4191 Movies

007/トゥモロー・ネバー・ダイ Tomorrow Never Dies (1997)

  •  
  •  
  • 101
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

007シリーズ第18作。
世界制覇を企むメディアの帝王の謀略を阻止しようとするMI6諜報員ジェームズ・ボンドの活躍を描く、監督ロジャー・スポティスウッド、主演ピアース・ブロスナンジョナサン・プライスミシェール・ヨーテリー・ハッチャージョー・ドン・ベイカージュディ・デンチ他共演のスパイ・アクション。


007
007 / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ロジャー・スポティスウッド
製作
マイケル・G・ウィルソン

バーバラ・ブロッコリ
原案:イアン・フレミング
脚本:ブルース・フィアスティン
撮影:ロバート・エルスウィット
編集
マイケル・アルカン

ドミニク・フォーティン
音楽:デイヴィッド・アーノルド
モンティ・ノーマン:ジェームズ・ボンドのテーマ
主題歌:シェリル・クロウTomorrow Never Dies

出演
ジェームズ・ボンド:ピアース・ブロスナン
エリオット・カーヴァー:ジョナサン・プライス
ウェイ・リン:ミシェール・ヨー
パリス・カーヴァー:テリー・ハッチャー
ヘンリー・グプタ:リッキー・ジェイ
スタンパー:ゴッツ・オット
ジャック・ウェイド:ジョー・ドン・ベイカー
カウフマン博士:ヴィンセント・スキャベリ
チャールズ・ロビンソン:コリン・サーモン
ローバック提督:ジョフリー・パーマー
M:ジュディ・デンチ
Q:デスモンド・リュウェリン
マネーペニー:サマンサ・ボンド

イギリス 映画
配給 MGM/ユナイテッド・アーティスツ

1997年製作 119分
公開
イギリス:1997年12月12日
北米:1997年12月19日
日本:1998年3月14日
製作費 $110,000,000
北米興行収入 $125,332,010
世界 $333,011,070


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
イギリス諜報部MI6は、 ロシア国境付近での武器マーケットの調査を始めていた。

そこに侵入したイギリス諜報員ジェームズ・ボンド(ピアース・ブロスナン)から送られてくる撮影映像を基に、イギリス軍はミサイル攻撃を行う。

しかし、現場に核爆弾が発見され、遠距離のため発射されたミサイルの自爆装置を解除できず、ボンドは、核爆弾を搭載した戦闘機を奪い脱出する。

現場にいたテロリスト、ヘンリー・グプタ(リッキー・ジェイ)も、その混乱の中、暗号機を奪って逃走してしまう。

やがて、南シナ海で、イギリス海軍フリゲート艦が何者かの攻撃を受ける。

フリゲート艦は沈没し、イギリス海軍は、それを中国軍の攻撃と報告するが、同時に中国軍ミグも撃墜されてしまう。

その影には、事件を自ら演出し、スクープとして話題をさらおうとする、メディア王のエリオット・カーヴァー(ジョナサン・プライス)がいた。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
イギリス諜報部MI6は、 ロシア国境付近での武器マーケットの調査を始めていたが、そこに侵入した諜報員ジェームズ・ボンドは、イギリス軍のミサイル攻撃と共に、現場にあった核爆弾を発見し、それを搭載した戦闘機を奪い脱出する。
その後、イギリス海軍フリゲート艦が、南シナ海で何者かの攻撃を受け、イギリス側はそれを中国軍の攻撃と報告するが、同時に中国軍ミグも撃墜されてしまう。
実はその影には、事件を自ら演出してスクープとして話題独占を考える、メディア王カーヴァーの存在があった。
不穏な空気が流れ始める中、イギリス海軍のローバック提督は、海域に艦隊を送り込もうとする。
それに反対するMI6のMは、カーヴァーの新聞”トゥモロー”が、”英中交戦”と報じてしまっているのを知る。
ボンドは、政府機関などよりも早くこの件を知ったカーヴァーを疑い、Mからの命令を受け、彼が主催する新通信衛星発表パーティーが開催される、ハンブルクに向かうのだが・・・。
__________

イアン・フレミングの原作ではない作品。
前作「ゴールデンアイ」(1995)のボンド交代が成功し、今回は製作費倍増の1億1000万ドルとなり、前作同様の大ヒットとなったアクション大作。

北米興行収入 $125,332,010
世界 $333,011,070

前年亡くなった007シリーズの生みの親である、アルバート・ R・ブロッコリに捧げられた作品でもある。

注目のボンドカーは、多機能敢然重装備BMW750iLを使用しているが、ボンドが手に入れた設定の愛車として、アストンマーチンDB5が登場するのが嬉しい。

世界遺産ハーロン湾など、シリーズ屈指の美しいアジアを描いた作品でもある。

前作「ゴールデンアイ」(1995)で初登場して好評だったピアース・ブロスナンが、2作目にして完全にボンド役が板についているという感じを受ける。
お馴染みの、クールで人を食ったような言動他、ハード・アクションも見事にこなしている。

メディアの帝王という設定だからと言えばそれまでだが、ジョナサン・プライスが、あまり悪役に見えないのが気になる。
闇黒街のボスのようなボンドの敵役も、このシリーズに合わないのも事実だ。

なんと言っても、出色のキャラクター、ミシェール・ヨーには注目だ。
冷静沈着な知的な美しさに加えて、半端でないアクション、最近のボンドガールの中では群を抜く存在感で、ハリウッドで活躍するNo.1アジア人女優の実力を見せ付けてくれる。

殺してくれと言わんばかりの、大胆な行動をとってしまうカーヴァー夫人テリー・ハッチャー、巨体を活かし、確かに強いが一歩間違えるとただの”でくの坊”に見えなくもないゴッツ・オット、前作に続く同じ役で登場するCIAジョー・ドン・ベイカー、呆気なくボンドに殺されてしまうのが残念な怪優のヴィンセント・スキャベリ、テクノ・テロリストのリッキー・ジェイ、ローバック提督ジョフリー・パーマー、そしてレギュラーのMジュディ・デンチ、Qデスモンド・リュウェリン、マネーペニーのサマンサ・ボンドももちろん登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020