4161 Movies

デイジー・ミラー Daisy Miller (1974)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1879年に発表された、ヘンリー・ジェイムズの小説”Daisy Miller”を基に製作された作品。
奔放で美しく魅力的な女性に翻弄される男性の思惑を描く、製作、監督ピーター・ボグダノヴィッチ、主演シビル・シェパードバリー・ブラウンクロリス・リーチマンミルドレッド・ナトウィックアイリーン・ブレナン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ピーター・ボグダノヴィッチ

製作:ピーター・ボグダノヴィッチ
原作:ヘンリー・ジェイムズDaisy Miller
脚本:フレデリック・ラファエル
撮影:アルベルト・スパニョーリ
編集:ヴァーナ・フィールズ
衣裳デザイン:ジョン・ファーニス
音楽:アンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノ

出演
デイジー・ミラー:シビル・シェパード
フレデリック・フォーサイス・ウィンターボーン:バリー・ブラウン
エルザ・ミラー:クロリス・リーチマン
コステロ夫人:ミルドレッド・ナトウィック
ウォーカー夫人:アイリーン・ブレナン
ジョヴァネリ:デュリオ・デル・プレト
ランドルフ・ミラー:ジェームズ・マクマーティ
チャールズ:ニコラス・ジョーンズ
ユージニオ:ジョージ・モーフォゲン

アメリカ 映画
配給パラマウント・ピクチャーズ
1974年製作 91分
公開
北米:1974年5月22日
日本:未公開
製作費 $2,200,000


アカデミー賞
第47回アカデミー賞

・ノミネート
衣裳デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
スイス
湖畔のホテルに宿泊していたアメリカ人の少年ランドルフ(ジェームズ・マクマーティ)は、新聞を読んでいた青年フレデリック・フォーサイス・ウィンターボーン(バリー・ブラウン)に話しかける。

フレデリックもアメリカ人だと知ったランドルフは、長くヨーロッパに住んでいる彼が伯母に会いに来たことを知る。

現れた美しい女性デイジー・ミラー(シビル・シェパード)に見とれてしまったフレデリックは、彼女がランドルフの姉だということを知る。

デイジーと話したフレデリックは、彼女がイタリアに向かうことを知り、自分は伯母をスパに連れて行くことを伝える。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
スイス
湖畔のホテルに滞在する若くて美しいアメリカ人女性のデイジー・ミラーに惹かれてしまったフレデリックは、彼女に話しかける。
同じアメリカ人のデイジーと観光をする約束をしたフレデリックだったが、伯母から、悪い噂ばかりの彼女との交際は避けるべきだと忠告される。
聞く耳を持たないフレデリックは、奔放なデイジーに魅了され、イタリアに向かう彼女との再会を約束する。
ローマでデイジーと再会したフレデリックは、その場でもウォーカー夫人から付き合うべきでないと忠告される。
それを聴き入れる気になれないフレデリックは、イタリア人紳士ジョヴァネリと親密な関係だと噂のデイジーを諦めきれず、翻弄されながらも彼女に近づくのだが・・・。
__________

ラスト・ショー」(1971)、「ペーパー・ムーン」(1973)など良質な作品で実力を評価されていたピーター・ボグダノヴィッチが製作を兼ねた注目作。

ラスト・ショー」(1971)に出演して同じような役柄を好演した シビル・シェパードと、同作でアカデミー助演賞を受賞したクロリス・リーチマンが再び共演している。

また、ジョン・フォードの研究家でも知られるピーター・ボグダノヴィッチが、彼に敬意を評したのか、“フォード一家”でもある名女優ミルドレッド・ナトウィックの出演もファンには嬉しい。

若くて美しく、男性を惹きつける魅力を持つ女性の奔放な生き方と、彼女に魅了されながら翻弄される青年の複雑な思いを描く作品。

ヨーロッパに滞在するアメリカ人達の社交を描いた作品であり、長く母国を離れていたためにアメリカ人らしさを忘れた結果、判断を見誤ったと考える彼の思いが語られるラストが印象的だ。

傍目には不品行としか思えないヒロインの行動を追いながらも、その姿は常に優美そして華麗であり、ピーター・ボグダノヴィッチの不純な雰囲気を漂わせないしっとりとした演出が見どころの作品でもある。

第47回アカデミー賞では、衣裳デザイン賞にノミネートされた。

コケティッシュな魅力で男性の心を掴む、美しさが際立つヒロインを演ずるシビル・シェパード、彼女に魅力を感じて翻弄される青年を演じ本作の4年後に自殺するバリー・ブラウン、娘の行動に干渉しないやや無責任なヒロインの母親クロリス・リーチマン、ヒロインを警戒し常に青年に忠告する伯母のミルドレッド・ナトウィック、ヒロインの行いを正そうとするものの聞き入れられずに苛立ち見限る富豪夫人を印象的に演ずるアイリーン・ブレナン、ヒロインと親密な関係になるイタリア人男性のデュリオ・デル・プレト、フレデリック(バリー・ブラウン)の友人ニコラス・ジョーンズ、ヒロインの弟役で後に歌手になるジェームズ・マクマーティ、ヒロインと関係を持っているという噂がある家族の従僕ジョージ・モーフォゲンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020