That's Movie Talk!     4100 Movies

007/ワールド・イズ・ノット・イナフ The World Is Not Enough (1999)

  •  
  •  
  • 11
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

007シリーズ第19作。
石油パイプラインを狙うテロリストの謀略を阻止しようとするMI6諜報員ジェームズ・ボンドの活躍を描く、監督マイケル・アプテッド、主演ピアース・ブロスナンソフィー・マルソーデニス・リチャーズロバート・カーライルロビー・コルトレーンジュディ・デンチ他共演のスパイ・アクション。


007
007 / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:マイケル・アプテッド
製作
バーバラ・ブロッコリ

マイケル・G・ウィルソン
原案:イアン・フレミング
脚本
ニール・パーヴィス

ロバート・ウェイド
ブルース・フィアスティン
編集:ジム・クラーク
撮影:エイドリアン・ ビドル
音楽:デヴィッド・アーノルド
モンティ・ノーマン:ジェームズ・ボンドのテーマ
主題歌:ガービッジThe World is Not Enough

出演
ジェームズ・ボンド:ピアース・ブロスナン
エレクトラ・キング:ソフィー・マルソー
クリスマス・ジョーンズ:デニス・リチャーズ
ヴィクター・ゾーカス”レナード”:ロバート・カーライル
ヴァレンティン・ズコフスキー:ロビー・コルトレーン
M:ジュディ・デンチ
Q:デスモンド・リュウェリン
R:ジョン・クリーズ
マニーペニー:サマンサ・ボンド

アメリカ/イギリス 映画
配給 MGM

1999年製作 128分
公開
イギリス:1999年11月26日
北米:1999年11月19日
日本:2000年2月5日
製作費 $135,000,000
北米興行収入 $126,930,700
世界 $361,832,400


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
スペインビルバオ
M(ジュディ・デンチ)の学友、石油王キング卿に渡るはずの大金を、ジェームズ・ボンド(ピアース・ブロスナン)は奪い返す。

ボンドは、ロンドンMI6本部にその大金を持ち帰るが、現金には爆弾が仕掛けられていてキング卿は爆殺されてしまう。

犯人の殺し屋を追ったボンドだったが、テムズ川での激しい追跡の末、気球で逃げた犯人は爆死する。

キング卿の葬儀に参列したMは、親友の死を悼み、卑劣な犯人に対し、必ずや法の裁きを加えることを誓う。

犯人追跡で負傷したボンドは任務を外されるが、彼は女医を誘惑して、怪我が完治したことを証明させる。

引退間近のQ(デスモンド・リュウェリン)に代わる、特殊兵器開発担当の新任R(ジョン・クリーズ)を紹介されたボンドは、特殊装備の”BMW・Z8”などを見せられる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
イギリス諜報員ジェームズ・ボンドの奪い返した、上司M(の学友である、石油王キング卿に渡るはずの現金に仕掛けられた爆弾で彼は死亡する。
Mは親友の死を悼み、犯人に対して法の裁きを与えることを誓い、事件で負傷していたボンドは任務を外される。
回復したことを証明したボンドは、キング卿の娘エレクトラの誘拐事件を調べ、任務への復帰をMに直訴する。
取り戻した現金と、エレクトラ誘拐時の金額が同額だったことに気づいたボンドは、誘拐犯のテロリストが、再び動き出したことをMに指摘する。
黒幕は009に銃弾を頭に撃ち込まれ、その弾丸の影響で痛みなどを感じなくなった、不死身の強さを持つテロリスト”レナード”だった。
かつて、誘拐から自力で逃れたエレクトラが、再び狙われると考えたMは、ボンドに彼女の護衛を命ずるのだが・・・。
__________

イアン・フレミングの原作ではない作品。

MGMの75周年記念作品で、作品タイトルには、ボンド家の家訓の”The World Is Not Enough”(世界を手に入れただけでは不足)という、善悪共にシリーズのテーマを示しているような、意味深いものになっている。


また、ボンドが、自分を手玉に取り新たな石油王国を作ろうとする、悪の黒幕の女性を、ためらいもなく射殺するという、シリーズ中でも珍しいかなりショッキングなシーンもある。

前作「トゥモロー・ネバー・ダイ」(1997)で、やや落ち込んだ興行収入を挽回し、シリーズ最高の収益を上げた作品でもある。

製作費 $135,000,000
北米興行収入 $126,930,700
世界 $361,832,400

主演のピアース・ブロスナンは、怒りを爆発させる主人公ボンドを熱演し、いつもより、逞しさや信念を強調する役柄に挑戦している。

今回は雰囲気が違うなと思っていると、やはりラストは、お決まりのラブシーンもあり、ホッとしてしまうところがこのシリーズの魅力だ。

美しき悲劇のヒロインだと思いきや、黒幕だったというソフィー・マルソーの役柄は、ボンドガールと敵役をダブルで演ずるシリーズ屈指のキャラクターとなった。

異様な人物を演ずるロバート・カーライルの好演も、ソフィー・マルソーに食われてしまっているようでもある。

とても物理学者には見えない、まるでエアロビのインストラクターのようなデニス・リチャーズ、ロシアンマフィアで、最後に命を賭けてボンドを助けるロビー・コルトレーン、レギュラーの、今回は活躍が目立つM役のジュディ・デンチ、本作で引退するものの、撮影後に事故死してしまうQのデスモンド・リュウェリン、その後継者で、やや先が思いやられる感じのR、ジョン・クリーズ、マニーペニーのサマンサ・ボンドなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up