4846 Movies

踊るブロードウェイ Broadway Melody of 1936 (1935)

”Broadway Melody”シリーズの第2作。
ブロードウェイの特ダネを狙うコラムニストやダンサー志望の女性とプロデューサーらが巻き起こす騒動を描く、監督ロイ・デル・ルース、主演ジャック・ベニーエレノア・パウエルロバート・テイラーウナ・マーケルシド・シルヴァースバディ・イブセンジューン・ナイト他共演のミュージカル。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ミュージカル


スタッフ キャスト
監督:ロイ・デル・ルース

製作:ジョン・W・コンシダインJr.
原作:モス・ハート
脚本
ジャック・マッゴーワン
シド・シルヴァース
撮影:チャールズ・ロッシャー
編集:ブランチ・シューエル
音楽
ナシオ・ハーブ・ブラウン
アーサー・フリード
アルフレッド・ニューマン

出演
バート・キーラー:ジャック・ベニー
アイリーン・フォスター:エレノア・パウエル
ロバート”ボブ”ゴードン:ロバート・テイラー
キティ・コルベット:ウナ・マーケル
スヌープ・ブルー:シド・シルヴァース
テッド・バーク:バディ・イブセン
リリアン・ブレント:ジューン・ナイト
サリー・バーク:ヴィルマ・イブセン
バジル・ニューカム:ニック・ロングJr.
いびきの専門家:ロバート・ジョン・ワイルドハック
スカリー:ポール・ハーヴェイ
本人:フランセス・ラングフォード
本人:ハリー・ストックウェル

アメリカ 映画
配給 MGM
1935年製作 101分
公開
北米:1935年8月25日
日本:1936年2月
製作費 $1,062,000
北米興行収入 $1,655,000
世界 $2,871,000


アカデミー賞
第8回アカデミー賞

・受賞
ダンス監督賞
・ノミネート
作品・原案賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
新聞社のコラムニスト、バート・キーラー(ジャック・ベニー)は、ラジオ放送で流したブロードウェイの裏情報を、上司のスカリー(ポール・ハーヴェイ)に批判される。

街中から嫌われてもいいネタを掴めと言われたバートは、助手のスヌープ・ブルー(シド・シルヴァース)と共にスキャンダルを探す。

スヌープは、窓から見える隣りのビルのパーティー会場が気になる。

新作”ブロードウェイ・リズム”を控える若手のプロデューサー、ロバート”ボブ”ゴードン(ロバート・テイラー)が、富豪の未亡人リリアン・ブレント(ジューン・ナイト)と話していることに気づいたスヌープは、それをバートに伝える。

出資をすることを決めたリリアンは、自分たちの関係も維持することをボブに約束させる。

スヌープと共にその様子を見ていたバートは、2人のことを記事にしようとする。

ボブのオフィスを訪ねた高校時代の友人アイリーン・フォスター(エレノア・パウエル)は、受付兼秘書のキティ・コルベット(ウナ・マーケル)に、オールバニー出身だということと彼との関係を話す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:”Broadway Melody”シリーズ
・「ブロードウェイ・メロディー」(1929)
・「踊るブロードウェイ」(1935)
・「踊る不夜城」(1937)
・「踊るニュウ・ヨーク」(1940)

*(簡略ストーリー)
ニューヨーク
新聞社のコラムニスト、バート・キーラーは、ブロードウェイで特ダネを狙っていた。
バートは、若手のプロデューサーであるボブが、富豪の未亡人リリアンと関係していることを記事にして2人の反感を買う。
そんな時、ボブの高時代の友人でダンサー志望のアイリーンが、彼を訪ねて再会し大スターを目指そうとするのだが・・・。
__________

”Broadway Melody”シリーズの第2作であり、シリーズの中で最高傑作と言われている作品。
*全4作に物語のつながりはない。

ブロードウェイの特ダネを狙うコラムニストや、ダンサー志望の女性とプロデューサーらが巻き起こす騒動を描くミュージカルの秀作。

第8回アカデミー賞ではダンス監督賞を受賞し、作品、原案賞にノミネートされた。

作曲ナシオ・ハーブ・ブラウン、作詞アーサー・フリードによるお馴染みの名曲の数々、一流のダンサーや歌手による最高のパフォーマンス、絢爛豪華なセット、ユーモアを交えたロイ・デル・ルースの軽快な演出など、MGMミュージカルの醍醐味を味わえる愛すべき作品だ。

特に、ファーストクレジットではないが、エレノア・パウエルにとっての初の大役であり、見事なタップはもちろんのこと、バレエも取り入れたダンスも披露してくれる彼女のパフォーマンスは素晴らしい。
彼女の歌声は、他の作品でも担当しているマージョリー・レーン

MGMミュージカルの代表作でもあるが、コメディとしての出来の良さも注目で、プロデューサー役のロバート・テイラーが、コラムニストの記事に憤慨して新聞社に押し入る際の、その勢いと怒りが伝わる用紙が舞うシーンなどの演出は見事だ。

ブロードウェイで特ダネを狙う強かなコラムニストを熱演する、アメリカを代表するコメディアン、ジャック・ベニー、大スターになる夢を実現しようとするエレノア・パウエル、彼女の高校時代のボーイフレンドであるプロデューサーのロバート・テイラー、その秘書を魅力的に演ずるウナ・マーケル、彼女に惹かれるコラムニストの助手を愉快に演ずる、脚本も担当するシド・シルヴァース、本作がデビュー作となるダンサーのバディ・イブセン、その妹役で実妹でもあるヴィルマ・イブセン、プロデューサーに出資する富豪の未亡人ジューン・ナイト、プロデューサーの助手ニック・ロングJr.、次回作「踊る不夜城」(1937)ではクシャミをする男性役で登場する、いびきの専門家ロバート・ジョン・ワイルドハック、コラムニストの上司ポール・ハーヴェイ、本人役でフランセス・ラングフォードハリー・ストックウェルガイ・ストックウェルディーン・ストックウェルの父親)などが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022