4214 Movies

ペーパー・ムーン Paper Moon (1973)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

詐欺師と父を知らずに育ったその娘、相容れない関係の二人の奇妙な旅と心の触れ合いを描く、製作、監督ピーター・ボグダノヴィッチ、主演ライアン・オニールテイタム・オニールマデリーン・カーン他共演のコメディ・ドラマの秀作。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:ピーター・ボグダノヴィッチ
製作:ピーター・ボグダノヴィッチ
原作:ジョー・デヴィッド・ブラウン
脚本:アルヴィン・サージェント
撮影:ラズロ・コヴァックス
編集:ヴァーナ・フィールズ

出演
モーゼ・プレイ:ライアン・オニール

アディ・ロギンズ:テイタム・オニール
トリクシー・デライト:マデリーン・カーン
ハーディン保安官補/ジェス・ハーディン:ジョン・ヒラーマン
フロイド:バートン・ギリアム
イモジン:P・J・ジョンソン
オリー:ジェシー・リー・フルトン
ロバートソン:ノーブル・ウィリンガム

リロイ:ランディ・クエイド

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1973年製作 102分
公開
北米:1973年5月9日
日本:1974年3月9日


アカデミー賞 ■
第46回アカデミー賞
・受賞
助演女優(テイタム・オニール)
・ノミネート
助演女優(マデリーン・カーン)
脚色・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
大恐慌の時代。
母親が亡くなり、身寄りのなくなった少女アディ・ロギンズ(テイタム・オニール)は、牧師と知人とで、母親の簡単な葬儀を済ませようとしていた。

かつてアディの母と関係のあった、モーゼ・プレイ(ライアン・オニール)が彼女の埋葬に顔を出し、彼女をミズーリにいる伯母の家に連れて行くことを、参列者に頼まれる。

それを断ったモーゼだったが、あごの形がアディに似ていたために、父親ではないかとも言われてしまう。

セントルイスに行く途中ということもあり、モーゼは仕方なくアディを連れ出発する。

その後、モーゼは事故を起こし、アディの母を死亡させたと言って彼女を出しに使い、相手運転手の親族ロバートソン(ノーブル・ウィリンガム)から200ドルをせしめる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

1971年に発表された、ジョー・デヴィッド・ブラウンの小説”Addie Pray”の映画化。

*(簡略ストー リー)
聖書セールスの詐欺師モーゼ・プレイは関係を持ったことのある女性が死亡したため、その娘アディを伯母の家に送り届けることになる。
アディを利用して、ある男から金を騙し取ったモーゼは、少女を早々に厄介払いしようとする。
しかし、確り者で強かなアディは、父親でなければ、奪った金を渡せとモーゼに食ってかかる。
それをきっかけに、二人の奇妙な旅が始まり、モーゼはアディに対し、次第に父親のような愛情を感じ始める・・・。
__________

「ラスト・ショー」(1971)で絶賛されたピーター・ボグダノヴィッチが、大恐慌の時代の疲弊しきった人々や、その隙間をすり抜けるように生き抜く、しがない詐欺師と少女の交流とを、ノスタルジックに描いたロード・ムービーの秀作。

第46回アカデミー賞では、ライアン・オニールの娘とはいえ、演技経験のない映画初出演のテイタム・オニールが、10歳4ヶ月の史上最年少で助演賞を受賞した。
この記録は現在まで破られていない。
・ノミネート
助演女優(マデリーン・カーン)
脚色、録音賞

その脚色賞候補になった、アルヴィン・サージェントの、丹念に練り上げられた脚本は秀逸で、勝気な少女に芽生える”父親”願望と詐欺師の男との親交が、涙で結ばれて深まるのかと思わせる・・・。
それが裏切られつつも、ほのかな幸せが伝わるラストなどは素晴らしい演出だ。

荒野の決闘」(1946)のラストを髣髴させる描写は、ジョン・フォード研究家でも知られるピーター・ボグダノヴィッチの、間違いなく、フォード、もしくはその作品に対するオマージュだ。

ジョン・フォードは、地平線を上下に位置させる構図で、ショットの芸術的な価値を高めようとすることが多いが、「荒野の決闘」も本作も、地平線はほぼ真ん中に位置していることからも、その意図が窺える。

有名な20ドル札のつり銭詐欺の場面は実に面白い。
既に軌道に乗ってきた詐欺行為の報酬にしては、20ドル弱の金銭と50セントの品物では・・と思うのだが、同じ場所で派手に行動しないプロの鉄則か、又は腕試しと考えると実に巧みな演出にも見える。

若手二枚目スターの代表格であり「ある愛の詩」(1970)の爆発的なヒットも記憶に新しい頃のライアン・オニールは、二流の詐欺師を熱演し、やや演技力に難ありと言われていた彼は、本作でゴールデングローブ賞にノミネートされた。

おしゃまで”強欲”な少女を演ずるテイタム・オニールは、そのセリフ回しなどが、とてもアマチュアには思えない。
さらに、タバコを吸う姿や無駄のない動きなど、大人の目を楽しませる好演を見せる。

出番は少ないがインパクトがある、見世物小屋のダンサー、マデリーン・カーン、その世話係P・J・ジョンソン、酒の密売人と、その弟の保安官補二役のジョン・ヒラーマン、ホテルのフロント係役のバートン・ギリアム、主人公に金を巻き上げられる男性ノーブル・ウィリンガム、そして、車を交換するために、主人公と決闘をする民家の長男で若き日のランディ・クエイドが端役出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020