4551 Movies

踊る不夜城 Broadway Melody of 1938 (1937)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

”Broadway Melody”シリーズの第3作。
ブロードウェイのプロデューサーと主演に抜擢されたダンサーとの恋を描く、監督ロイ・デル・ルース、主演ロバート・テイラーエレノア・パウエルジュディ・ガーランドバディ・イブセンソフィー・タッカージョージ・マーフィービニー・バーンズ他共演のミュージカル。 


ミュージカル

ジュディ・ガーランド / Judy Garland / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ロイ・デル・ルース

製作:ジャック・カミングス
原作
ジャック・マッゴーワン
シド・シルヴァース
脚本:ジャック・マッゴーワン
撮影:ウィリアム・H・ダニエルズ
編集:ブランチ・シューウェル
音楽
ナシオ・ハーブ・ブラウン(作曲)
アーサー・フリード(作詞)
ジョージ・ストール

出演
スティーヴ・ローリー:ロバート・テイラー
サリー・リー:エレノア・パウエル
ベティ・クレイトン:ジュディ・ガーランド
ピーター・トロット:バディ・イブセン
アリス・クレイトン:ソフィー・タッカー
ソニー・レッドフォード:ジョージ・マーフィー
キャロライン・ウィップル:ビニー・バーンズ
ハーマン・J・ウィップル:レイモンド・ウォルバーン
ダフィー:ロバート・ベンチリー
給仕を手伝う役者:ウィリー・ハワード
ジェームズ・K・ブレイクリー:チャーリー・グレープウィン
ジョージ・パパロパス:ビリー・ギルバート
ニッキ:イゴール・ゴーリン
くしゃみする男性:ロバート・ジョン・ワイルドハック

アメリカ 映画
配給 MGM
1937年製作 110分
公開
北米:1937年8月20日
日本:1938年1月
製作費 $1,588,000
北米興行収入 $4,118,000
世界 $6,204,300


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ジョッキーのピーター・トロット(バディ・イブセン)と調教師のソニー・レッドフォード(ジョージ・マーフィー)は、富豪のハーマン・J・ウィップル(レイモンド・ウォルバーン)と結婚したコーラス・ガールのキャロライン(ビニー・バーンズ)が、競馬に夢中になり愛馬スターの調教師を探していることを知る。

ピーターとソニーは、旅費を工面するために床屋のジョージ・パパロパス(ビリー・ギルバート)と甥のエッキ(イゴール・ゴーリン)に、競馬で800ドル稼げると言って20ドル賭けさせる。

ハーマンと過ごしていたキャロラインは、彼が支援するブロードウェイのプロデューサー、スティーヴ・ローリー(ロバート・テイラー)が訪ねて来たために挨拶する。

ショーに出資していることをキャロラインに反対されていたハーマンは、契約書を持ってきたスティーヴに、今回の話はなかったことにしてほしいと伝える。

スティーヴが気に入ったキャロラインは反対したことを否定し、ハーマンは契約書にサインする。

ハーマンとキャロルは競走馬スターが出走することをスティーヴに話し、彼を競馬場に誘う。

競馬場でスターに賭けてスッてしまったピーターとソニーは、20ドルは旅費に使ったために頭を抱える。

一方、800ドルを勝ち馬に儲けたと思っているジョージとニッキは、喜び興奮する。

負けたスターが脚を痛めていたことが分かり、キャロラインに雇われていたソニーは治療をする。

かつて父と共にスターを育てたサリー・リー(エレノア・パウエル)は、ソニーに治療方法について意見するものの、相手にしてもらえない。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
ブロードウェイのプロデューサーであるスティーヴ・ローリーは、出資者ハーマンの妻キャロラインに気に入られてショーの準備を始める。
キャロラインの競走馬スターを、かつて父と育て仕方なく手放したサリーは、得意のダンスでブロードウェイで仕事を見つけ、スターを買い戻すことを考える。
スターの調教師ソニーと友人ピートに出会ったサリーは、彼らと意気投合する。
サリーのダンスの才能に目をつけたスティーヴは、彼女に惹かれつつ、ショーの主演にしようとするのだが・・・。
__________

”Broadway Melody”シリーズの第3作。
ブロードウェイのプロデューサーと、主演に抜擢されたダンサーとの恋を描くミュージカル。

ロイ・デル・ルースが、”Broadway Melody of 1936/踊るブロードウェイ”(1935)に続き、ロバート・テイラーエレノア・パウエルと組んだ作品。

ショービジネスの世界に生きる男女の恋と、競走馬をめぐる騒動が並行て展開し、MGM映画らしい大掛かりなセットを使った見事なミュージカル・パフォーマンスと共に、大いに楽しめる内容に仕上がっている。

ブロードウェイのプロデューサーを演ずる主演のロバート・テイラーよりも、圧巻のパフォーマンスでスクリーンを支配するヒロイン役のエレノア・パウエルの方が重要な役柄として描かれている。
特に14分間に及ぶクライマックスのレビューと、ラスト5分間の彼女の見事なタップは、映画史に残るシーンと言っても過言ではない。

また、スターを目指す少女役を演ずるデビュー2作目のジュディ・ガーランドが、MGM作品初出演ということもあり、期待され特別扱いされているため、非常に印象に残る役柄で登場しているのも注目だ。

190cmを超える長身であるにも拘らず競走馬のジョッキーとして活躍し、ダンスも披露してくれるバディ・イブセン、その友人である調教師で、ヒロインに惹かれながら協力し彼女とのパフォーマンスも見せてくれるジョージ・マーフィー、かつて舞台経験もある、役者専用の下宿を経営するソフィー・タッカー、主人公に惹かれヒロインの成功を妨害しようとする富豪夫人ビニー・バーンズ、その夫である富豪で、主人公のショーの出資者レイモンド・ウォルバーン、ショーの広報担当ロバート・ベンチリー、下宿で給仕を手伝う役者のウィリー・ハワード、富豪の競走馬の責任者チャーリー・グレープウィン、床屋のビリー・ギルバート、その甥イゴール・ゴーリン、くしゃみを研究する役者ロバート・ジョン・ワイルドハックなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021