替えてきたことをMに伝えて、カーンの行動を不審に思いインドに向かう・・・。
__________

シリーズの中では、派手さのない地味な内容と、ボンドカーが登場しない珍しい作品でもある。
かといって本来のスパイ劇を楽しめる訳でもなく、シリーズの中では、やや物足りなさの残る作品であり、興行収入も前作「ユア・アイズ・オンリー」(1981)を下回ってしまった。

製作費 $27,500,000
北米興行収入 $57,403,140
世界 $187,500,000

戦いにも参加するが、アマゾネスのような迫力もない、オクトパシーの女性集団もなんとなく滑稽に見える。

黄金銃を持つ男」(1974)以来、二度目の出演となるボンドガールがモード・アダムスというところなども、彼女自身は魅力的ではあるが新鮮味がない。

ロジャー・ムーアは、相変わらずお茶目なボンドを演じているという感じだが、少々老けてきたというようにも見える。
しかし、スタントをうまく使い体を張った演技であり奮闘しているのも確かだ。

個人的には、Q役のデスモンド・リュウェリンの出演場面が 多かったことが嬉しい。

また、前作「ユア・アイズ・オンリー」(1981)では、M役だったバーナード・リーが亡くなったために、彼に敬意を表してMが登場しなかったのだが、本作からは、ロバート・ブラウンが担当して、癖のない”温和”な雰囲気のMを演じている。

007の敵役にしては、やや威厳などに欠けるルイ・ジュールダン、方や迫力ある演技を見せる、あくどい将軍を演ずる実力派スティーブン・バーコフ、オクトパシー団No.2のクリスティナ・ウェイボーン、ナイフ使いの殺し屋役デビッド/アンソニー・マイヤー兄弟、マネーペニー役のロイス・マクスウェル、プロ・テニスプレイヤーである、現地協力者のヴィジャイ・アムリトラジ、カーン(ルイ・ジュールダン)の右腕カビール・ベディ、国防相のジェフリー・キーン、そして、お馴染みゴゴール将軍のウォルター・ゴテルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020