That's Movie Talk!     4100 Movies

007/ゴールデンアイ Goldeneye (1995)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

007シリーズ第17作。
電磁波兵器管理衛星システム”ゴールデンアイ”の攻撃を阻止しようとするMI6諜報員ジェームズ・ボンドの活躍を描く、監督マーティン・キャンベル、主演ピアース・ブロスナンイザベラ・スコルプコショーン・ビーンファムケ・ヤンセンジョー・ドン・ベイカーロビー・コルトレーンアラン・カミングジュディ・デンチ他共演のスパイ・アクション。


007
007 / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:マーティン・キャンベル
製作総指揮:トム・ペブスナー
製作
マイケル・G・ウィルソン

バーバラ・ブロッコリ
原作:イアン・フレミング
脚本
ジェフリー・ケイン

ブルース・フィアスティン
撮影:フィル・メヒュー
編集:テリー・ローリングス
音楽:エリック・セラ
モンティ・ノーマン:ジェームズ・ボンドのテーマ
主題歌:ティナ・ターナーGoldenEye

出演
ジェームズ・ボンド:ピアース・ブロスナン
ナターリア・シミョノヴァ:イザベラ・スコルプコ
アレック・トレヴェルヤン:ショーン・ビーン
ゼニア・ガラゼブナ・オナトップ:ファムケ・ヤンセン
ジャック・ウェイド:ジョー・ドン・ベイカー
ヴァレンティン・ズコフスキー:ロビー・コルトレーン
ボリス・グリシェンコ:アラン・カミング
アルカディー・グリゴリビッチ・ウルモフ:ゴットフリード・ジョン
デミトリ・ミシュキン国防大臣:チェッキー・カリョ
M:ジュディ・デンチ
Q:デスモンド・リュウェリン
マネーペニー:サマンサ・ボンド
イリーナ:ミニー・ドライバー

イギリス/アメリカ 映画
配給 MGM/ユナイテッド・アーティスツ

1995年製作 130分
公開
北米:1995年11月17日
日本:1995年12月19日
制作費 $58,000,000
北米興行収入 $106,429,940
世界 $352,194,030


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
米ソ冷戦下、ソ連アーカンゲル
イギリス諜報員007ジェームズ・ボンド(ピアース・ブロスナン)と、同僚の006アレック・トレヴェルヤン(ショーン・ビーン)は、神経ガス製造施設破壊のために巨大ダム内に侵入する。

二人はソ連側に見つかり、トレヴェルヤンはアルカディー・グリゴリビッチ・ウルモフ大佐(ゴットフリード・ジョン)に射殺されてしまうが、ボンドは施設爆破には成功し脱出する。

9年後、1995年。
モナコに着いたたボンドは、途中”アストンマーチン”(DB5)でカーチェイスを繰り広げた”フェラーリ”(F355)をカジノで見かける。

それを運転していたゼニア・オナトップ(ファムケ・ヤンセン)をバカラで負かしたボンドは、彼女に接近して探りを入れる。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
米ソ冷戦下、ソ連アーカンゲル
イギリス諜報員007ジェームズ・ボンドと、同僚の006トレヴェルヤンは、神経ガス製造施設破壊の任務を受ける。
しかし、二人はソ連側に見つかり、トレヴェルヤンはウルモフ大佐に射殺されてしまいボンドは施設爆破に成功して脱出する。
9年後、モナコに着いたたボンドは国際犯罪組織”ヤヌス”の一員オナトップの存在を知り、Mから彼女の監視許可を得る。
その後オナトップは、フランス軍の最新鋭攻撃ヘリコプター”タイガー”を奪い去ってしまう。
ロシア、宇宙兵器管理センターにウルモフ将軍とオナトップらが”タイガー”で到着し、
兵器管理プログラム”ゴールデンアイ”の抜き打ちシュミレーションを行おうとする。
オナトップは、研究員を皆殺しにして、ウルモフが攻撃目標をセンターに合わせてその場を立ち去る。
センターのプログラマー、シミョノヴァは命拾いをして、衛星からの攻撃を逃れる。
ロンドンのMI6本部に戻ったボンドは、攻撃を受けたロシアの宇宙兵器管理センターに”タイガー”が現れたことを確認する。
そしてボンドは、”ゴールデンアイ”のアクセスコードを知る、9年前にトレヴェルヤンを殺したウルモフと、彼と関係するオナトップを追うことをMに命ぜられ、ロシアに向かうのだが・・・。
__________

5代目ボンド、ピアース・ ブロスナン初主演作。

個人的には、色男過ぎて線が細く、優男の印象の強いピアース・ブロスナンが、ボンド役に適任かは疑問だった。

しかし、ロジャー・ムーア作品の後半からティモシー・ダルトンの2作、前作「消されたライセンス」(1989)で、シリーズの人気が一気に落ちてしまい、6年振りの復活ということもあり、一新したイメージを出そうとするスタッフの努力は窺える。

その結果、世界的に大ヒットした本作は、それまでのシリーズの約2倍の興収を記録し、シリーズ最大のヒットとなった。

北米興行収入 $106,429,940
世界 $352,194,030

ボンドカーとして、アストンマーチン(DB5)と初めてMWZ3ロードスター)が使われ、ユーロコプターの最新鋭機の登場も注目点だ。

ストーリーそのものより、当時一般にも普及しつつあったコンピューターや電話回線のインターネットなど、機械的仕掛けに重点が置かれたアクション大作で、純粋なスパイ劇とは一線を画する作品。

ティナ・ターナーの重量感ある歌声、迫力の主題歌”GoldenEye”をバックにしたオープニンも凝っているが、主題歌自体は意外にもそれほどヒットしなかった。

Mがジュディ・デンチとして初登場したのも話題になったが、これは実際の情報機関MI5の長官が女性だったことから決まった配役だ。

彼女は本作以後、世界的知名度と評価が高まり、斬新なアイデアとして女性のMの登場は大歓迎された。

美しいだけでなく、ボンドに渇を入れたりする逞しさも見せるプログラマーのイザベラ・スコルプコ、シリーズとしては珍しい同僚である敵役ショーン・ビーン、残忍な女殺し屋役ファムケ・ヤンセン、陽気なCIA情報員ジョー・ドン・ベイカー、裏切り者の天才プログラマー、アラン・カミング、国家を裏切るロシアの将軍ゴットフリード・ジョン、そして武器商人のロビー・コルトレーン、お馴染みのQデスモンド・リュウェリン、初登場マネーペニーのサマンサ・ボンドなどに加え、ほんのわずかだが実際に歌手でもあるミニー・ドライバーが音痴な歌手役で登場するのも注目で、彼女は2年後の「グッド・ウィル・ハンティング」(1997)で大役を掴むことになる。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up