4237 Movies

ヒッチコック Hitchcock (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

サスペンスの巨匠アルフレッド・ヒッチコックの代表作、”サイコ”製作秘話を描く、アンソニー・ホプキンスヘレン・ミレンスカーレット・ヨハンソンジェシカ・ビール他共演のドラマ。


ドラマ

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest
スカーレット・ヨハンソン / Scarlett Johansson / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:サーシャ・ガヴァシ

製作
アイヴァン・ライトマン

トム・ポロック
ジョー・メジャック

アラン・バーネット
トム・セイヤー
製作総指揮
アリ・ベル
リチャード・ミドルトン
原作:スティーヴン・レベロAlfred Hitchcock and the Making of Psycho
脚本:ジョン・J・マクラフリン
撮影:ジェフ・クローネンウェス

編集:パメラ・マーティン
音楽:ダニー・エルフマン

出演
アルフレッド・ヒッチコックアンソニー・ホプキンス

アルマ・レヴィルヘレン・ミレン
ジャネット・リースカーレット・ヨハンソン
ヴェラ・マイルズジェシカ・ビール
アンソニー・パーキンスジェームズ・ダーシー
ルー・ワッサーマンマイケル・スタールバーグ
ジョセフ・ステファノラルフ・マッチオ
ペギー・ロバートソン:トニ・コレット
エド・ゲインマイケル・ウィンコット
ホイットフィールド・クックダニー・ヒューストン
バーニー・バラバンリチャード・ポートナウ
ジェフリー・シャーロック:カートウッド・スミス
ソール・バスウォレス・ランガム

アメリカ 映画
配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ

2012年製作 98分
公開
北米:2012年11月23日
日本:2013年4月5日
北米興行収入 $17,561,860
世界 $23,570,540


アカデミー賞 ■
第85回アカデミー賞

・ノミネート
メイクアップ賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1944年5月16日。
野火を鎮火させたエド・ゲインは、兄ヘンリーをスコップで撲殺する。

1959年7月8日、シカゴ
アルフレッド・ヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)と妻アルマ・レヴィル(ヘレン・ミレン)は、新作「北北西に進路を取れ」のプレミア会場を後にする際、記者から引退の時期ではないかと質問される。

記者の言葉や新聞記事を気にするヒッチコックは、新作の題材を探す。

アルマは、作家ホイットフィールド・クック(ダニー・ヒューストン)と食事をして、ある原稿の脚色を頼まれる。

パラマウント・ピクチャーズ”スタジオ。
ヒッチコックは、秘書のペギー・ロバートソン(トニ・コレット)に”ロバート・ブロック”の”サイコ”に興味があることを伝える。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

1990年に発表された、スティーヴン・レベロのノンフィクション”Alfred Hitchcock and the Making of Psycho”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
1959年。
北北西に進路を取れ」のプレミア会場で、映画監督アルフレッド・ヒッチコックは、引退についてを記者に聞かれる。
その言葉を気にしたヒッチコックは次回作の題材を探し、母親を墓から掘り起こした殺人者”エド・ゲイン”の事件をモデルにした”ロバート・ブロック”の小説”サイコ”に注目する。
アルマが、新作よりも作家クックの原稿の件を話題にすることを気にしながら、ヒッチコックは、”サイコ”の映画化を決める。
ところが、パラマウント社長バーニー・バラバンはそれに難色を示し、ヒッチコックは自己資金で製作することになる。
そしてヒッチコックは、主演にアンソニー・ホプキンスジャネット・リーヴェラ・マイルズなどを加え、内容が外部に漏れないよう、スタジオを封鎖して撮影を始めるのだが・・・。
__________

イギリスを代表する名優アンソニー・ホプキンスアルフレッド・ヒッチコックを演じ、その妻役アルマ・レヴィルを、同じく実力派のヘレン・ミレンが演じ、脇を固める豪華キャストの顔ぶれだけで興味津々と言える作品。

サイコ”撮影秘話、その衝撃の真実など、宣伝は大袈裟ではあるが、実はこれに関してはかなり知られている話であり、新鮮味もなく、裏切られたとまでは言わないものの、期待ほどの満足感は得られなかった。

デビュー作となるサーシャ・ガヴァシの演出も単調で、似ている似てないは問題でない、流石の演技を見せるアンソニー・ホプキンスヘレン・ミレンの出演がなければ、作品のセリフではないが”駄作”に終わった可能性がある。

第85回アカデミー賞では、メイクアップ賞にノミネートされた。

スカーレット・ヨハンソンジェシカ・ビールも、見栄えが良過ぎるという感じで実際のジャネット・リーヴェラ・マイルズのイメージでないのも気になるが、よく見ると元々アンソニー・パーキンスに似ているジェームズ・ダーシーが、彼の仕草など雰囲気を出してはいた。

北米では拡大公開もされず、これだけのキャストを配しながら興行収入は約2400万ドルに終わった。

同郷の巨匠に対し敬意を表している感じが窺える、ユーモアをまじえた演技でアルフレッド・ヒッチコックを演ずるアンソニー・ホプキンス、彼を上回る熱演を見せる妻役のアルマ・レヴィル役のヘレン・ミレンヒッチコックのエージェント、ルー・ワッサーマン役のマイケル・スタールバーグ、脚本家ジョセフ・ステファノラルフ・マッチオヒッチコックの秘書トニ・コレット、殺人者エド・ゲイン役のマイケル・ウィンコット、作家ホイットフィールド・クック役のダニー・ヒューストンパラマウント・ピクチャーズ社長バーニー・バラバンリチャード・ポートナウ、映倫のカートウッド・スミス、グラフィック・デザイナー、ソール・バス役のウォレス・ランガムなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020