4264 Movies

巨星ジーグフェルド The Great Ziegfeld (1936)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

アメリカショー・ビジネス界の巨人フローレンツ・ジーグフェルドJr.の波乱の人生を描く、監督ロバート・Z・レナード、主演ウィリアム・パウエルマーナ・ロイルイーゼ・ライナーフランク・モーガンファニー・ブライス他共演のミュージカル・ドラマ。


ドラマ(ミュージカル)


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・Z・レナード
製作:ハント・ストロンバーグ
脚本:ウィリアム・アンソニー・マクガイア
撮影
オリヴァー・T・マーシュ

ジョージ・J・フォルシー
カール・フロイント
メリット・B・ガースタッド
レイ・ジューン
編集:ウィリアム・S・グレイ
美術・装置
セドリック・ギボンズ

エディ・イマズ
エドウィン・B・ウィリス
音楽
ウォルター・ドナルドソン

ハロルド・アンダーソン(作詞)
アーサー・ラング

出演
フローレンツ・ジーグフェルドJr.ウィリアム・パウエル

ビリー・バークマーナ・ロイ
アンナ・ヘルドルイーゼ・ライナー
ジャック・ビリングス:フランク・モーガン
本人:ファニー・ブライス
オードリー・デイン:ヴァージニア・ブルース
サンプストン:レジナルド・オーウェン
シドニー:アーネスト・コサート
バディ:レイ・ボルジャー
ユージン・サンドウナット・ペンドルトン
ピエール:チャールズ・ジューデルス
マリー:マルセル・コーディ
ジークフェルド:ジョセフ・コーソーン
ジーン・バック:ウィリアム・デマレスト

アメリカ 映画
配給 MGM
1936年製作 185分
公開
北米:1936年4月8日
日本:1936年11月
製作費 $2,183,000
北米興行収入 $4,673,000


アカデミー賞 ■
第9回アカデミー賞
・受賞
作品
主演女優(ルイーゼ・ライナー)
ダンス監督賞
・ノミネート
監督・原案・美術・編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1893年、シカゴ万国博覧会
興行師フローレンツ・ジーグフェルドJr.(ウィリアム・パウエル)は、ライバルのジャック・ビリングス(フランク・モーガン)と集客を争っていた。

世界一の怪力男ユージン・サンドウ(ナット・ペンドルトン)を紹介しようとするジーグフェルドだったが、ビリングスの”Little Egyptのダンス”に客を奪われてしまう。

客が集まらないことで落ち込むサンドウを、ジーグフェルドは励ます。

ジーグフェルドから、サンドウLittle Egyptを共演させて興行し、儲けを折半するという提案の電報を受け取ったビリングスは、浪費家の彼を相手にしない。

レストランでビリングスからの返事を受け取ったジーグフェルドは、その内容が、サンドウLittle Egyptを結婚させて生まれた子供を山分けしようということだった。

そこにビリングスが現れ、ジーグフェルドは興行打ち切りのことなどでからかわれてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1893年、シカゴ万国博覧会
高名な音楽家を父に持ちながら、見世物小屋の興行師をするフローレンツ・ジーグフェルドJr.は、怪力男サンドウの才能を生かせず集客に苦労する。
あることをきっかけにサンドウの人気に火が点き、一座を率い巡業を始めたジーグフェルドだったが、それにも失敗して破産してしまう。
ヨーロッパに向かったジーグフェルドは、ライバルの興行師ビリングスがフランス人女優のアンナ・ヘルドと契約することを知り、彼女に近づき契約してしまう。
アンナのショーを成功させるものの、浪費家でプレイボーイのジーグフェルドは再び窮地に陥る。
その後、何とか資金を調達したジーグフェルドは、美女をステージに登場させる豪華なレビュー”ジーグフェルド・フォリーズ”を考案して脚光を浴びるのだが・・・。
__________

”波乱の人生”とは”フローレンツ・ジーグフェルドJr.”の代名詞・・・そう言ってもいいような、平凡な人間ならば何回分もの人生を歩んだような、とてつもない人物を描いた作品。

誰もが認めるショー・ビジネスの基礎を築いた人物なのだが、物語のほとんどは、ジーグフェルドの詐欺師まがいの言動や、浪費家で女性にだらしない彼の影の部分を描く内容になっている。

ショー・ビジネスの世界では神格化しているジーグフェルドだが、激動の時代を生きた苦労人としての彼の人生を、人間味豊かに描くロバート・Z・レナードの演出手腕は光る。

前半のハイライトである、”ジーグフェルド・フォリーズ”初登場の絢爛豪華なレヴュー・シーンはなんと8分間にも及び、その後も挿入されるミュージカル・シーンも見事であり、約3時間の長編も全く飽きることなく観ることができる。

第9回アカデミー賞では、作品、主演女優(ルイーゼ・ライナー)、ダンス監督賞を受賞した。
・ノミネート
監督・原案・美術・編集賞

MGMの専属となり2年前に「影なき男」(1934)シリーズがスタートしたウィリアム・パウエルは、偉大な人物”フローレンツ・ジーグフェルドJr.”を演じ、スタジオをの期待を担う大スターとして貫録の演技を見せてくれる。

ジーグフェルドの二番目の妻ビリー・バークを演ずるため後半に登場するマーナ・ロイは、「影なき男」シリーズでウィリアム・パウエルと共演しているだけあり、彼とは息の合った演技を見せてくれる。

アンナ・ヘルドを演じてアカデミー主演賞を獲得したルイーゼ・ライナーは、ややオーバー・アクション的に見えるものの、それが当時風の演技だったとも言える。
(彼女は翌年「大地」(1937)でも同賞を受賞する)

ジーグフェルドのライバルではあるが晩年は良き友となる、人間味のある人物を彼らしく好演するフランク・モーガン、本人役で大歌手のファニー・ブライス、酒癖が悪い女優ヴァージニア・ブルースジーグフェルドの計理士レジナルド・オーウェン、使用人のアーネスト・コサート、本人役というものの、時代背景的にはそれは正しくない、本作がデビュー作であるヴォードヴィアン役のレイ・ボルジャー、怪力男ユージン・サンドウナット・ペンドルトンアンナ・ヘルドに歌を教えるチャールズ・ジューデルス、メイドのマルセル・コーディジーグフェルドの父親ジョセフ・コーソーンジーグフェルドの側近ウィリアム・デマレストなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020