4191 Movies

007/ドクター・ノオ Dr. No (1962)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

007シリーズ、記念すべき第1作。
1958年に発表された、イアン・フレミング原作のシリーズ第6作”Dr. No”を基に製作された作品。
イギリス秘密情報部MI6)の諜報員”007”ジェームズ・ボンドの活躍を描く、製作ハリー・サルツマンアルバート・R・ブロッコリ、監督テレンス・ヤング、主演ショーン・コネリージョセフ・ワイズマンウルスラ・アンドレスバーナード・リー他共演のスパイ・アクションの秀作。


007
007 / Pinterest

ショーン・コネリー / Sean Connery 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:テレンス・ヤング

製作
ハリー・サルツマン
アルバート・R・ブロッコリ
原作:イアン・フレミングDr. No
脚色
リチャード・メイボーム
ジョアンナ・ハーウッド
バークレイ・マーサー
撮影:テッド・ムーア
編集:ピーター・ハント
美術:ケン・アダム
メインタイトル・デザイン:モーリス・ビンダー
音楽
モンティ・ノーマン
ジョン・ バリー(クレジットなし)

出演
ジェームズ・ボンド:ショーン・コネリー
ドクター・ジュリアス・ノオ:ジョセフ・ワイズマン
ハニー・ライダー:ウルスラ・アンドレス
フェリクス・ライター:ジャック・ロード
R・J・デント教授:アンソニー・ドーソン
M:バーナード・リー
ブースロイド少佐(Q):ピーター・バートン
マネーペニー:ロイス・マクスウェル
クォレル:ジョン・キッツミラー
ターロー:ゼナ・マーシャル
シルビア・トレンチ:ユーニス・ゲイソン

イギリス 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1962年製作 110分
公開
イギリス:1962年10月5日
北米:1963年5月8日
日本:1963年6月8日
製作費 $1,100,000
北米興行収入 $16,067,035
世界 $59,600,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ジャマイカイギリス秘密情報部MI6)支局長と秘書が何者かに暗殺される。

ロンドンMI6本部。
諜報員”007”ジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)は、本部長M(バーナード・リー)に呼び出される。

ジャマイカ支局長と秘書の行方不明が説明され、ボンドは、その調査のため現地へ派遣されることになる。

支局の任務は、アメリカ当局からの要請を受けて、ケープカナベラルから発射されるロケットの、軌道を妨害する電波発信地をつきとめることだった。

ボンドは、携帯している拳銃”ベレッタM1915”の、殺傷力が低いことをブースロイド少佐/Q(ピーター・バートン)から指摘される。

Mは、”00は殺しのライセンスの証”だということを強調し、”ワルサーPPK”の携帯を命ずる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ジャマイカイギリス秘密情報部MI6)支局長と秘書が何者かに暗殺される。
ロンドンの本部に諜報員”007”ジェームズ・ボンドが呼び出され、本部長Mに調査のため現地へ派遣される。
支局の任務は、アメリカ当局からの要請で、ケープカナベラルから発射されるロケットの、軌道を妨害する電波発信地を突き止めることだった。
ボンドは、ジャマイカキングストンに到着し、支局長が失踪する直前まで一緒だったという、地質学者デント教授に会う。
支局長が連日のように、漁師クォレルと沖へ魚釣りに出ていたことをボンドは知る。
その後、CIAのフェリクス・ライターと接触したボンドは、クォレルが協力者だと知り、”クラブ・キー”という島を所有する、ボーキサイトの採掘業者で、謎の中国人ドクター・ノオの存在に目を付ける。
そしてボンドは、支局長がクラブ・キーから持ち帰った岩を、デントに分析依頼していたことを知り、彼に探りを入れるのだが・・・。
__________

それまでも、もちろんあったスパイ劇に、派手さはまだ控え目ながら、アクションの要素を取り入れて、何と言っても、博学で女好きという、男臭い主人公ジェームズ・ボンドの魅力とキャラクターが大いに受けた。

日本初公開時の邦題は「007は殺しの番号」。

90~100万ドルの製作費ながら、同年の世界興行収入第1位となる6000万ドルを稼ぎ出した。

純粋なスパイ劇に加え、ボンドの人間性の描写やアクション、お色気などを盛り込み巧みに描く、監督テレンス・ヤングの、軽快な演出は見応え十分。

今回は、後に話題になる秘密兵器及びボンドカーも登場しないが、それらしき物ということで、殺しのライセンスを持つ諜報員ボンドが携帯させられる、サイレンサー付き”ワルサーPPK”(32口径)が上げられる。

クライマックスの、ミニチュア基地の作りががやや気になるが、当時の技術を考えれば致し方ないところだろう。

終盤、ドクター・ノオの海底施設にあった絵画、ゴヤの”ウェリントン公爵の肖像”を、ボンドが気にするシーンがあるが、これは、前年、実際にロンドンナショナルギャラリーから盗まれている。
犯人が、ドクター・ノオだったというジョークなども実に洒落ている。

オープニングは、”ジェームズ・ボンドのテーマ”が使われ、当初、音楽担当はモンティ・ノーマンだったが、ジョン・ バリーが編曲し、映画史上に残る名曲になった。

32歳とは思えない、貫禄と男臭さを感じさせる主演ショーン・コネリーの、イギリス紳士と言うより、浅黒い肌のややエキゾチックな雰囲気、まだスリムな長身(188cm)の彼の魅力は出色だ。

上映から1時間半しないと登場しない、謎の中国ジョセフ・ワイズマンの神秘的な悪役も、第一作目にして、シリーズ屈指の、異彩を放つ仇役となっている。

結局、彼の出演は正味10分弱で、その後半は放射能防御スーツを着ているので、実際に顔が見えている時間は、夕食にボンドとハニーを招いた約6分半のみとなっている。
わずか数分の出演で、これだけ印象に残る悪役を演じられるのには驚きだ。

初代ボンドガール、ウルスラ・アンドレスのビキニで登場するシーンなども、当時はかなり話題となり、健康的な美女を魅力的に演じている。

ダイヤルMを廻せ!」(1954)の殺人犯アンソニー・ドーソンは、後に、スペクターの、顔を見せないブロフェルド役で登場することにもなる。

ロシアより愛をこめて」(1963)
サンダーボール作戦」(1965)

その後テレビで活躍するジャック・ロードが、ボンドの協力者として、CIAのフェリクス・ライター役で登場する。

今後レギュラーとなるMのバーナード・リー 、マネーペニー役のロイス・マクスウェルももちろん登場し、今回のQは、武器のプロ、ピーター・バートンが演じ、次回作「ロシアより愛をこめて」(1963)より、デスモンド・ リュウェリンが演じシリーズで、重要な役割を演じることになる。
他、地元の漁師で協力者のジョン・キッツミラー、総督秘書ゼナ・マーシャル、ボンドの恋人ユーニス・ゲイソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020