4501 Movies

テス Tess (1979)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1891年に発表された、トマス・ハーディの小説”ダーバヴィル家のテス”を基に製作された作品。
家族のために自分を犠牲にする貧しい農夫の娘の波乱の人生を描く、製作、監督ロマン・ポランスキー、主演ナスターシャ・キンスキーピーター・ファースリー・ローソンジョン・コリン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ロマン・ポランスキー

製作:クロード・ベリ
製作総指揮:ピエール・グルンステイン
原作:トマス・ハーディダーバヴィル家のテス
脚色
ジェラール・ブラッシュ

ロマン・ポランスキー
ジョン・ブラウンジョン
撮影
ジェフリー・アンスワース

ギスラン・クロケ
編集
アラステア・マッキンタイア
トム・プリーストリー

衣装デザイン:アンソニー・パウエル
美術
ジャック・ステファンズ
ピエール・ギュフロワ

音楽:フィリップ・サルド

出演
テス・ダービフィールド:ナスターシャ・キンスキー

エンジェル・クレア:ピーター・ファース
アレック・ダーヴァヴィル:リー・ローソン
ジョン・ダービフィールド:ジョン・コリン
クレア牧師:デヴィッド・マーカム
ダービフィールド夫人:ローズマリー・マーティン
マーロット村の代理司教:リチャード・ピアソン
マリアン:キャロリン・ピックルズ
イズ・ヒュート:スザンナ・ハミルトン
ダーヴァヴィル夫人:シルヴィア・コーリッジ
マーシー・チャント:アリエル・ドンバール
クレア夫人:パスカル・ド・ボワッソン
下宿の女主人:パッツィー・ローランズ

フランス/イギリス 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1979年製作 186分
公開
フランス:1979年10月31日
イギリス:1981年4月9日
北米:1980年12月12日
日本:1980年10月25日
製作費 $12,000,000
北米興行収入 $20,093,300


アカデミー賞
第53回アカデミー賞
・受賞
撮影・美術・衣裳デザイン賞
・ノミネート
作品・監督・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
19世紀、イングランドドーセット、マーロット村。
農夫のジョン・ダービフィールド(ジョン・コリン)は、歴史家の牧師トリンガムから声をかけられる。

トリンガムから、自分がウィリアム征服王に仕えた騎士”サー・ダーヴァヴィル”の末裔だと知らされたジョンは驚く。

夕暮れ時、野原でクラブ・ダンスを楽しんでいたジョンの娘テス(ナスターシャ・キンスキー)は、それ加わったある青年(ピーター・ファース)のことが気になる。

酔っている父ジョンが、馬車に乗り自分は高貴な身分だと言いながら通り過ぎる姿を見たテスは、疲れているのだろうと考える。

帰宅したテスは、母(ローズマリー・マーティン)から、自分達は良家の人間だったと言われたため、ジョンが騒いでいた訳を理解する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
19世紀、イングランドドーセット、マーロット村。
貧しい農夫のジョン・ダービフィールドは、歴史家の牧師から、自分が、ウィリアム征服王に仕えた騎士”サー・ダーヴァヴィル”の末裔だと知らされて驚く。
美しい娘のテスをダーヴァヴィル家に向かわせて親戚だと言わせることにしたジョンと妻は、気が進まないテスを指示に従わせる。
家主のダーヴァヴィル夫人には会えなかったテスは、息子のアレックに気に入られ、その後、屋敷内の養鶏場で働くことになる。
テスの体が目的だったアレックは、彼女を強引に犯して情婦にしてしまう。
屋敷から逃げ出したテスは実家に戻り、身籠っていたアレックの子を産むものの、息子は直ぐに病死してしまう。
その後、酪農場で働き始めたテスは、牧師の息子でありながら酪農を学ぶエンジェルと出会い、互いに惹かれ合うようになるのだが・・・。
_________

イギリスの作家トマス・ハーディの原作を基に、1970年代に入り「チャイナタウン」(1974)などでも高い評価を得ていたロマン・ポランスキーが製作を兼ねて監督した作品。

この時期ロマン・ポランスキーは、1977年に起きたジャック・ニコルソン邸での少女への淫行容疑で逮捕された事件で世間を騒がせ、フランスに移り市民権を得て本作の撮影に入った経緯がある。

アメリカ本土でそんな事件を起こしながら、ロマン・ポランスキーは、本作の主演者ナスターシャ・キンスキーが15歳の時から性的関係を持っていたというのも事実だ。

そんな彼のプライベートは別として、芸術性の高い甘美なドラマとして本作も高く評価された。

第53回アカデミー賞では、撮影、美術、衣裳デザイン賞を受賞し、作品、監督、作曲賞にノミネートされた。

若くて美しいものの、貧しい農夫の娘に生まれたために家族の犠牲になる、幸薄い波乱の人生を送る少女を演ずるナスターシャ・キンスキーが世界的な知名度を得た作品であり、ゴールデングローブ賞で新人賞を受賞した。

撮影当時17~18歳のナスターシャ・キンスキーの完璧で清楚な美に対し、その生き様や生活環境があまりにも哀れであり、健気に生きる少女を好演した彼女は、世界中のファンの心を捉えた。

ゆったりとした崇高な雰囲気が漂う物語の中で、ロマン・ポランスキーがこだわった映像の美しさも必見だ。

牧師の息子でありながら酪農を学び、その農場で主人公に出会い結婚するピーター・ファース、少女である主人公をたぶらかす貴族のリー・ローソン、主人公の父親ジョン・コリン、母親ローズマリー・マーティン、エンジェルの両親である牧師のデヴィッド・マーカムパスカル・ド・ボワッソン、ダーヴァヴィル夫人のシルヴィア・コーリッジ、マーロット村の代理司教リチャード・ピアソン、主人公の親友であり彼女を気遣う使用人仲間のキャロリン・ピックルズスザンナ・ハミルトン、エンジェルと親しかった教師のアリエル・ドンバール、下宿の女主人パッツィー・ローランズなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021