4186 Movies

ブロードウェイ・メロディー The Broadway Melody (1929)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

世界初のトーキー・ミュージカルで、その黄金期を支えたMGMミュージカルの第一作目となる記念すべき作品。
ブロードウェイのスターを夢見る姉妹と二人を支える歌手の奮闘とロマンスを描く、監督ハリー・ボーモント、作曲ナシオ・ハーブ・ブラウン、作詞アーサー・フリード、主演チャールズ・キングベッシー・ラヴアニタ・ペイジ他共演のミュージカル・ドラマ。


ドラマ(ミュージカル)


スタッフ キャスト ■
監督:ハリー・ボーモント
製作:ハリー・ラプト
原作:エドマンド・グールディング
脚本:サラ・Y・メイソン
撮影:ジョン・アーノルド
編集:サム・S・ジンバリスト
音楽
ナシオ・ハーブ・ブラウン(作曲)
アーサー・フリード(作詞)

出演
エディ・カーンズ:チャールズ・キング
ハンク・マホーニー:ベッシー・ラヴ
クィーニー・マホーニー:アニタ・ペイジ
ジェド:ジェド・プローティ
ザンフィールド:エディ・ケイン
ジャック・ウォリナー:ケネス・トンプソン
フロー:メアリー・ドーラン
ピアニスト:ナシオ・ハーブ・ブラウン

アメリカ 映画
配給 MGM

1929年製作 100分
公開
北米:1929年2月1日
日本:1930年1月
製作費 $379,000
北米興行収入 $2,808,000
世界 $4,400,000


アカデミー賞 ■
第2回アカデミー賞
・受賞
作品賞
・ノミネート
監督
主演女優賞(ベッシー・ラヴ)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
作曲家でもある歌手エディ・カーンズ(チャールズ・キング)は、ブロードウェイの新作”ブロードウェイ・メロディー”をプロデューサーのザンフィールド(エディ・ケイン)に気に入られる。

ホテルの部屋に案内されたエディの恋人ハンク・マホーニー(ベッシー・ラヴ)と妹クイーニー(アニタ・ペイジ)は、窓から見える摩天楼を眺めながら成功を夢見る。

そこに現れた姉妹の叔父ジェド(ジェド・プローティ)は、二人との再会を喜ぶ。

二人に仕事を紹介しようとしたジェドは、ニューヨークの劇場やホテルで歌える歌手は少ないと言って二人に助言する。

しかし、ハンクがこの場で頑張ると言い張るため、納得したジェドは立ち去る。

クイーニーはジェドの仕事を断ったことで不安が募るが、ハンクはチャンスを掴むと言って彼女を励ます。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
作曲家でもある歌手エディ・カーンズは、新作”ブロードウェイ・メロディー”がプロデューサーのザンフィールドに気に入られる。
恋人のハンクと妹クイーニーを呼び寄せたハンクは、二人をザンフィールドに紹介する。
ザンフィールドはクイーニーだけは使えると判断し、それを知った彼女は姉ハンクを気遣う。
そんなクイーニーの成長した姿と美しさを再確認したエディは、彼女に惹かれてしまう。
エディの気持ちを知ったクイーニーは戸惑い、自分に好意を寄せる富豪でプレイボーイのジャックの誘いを受けてしまう。
ハンクとエディは、ジャックが相応しい男性でないと言ってクイーニーを説得するのだが聞き入れられない。
姉ハンクの幸せを願うクイーニーは、エディが自分に惹かれていることで悩む。
そしてクイーニーは、自分がジャックと付き合うことで、エディとハンクの関係を進展させようと考えるのだが・・・。
__________

映画史上初のトーキーによるミュージカルであり、MGMミュージカル第一作という歴史的な作品。

その後MGMミュージカルを支えることになる作詞はアーサー・フリード、ピアニスト役で登場する作曲ナシオ・ハーブ・ブラウンによる数々の古典的ミュージカル・ナンバーはファンにとって嬉しいばかりだ。

映像規制が厳しかったはずの当時を考えると驚いてしまうのは、主人公姉妹他、女性の肌の露出度が高いことだ。
それが本作のアピール・ポイントの一つでもあり、作品は大ヒットした。

しかし、完成度の低いレビューとちぐはぐな編集などは気になる。
公開時はそれで許されたのかもしれないと思いつつも、素人芸のようなものは許さない、プロの世界を好む国民性がまだ確立されていなかったのか・・・それとも当時はこれが最高のエンターテインメントだったのか疑問に思うところもある。

ともかく、本作の大成功により、MGMは、たたみかけるように続編的作品として”Broadway Melody of 1936/踊るブロードウェイ”(1935)、”Broadway Melody of 1938/踊る不夜城”(1937)、”Broadway Melody of 1940/踊るニュウ・ヨーク”(1940)を製作した。

作品自体の評価は高くはなかったが、第2回アカデミー賞では作品賞を受賞した。
・ノミネート
監督
主演女優賞(ベッシー・ラヴ)

ブロードウェイに恋人と妹を呼び寄せて、共に成功と幸せを掴もうとする作曲家兼歌手チャールズ・キング、彼に支えらながら逞しく生きる姉妹の姉ベッシー・ラヴ、妹アニタ・ペイジ、姉妹の叔父ジェド・プローティ、プロデューサーのエディ・ケイン、富豪のプレイボーイ、ケネス・トンプソン、姉妹といがみ合うコーラスのメアリー・ドーランなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020