4161 Movies

グレート・ワルツ The Great Waltz (1938)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

オーストリアの作曲家ヨハン・シュトラウス2世の半生を描く、監督ジュリアン・デュヴィヴィエ、主演ルイーゼ・ライナーフェルナン・グラヴェミリザ・コルジャス他共演のミュージカル・ドラマ。


ドラマ(ミュージカル)


スタッフ キャスト
監督

ジュリアン・デュヴィヴィエ
ヴィクター・フレミング(クレジットなし)
ジョセフ・フォン・スタンバーグ(クレジットなし)
製作:バーナード・H・ハイマン
原作:ゴットフリード・ラインハルト
脚本
サミュエル・ホッフェンスタイン
ウォルター・ライシュ
ヴィッキイ・バウム(クレジットなし)
撮影:ジョセフ・ルッテンバーグ
編集:トム・ヘルド
音楽
アルトゥール・ガットマン
ディミトリ・ティオムキン
ポール・マーカート

出演
ポルディ・ヴォーゲルフーバー:ルイーゼ・ライナー
ヨハン・シュトラウス2世フェルナン・グラヴェ
カーラ・ドナー:ミリザ・コルジャス
ジュリアス・ホフバウアー:ヒュー・ハーバート
ホーエンフリート伯爵:ライオネル・アトウィル
キンツェル:クルト・ボウワ
デュドルマン:レオニード・キンスキー
チェリスト:アル・シーン
ホフバウアー夫人:ミナ・ゴンベル
シュトラウス夫人:アルマ・クルーガー
ヴォーゲルフーバー:バート・ローチ
ヴォーゲルフーバー夫人:グレタ・マイヤー
フランツ・ヨーゼフ1世ヘンリー・ハル
ヴェルトハイマー:シグ・ルーマン
シラー:ジョージ・ヒューストン
ドーマイヤー:ハーマン・ビング
御者:クリスチャン・ラブ

アメリカ 映画
配給 MGM
1938年製作 104分
公開
北米:1938年11月4日
日本:1939年5月
製作費 $2,260,000


アカデミー賞
第11回アカデミー賞

・受賞
撮影賞(白黒)
・ノミネート
助演女優賞(ミリザ・コルジャス
編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
19世紀、オーストリア帝国ウィーン
作曲に没頭する銀行員のヨハン・シュトラウス2世フェルナン・グラヴェ)は、仕事中にワルツを作曲していたことが上司のヴェルトハイマー(シグ・ルーマン)に見つかり、解雇されてしまう。

パン屋の娘である恋人ポルディ・ヴォーゲルフーバー(ルイーゼ・ライナー)の店に向かったシュトラウスは、彼女の両親(バート・ローチ/グレタ・マイヤー)に歓迎される。

ポルディに銀行をクビになったことを話したシュトラウスは、彼女に励まされながらオーケストラを作る考えを伝える。

その場で働くキンツェル(クルト・ボウワ)を誘ったシュトラウスは、デュドルマン(レオニード・キンスキー)らに声をかける。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
19世紀、オーストリア帝国ウィーン
ワルツの作曲に没頭する銀行員のヨハン・シュトラウス2世は解雇されてしまい、恋人ポルディに自分のオーケストラを結成する考えを伝える。
それを実現させてポルディと結婚したシュトラウスは、人気オペラ歌手カーラに気に入られ、やがて彼女の虜になり愛し合うようになるのだが・・・。
__________

オーストリアの作曲家ヨハン・シュトラウス2世の半生を描くミュージカル・ドラマ。

本格的に音楽活動を始めたシュトラウスの数年間の出来事が描かれているのだが、その間に彼の殆どの代表曲が発表される内容になっている(このことは冒頭で明記されている)。

特に、主人公が”ウィーンの森”で曲が閃き、”ウィーンの森の物語”をイメージするシーンは有名だ。

事実とは違うシーンが多い物語なのだが、シュトラウスの人間性や素晴らしい作曲の数々を楽しめる内容と共に、彼が夫婦の関係や恋に苦悩する姿や、ユーモアをまじえたヒューマニズムも深く描く、ジュリアン・デュヴィヴィエの演出が見どころの作品。

尚、ヴィクター・フレミングジョセフ・フォン・スタンバーグも、クレジットなしで演出に加わっている。

第11回アカデミー賞では撮影賞(白黒)を受賞し、助演女優賞(ミリザ・コルジャス)、編集賞にノミネートされた。

巨星ジーグフェルド」(1936)と「大地」(1937)で2年連続でアカデミー主演賞を受賞したルイーゼ・ライナーは、夫ヨハン・シュトラウス2世の幸せを願いながら、一歩引き献身的に尽くす、辛い立場でもある妻を見事に演じている。

庶民派の才能豊かな作曲家として描かれているヨハン・シュトラウス2世を、人間味ある演技で好演するフェルナン・グラヴェ、彼と愛し合うオペラ歌手を存在感ある演技で演じ、その歌唱力も存分の披露してくれるミリザ・コルジャス、その愛人である伯爵のライオネル・アトウィルシュトラウスをサポートする音楽編集者のヒュー・ハーバート、その妻ミナ・ゴンベルシュトラウスの友人である楽団員クルト・ボウワレオニード・キンスキーアル・シーンシュトラウスの母親アルマ・クルーガー、ポルディ(ルイーゼ・ライナー)の両親バート・ローチグレタ・マイヤー、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世ヘンリー・ハルシュトラウスを解雇する銀行家シグ・ルーマン、帝国オペラ歌手のジョージ・ヒューストン、カジノのオーナー、ハーマン・ビングシュトラウスとカーラを”ウィーンの森”に案内する馬車の御者クリスチャン・ラブなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020