4213 Movies

ダイヤルMを廻せ! Dial M For Murder (1954)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★ヒッチコック登場場面
5star

1952年に初演された、イギリスの作家フレデリック・ノットの探偵劇”Dial M for Murder”を基に製作された作品。
妻の浮気を知った男が企む遺産目当ての殺人計画を描く、製作、監督アルフレッド・ヒッチコック、主演レイ・ミランドグレイス・ケリーロバート・カミングスジョン・ウィリアムズアンソニー・ドーソン他共演によるサスペンスの傑作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:アルフレッド・ヒッチコック
脚本:フレデリック・ノット
撮影:ロバート・バークス
編集:ルーディ・ファー
音楽:ディミトリ・ティオムキン

出演
レイ・ミランド:トニー・ウェンディス
グレイス・ケリー:マーゴ・ウェンディス
ロバート・カミングス:マーク・ハリデイ
ジョン・ウィリアムズ:ハバード警部
アンソニー・ドーソン:レスゲイト大尉/チャールズ・アレキサンダー・スワン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1954年製作 105分
公開
北米:1954年5月29日
日本:1954年10月27日
製作費 $1,400,000


アカデミー賞
第27回アカデミー賞

・ノミネート
監督賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロンドン
高級アパートに住む、トニー・ウェンディス(レイ・ミランド)と妻マーゴ(グレイス・ケリー)は、見かけは普通の夫婦に見えたが、二人の関係は冷えきっていた。

マーゴは、アメリカ人推理作家マーク・ハリデイ(ロバート・カミングス)が、客船”クイーン・メリー”で到着したことを新聞記事で知る。

実は、マーゴとマークは関係を持っていたのだが、テニス・プレイヤーだったトニーが引退して、仕事を始めて優しくなったために、彼女は一応、夫婦生活を維持していた。

マークを迎えたマーゴは、そのような状況を彼に話して、燃やしていた彼からの手紙のうち、一通がバッグと共に盗まれたことを伝える。

そして、現金を要求するメモを受け取っていたマーゴは、それをマークに見せる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

★ヒッチコック登場場面
上映から約13分したところで、 レイ・ミランドアンソニー・ドーソンの、同窓会の写真の中でちゃっかり同席している。

*(簡略ストー リー)
ロンドン
高級アパートに住む、トニー・ウェンディスと妻マーゴの関係は冷えきっていた。
マーゴは、アメリカ人の推理作家マークと密会を重ね、それを知ったトニーは、遺産を当てにした妻の殺害を考える。
そしてトニーは、大学の先輩で、悪事に手を染めていたスワンを妻の殺害計画に誘い込む。
トニーに弱みを握られていたスワンはそれを承諾し、計画を実行する。
しかし、スワンはマーゴの抵抗に遭い、ハサミで刺し殺されてしまう。
それを知り、思惑が狂ったトニーは、マーゴを計画的殺人犯に仕立て上げ、彼女の財産を手に入れようとするのだが・・・。
__________

見ている者には犯人は分かっていながら、警察側がそれをどのようにして突き止めるかという、知的サスペンスの代表作。

第27回アカデミー賞では、監督賞にノミネートされた。

電話、鍵、ハサミなど、多くの小道具の使い方が抜群であり、巧みに仕上がった戯曲の映画化なので、あえて映画的に脚色し直していないところや、物語のほとんどがアパート内という、舞台劇の特色をそのまま生かした、ヒッチコックの演出は素晴らしい。

主人公が、計算しつくした殺人計画を、実行犯に延々と説明する様子を、天井から映すシーンなども斬新だ。

ヒッチコック作品、初出演のグレイス・ケリーの美しさと若さが際立っていたが、突然襲われ動揺する場面や、自分の主張が何一つ通らない絶望感の表現なども見事だ。

主演のレイ・ミランドは、妻殺害を企てるものの、予期せぬ事態が多発し、追い詰められていく男性を熱演している。

ドラマ後半を一人で仕切っていたような、凡庸だが実に堅実な警部役ジョン・ウィリアムズの名演は秀逸だ。

彼は、犯人のアンソニー・ドーソンと共に、舞台のオリジナルキャストでもある。

ヒロインの愛人である推理作家のロバート・カミングスの存在も物語りにアクセントを加える重要な役柄である。

西部劇やアクション映画で、ダイナミックな曲が多いディミトリ・ティオムキンの、優雅な主題曲も印象に残る。

また、もともとは3D映画として作られた作品で、なんとなく画面から物が飛び出してくるような構図になっている場面がある。
残念ながら日本では普通上映しかされなかった。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020